FC2ブログ
2018_12
08
(Sat)01:08

民衆の敵 日本経済新聞・劇評

ジョナサン・マンビィさん×堤真一さん
「民衆の敵」


日本経済新聞の夕刊にも
劇評が掲載されています。

20181208-1.jpg

こちらは演出について多く書かれています。
みよごんが「るつぼ」ぽいなぁって感じたところです。
マンビィさんの特徴なんですね。

堤さんについては、こちらも高評価 (*^-^*)
亜蘭さん演じる奥さまは、
トマスよりずっと分別がある人なんですが、、
ある時から、
夫を支える妻に徹するんです。

トマスも変わり、
妻も変わって行く。

この物語の本題ではないんだろうけれど、
夫婦って、家族って、愛情って何だろう、
と考えるみよごんでした。


スポンサーサイト
2018_12
07
(Fri)22:42

民衆の敵 朝日新聞・劇評

ジョナサン・マンビィさん×堤真一さん
「民衆の敵」

昨日の朝日新聞の夕刊に劇評が載りました。

20181207-1.jpg

堤真一が硬軟織り交ぜ、疾走して主演する・・・
がっつり主演している感じが良いですね(*^-^*)

そしてやっぱり、
船長さんを演じる木場さんが良いんです。

で、
お芝居の端々で、
な~んか胸糞悪いなぁと感じていたんですが、
これがアイロニーというものなのでしょうか。

イプセンの笑いは
ブラックなんですね。

みよごん、ユーモアが分からないのか、
笑えなかったです(苦笑)あっ、これも笑いなのかな?



2018_12
07
(Fri)22:02

凄み

12月19日(水)夜10時から11時10分に
NHK総合で放送される、
「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」


これから毎日
メインキャストが「手裏剣チャレンジ」
をなさるそうです。

動画はLINE、Twitter、番組サイトなどで見ることができます。
今日は主役の内村さんがたっぷり笑わせてくれました (*^-^*)
明日は中川さん、堤さんはいつぐらいかなぁ~?

と思いながらキャストのお顔を拝見していると、
20181207-2.jpg

堤さんのお顔が…
恐ろしいほどの凄み!!!

どんなタイミングでこのお顔になったのか!

2018_12
07
(Fri)00:55

殺陣の堤!

12月19日(水)夜10時から11時10分に
NHK総合で放送される、
「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」

20181102-15.jpg


昨日、試写会と会見が行われたそうですね。

内村光良さん、ムロツヨシさん、中川大志さん、
伊藤健太郎さん、塚地武雅さん、
シソンヌ(長谷川忍さん、じろうさん)、
田中直樹さんがご出席です。
堤さんは公演中なのでご欠席。

70分のドラマを撮るのに、
1か月以上かけたそうです。
さすがNHKさん!!

偶々見ていた「足ガール」でファンになった
「若君さま」こと伊藤健太郎くんと
堤さんの
迫力の殺陣シーンがあるということで、
とっても楽しみ(*^-^*)
本番までお二人の手合わせはなかったというから、
それは緊張感のある、
鬼気迫るシーンになったのではないかと期待しています。

堤さんは
雨で撮影が流れた日に
アクションチームのみなさんを連れて
お稽古をなさったとか。
やっぱり、キチっとお仕事なさるんですね(*^-^*)
ムロさんも絶賛です。

詳しくは
伊藤健太郎、長髪の“美しき最強忍者”に 堤真一とのアクションシーンは「できないと思いました」<LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門>
ムロツヨシ:堤真一のかっこよさ「まざまざと」 自分は古田新太から2時間説教
内村光良も絶賛!堤真一と“ド迫力”殺陣シーンに挑んだ伊藤健太郎『正直できないと思いました』
をどうぞ。
2018_12
05
(Wed)10:15

「2人の主人に仕えた男(仮題)」

SISのサイトから
堤真一さんの新しい舞台のお知らせです

18世紀、イタリア喜劇の代表作、
「2人の主人に仕えた男(仮題)」
Il servitore dI due padroni
2019年7月 新国立劇場中劇場

原作:カルロ・ゴルドーニ
上演台本・演出:福田雄一
出演:ムロツヨシさん 堤真一さん
    吉田羊さん 賀来賢人さん 若月佑美さん

一般発売開始は2019年5月中旬頃の予定のだそうです。


カルロ・ゴルドーニといえば
三谷幸喜さんが演出した
大竹しのぶさん主演の
「抜け目のない未亡人」もそうでしたね。
すごく面白かった(≧∇≦)
「2人の主人に仕えた男」は
邦題では「アルレッキーノ」とされることも多く、
あちらこちらで上演されているようですね。
ミラノ・ピッコロ座では看板演目で、
「アルレッキーノ・二人の主人を一度にもつと」
として上演されているようです。

今作は、
ムロさんが主役ですね。
二重にお給料をせしめようと、
二人の主人につくのだけれど、
それをばれないようにするドタバタ喜劇、というところでしょうか。
ウィキなんかでみてみると、
二人の主人が堤さんと吉田さんで、
それは実はただならぬ仲で・・・
賀来さんと若月さんは若い恋人?
イタリア語なんでグーグル翻訳で読んでも
さっぱり見当がつかないんですが、
福田さんがどんな脚本でどんな演出をしてくるのか、
楽しみです。
2018_12
01
(Sat)22:06

民衆の敵 予習・復習

堤真一さん×ジョナサン・マンビィさん
「民衆の敵」

20180915-2.jpg

はや、3日目ですね。


初日に公開された舞台写真が
ディップス・プラネットさんなどで公開されています。

そうなんです!
トマスさん、
御髪も短めで、とってもカッコ良いです。
堤さんがコメントの中でトマスの異常な情熱のことを
「青い」と仰っていますが、
そういうキャラクターの表現も含めてか、
若々しい雰囲気です。


そして、
12月7日発売「悲劇喜劇」1月号には
今回の「民衆の敵」の戯曲が掲載されるそうです。




ラストのトマスの義父の図ったことが分かりにくかったので、
戯曲を読んで復習しようと思います (*^-^*)
2018_12
01
(Sat)21:30

キリン一番搾り 買い出し篇

堤真一さんがCMキャラクターを務める
キリン一番搾り


「買い出し篇」が公開です。



あぁ、もう一年が終わるんですね…

「日本夏篇」では女性が働いていて、
男性が食べていたのが評判が悪かったせいか、
冬は堤さんが働いています。
一番搾りを箱買いして、
美味しそうな牛肉と
毛ガニを2杯お買い物。
お鍋は、
もちろん女性も一緒に囲みます。

堤さんのお歌も味があっていいですよね。
「2杯行っちゃう?」のお顔もかわいいし、
缶やグラスを持つときの小指も好きです。
マイクを持つときも同じ小指になりますよね(*^-^*)
2018_11
30
(Fri)01:00

民衆の敵 初日観劇

ジョナサン・マンビィさん×堤真一さん
「民衆の敵」
観てきました!!

20181129-1.jpg

休憩なしの2時間15分。
ストーリーの展開が早くって、
登場人物の立場や言う事が
どんどん変わるスリリングなお話。

プログラムは1600円。
ちょっとお高めです。

俳優さんの演技合戦という感じで、
見応え充分。
堤さんの見せ場もたくさんあって、
これからこなれて行くとどうなるのか、
とても楽しみです。


堤さん演じる医師・トマスは、
フライヤーのイメージとは全然違う人でした。
みよごんの解釈が正しいかどうかわからないけれど、
「アホじゃないかな?」
という部分も多くて、
正しいけれど、ちょっとずれてるというか、
ああいう旦那さんを持った奥さんは大変だなぁと・・・
でも、孤軍奮闘している姿を見ると、
やっぱり支えたくなっちゃうだろうなぁと。
ビジュアルがステキっていう事も往々にありますが(^^ゞ


お芝居を見ながら、
色々なことを考えさせられました。
高校の時に習った
「一般意思」と「全体意思」を思い出しました。

木場勝己さん演じる
ホルステル船長さんがカッコ良かった。

演出は
ライティングやアンサンブルなど、
「るつぼ」を思い出させるものも。

初日のカーテンコールは3回。
3回目は立ち上がって拍手を送る方もたくさんいました。


20181129-3.jpg20181129-2.jpg

街はもうクリスマスです(*^-^*)
2018_11
22
(Thu)21:44

LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門 最新ビジュアル公開

12月19日(水)夜10時から11時10分 NHK総合
「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」


最新ビジュアルが公開されました

20181122-1.jpg
番組のツイッターからお借りしました m(__)m


堤さんが演じるのは、
おこと(永野芽衣さん)のお父さんの
久兵衛さん。
縞の着流しが粋ですね (≧∇≦)



せっかくなので、
あさイチで紹介されたお姿も貼っておきます (*^-^*)

20181102-19.jpg

20181102-16.jpg

20181102-15.jpg

20181102-14.jpg

長い髪を振り乱しての殺陣!!
楽しみです (*^-^*)

2018_11
20
(Tue)20:12

泣くな赤鬼 完成

堤真一さん主演
「泣くな赤鬼」

兼重監督がTwitterで完成のお知らせです 





早く観たいなぁ~~

公開は6月の予定でしたよね。
映画のサイトや試写会、キャンペーン・・・
楽しみです (*^-^*)



2018_11
19
(Mon)23:55

民衆の敵 朝日新聞

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
あぁ、冬ですね・・・
そして「民衆の敵」の初日まで
あと10日!

11月15日の朝日新聞には
堤真一さんのインタビューが掲載されました。

20181118-1.jpg


堤さんは
このトマスをどう表現するんでしょう?
『今まで自分がやってきたものでは対処しきれない』って
すっごく期待しちゃいますね(≧∇≦)


今までも、
堤さんの舞台のお知らせがあるたび、
いろいろ情報を集めて、
期待に胸を膨らませて初日を待っていましたが、
「民衆の敵」への期待は、
群を抜いています。

まず「社会派」な内容なこと。
ず~~っと社会派の堤さんに飢えていましたから…(^^ゞ
次に、
作品の見せ場が、
トマスの演説シーンだということ。
ガッツリ主役を演じるっていう感じ(≧∇≦)
そして、
今までになく、
作品の宣伝に熱があるように感じること。
いろんな事考えちゃうんだけど、
単純に期待しています(^^♪

もちろん、
「るつぼ」でも素晴らしかった
マンビィさんの演出が楽しみです。




♪ は~やく来い来い、29日 ♪







ここからは雑記ですが、

堤さんがゲストで出演なさるという
「今日から俺は」
気が付くと家族そろってリアタイしています。
夫と息子は、あのおふたりのアドリブで笑っていますが、
私は微妙…
健太郎くんと環奈ちゃんのバカップルぶりが好きです。
さて
堤さんはどんな役なんでしょう?
衣裳が普通だったということで、
サラリーマンの左江内さん?
それとも意表を突く役なのか?
そんな期待もあって、
また次回もリアタイしちゃうんだろうな(苦笑)


それから、
ちょっと前に出たYahoo!の堤さんの記事。
小学生の時に、足が学校で一番早かったなんて、
すごいスターだったんですね。
堤さんは注目されるべくして生まれてきた人なんだな、って思ったら、
いろいろと考えちゃって・・・
何度も何度も読み返しました。
久し振りに「堤真一・考」のカテゴリーで書きたくなりました。
あぁ、でも、
こんなふうに見ず知らずのみよごんなんかに勝手なこと書かれることこそが、
堤さんご自身はとっても不愉快なのかな(苦笑)




2018_11
15
(Thu)00:54

民衆の敵 ステージナタリー

ステージナタリーに
「民衆の敵」
堤真一さんとジョナサン・マンビィさん
対談が載っています。

20181115-1.jpg

衣裳、揃えたんですね(*^-^*)
マンビィさんは「あさイチ」での紹介写真と同じ御召物。
ということは、
同じ日の取材だったのかな?
マンビィさん、眼鏡とると雰囲気変わりますね。


さて、対談を読むと、
気になっていたワークショップのことが書いてありました。
「るつぼ」の時は
堤さんが妻役の松雪さんと愛人役の黒木さんに
お互いのわからないところで、
愛情の度合いが違ったキスをする、というものでした。
想像しただけでいろんな感情が湧いてきてしまいますよね(≧∇≦)
今回は、
全員で歩き回って目が合ったら握手をする、
というものだったそうです。
これはこれで、ドキドキしますよね。
知った仲の人同士の場合も、
ほとんど初対面の場合も、
年齢差もあるだろうし・・・
堤さんが仰るには、
「必ずみんなお辞儀してしまう」そうです。
あぁ、わかります。
握手よりまずお辞儀、って思っちゃいます。
「やあ!」というより「どうも」ですよね。
握手って、日本人の文化にはないから。
でも、手を握り合うことで
伝わること、感じることもたくさんありますよね。
俳優の皆さんがどんなことを感じられたのか、
興味が湧きます。

堤さんがトマスについて語っていらっしゃいますが、
トマスという人が目の前に浮かぶような感じがしてきました。
あぁ、こういう人っていそうだなって。
違うインタビューで
トマスが1幕と2幕で人が変わるって仰っていたことも、
よくわかりました。

そして、お二人とも、
最後のセリフがすごく良いと仰っているんですが、
これって、このお芝居に対するすごい自信ですよね。
絶対感動する!泣けてしまう!という・・・

このセリフ、すでにフライヤーにもあるし
みよごんも
「かっこいい!!」
「早く堤さんのセリフで聴きたい!!!」
と思ったけれど、逆に、
「え?ほんと?ほんとにほんと?」と
期待と、得も言われぬ複雑な気持ちがしました (汗)


最後になりましたがステージナタリーの対談はこちらです。



コクーンも明日リニューアルオープン!
初日が待ちきれません (≧∇≦)



2018_11
09
(Fri)23:26

リビング web

リビングWebに
堤真一さんのインタビュー
掲載されています。

20181109-1.jpg


「民衆の敵」についてお話しなさっています。

堤さんが演じるトマスが、
追い詰められていくところが早く観たい (≧∇≦)
膨大な量のセリフがあるという事は、
堤さんの見せ場がたっくさんある、っていう事!!
ますますたのしみ (≧∇≦)

で、お写真を拝見すると、
この間の週刊朝日と同じ御召物ですよね。
同じ日に撮ったお写真でも、
カメラマンさんによって全然違う感じに写るんですね (*^-^*)

そして、以前から仰っていましたが、
60才までには舞台の演出をしてみたいそうです。
何年も先までスケジュールが入っている堤さんのことだから、
もしかしたら、もうすでにスケジュールが組まれているのかも?
どんな舞台になるのか、興味津々です (^^♪

最後になりましたがリビングWebの記事はこちらです。
2018_11
03
(Sat)19:31

週刊朝日 Key person

先日、拙ブログ民衆の敵 週刊朝日 key personでもご紹介した
堤真一さんのインタビュー記事が
ネットで読めるようになりました。





読み比べると、
記事のタイトルと記事の書き始めがちょっと違いました。

雑誌では

舞台で学び続けたい
堤真一
老いることは美しいこと

というタイトルになっています。



写真もカラーだし、
雑誌買わなくて良かったかなぁ(*_*)




2018_11
03
(Sat)02:15

あさイチ

11月2日のあさイチ
堤真一さんがご出演なさいました

国会中継のため短縮バージョンだったので、
どうなるのかと心配でしたが、
そんな心配を吹き飛ばす
まさにてんこ盛りの内容!!




忘備録としてまとめてみました。

長くなるので畳みます。


続きを読む »