FC2ブログ
2017_04
07
(Fri)02:00

山のあなた

今日は上着がいらないほどの暖かさでした。
みなさまのお住いのあたりはいかがだったでしょうか?

満開の桜はやがて若葉に包まれ、
青葉がまぶしい季節がやって来るのだなぁ・・・
と感じると、観たくなるのが
石井克人監督
2008年公開の
「山のあなた~徳市の恋~」

堤真一さんは
草彅剛さん演じる主人公・徳市の
恋のライバル・大村真太郎を演じています。
熱い気持ちがあるにもかかわらず、
もう一歩踏み出せない様子がじれったい・・・
色々考えちゃうところが、
日本人らしいというか、
真太郎の人の良さが滲み出ているのでしょうか。

というわけで、みよごん的に副題は
「真太郎の恋」になります (^^;
















スポンサーサイト

続きを読む »

2017_03
02
(Thu)12:47

さよなら、ろくちゃん

昨日、
堀北真希さんの女優引退が発表されました。


堀北真希さんと言えば、
テレビドラマでは
「野ブタ。をプロデュース」
「梅ちゃん先生」
映画ではやはり
「ALWAYS 三丁目の夕日」ですよね!

3部作の中で、
かわいい少女から
美しい女性に変貌していくろくちゃんが
とっても愛おしかった。

上京してきた可憐なろくちゃんを迎えに来た
堤さん演じる鈴木オートの社長の
なんとスマートだったこと!

ろくちゃんとの絡みでは
社長は何度も髪の毛を逆立てていましたね(笑)

健気なろくちゃんと、
彼女を家族同様に愛していた
鈴木オート家族の温かさ。

ろくちゃんの結婚問題では、
実の父親のように心配する社長。

ろくちゃんの幸せを願って、
菊池先生に凄む姿や、
20170302-1.jpg

純白のウエディングドレスに
涙する社長の姿は、
201700302-2.jpg

本当に胸に響くものがありました。



映画の中でのろくちゃんは、
結婚しても鈴木オートで働くということでしたね。

でも、
もう続編はないのでしょうか?



龍之介さんと淳之介くんのその後や、
ヒロミさんの赤ちゃんは?
鈴木オートは順調なのか?
一平くんはどうするのか?

いろいろ気になりますが、
ろくちゃんなしの三丁目は成立しないんでしょうね…




そういう諸々の事情があっての、
「鎌倉ものがたり」なのかな?と
余計な憶測をしたりしています。





さようなら、ろくちゃん。

そして、お幸せに (*^-^*)


2015_10
26
(Mon)00:39

東京国際映画祭「クライマーズ・ハイ」

第28回東京国際映画祭
Japan Now 監督特集<原田眞人の世界>で上映された
堤真一さん主演
「クライマーズ・ハイ」を観てきました。
    
     20151025-1.jpg


みよごん、この映画を映画館で観るのは初めてです。

奇しくもこの映画公開の2008年には、前橋でPTAの関東大会があって、
役員をしていたみよごんは、ロケ地となった前橋ホテル(現・前橋さくらホテル)に宿泊して、
あの前橋ビルも見ているし、交差点をぐるっと囲む屋根つきの歩道橋も歩き、
元社長秘書の実家があるアーケードも歩いているんです。
しかしながら、この頃、堤さんは好きであったけれど、今ほどのファンではなかった。
映画の存在は知っていたけれど、観に行かなかった…
近年DVDを購入して、図らずも、既にロケ地めぐりをしていたことに気がついたという次第です(汗)


やっぱり映画館で観ると、違いますね!
堤真一さん演じる悠木の心の動きが、
ビンビン伝わってきました。
迫力が凄くって、見る側の集中力が増すのか、
セリフを覚えるほど観ているはずなのに、とても新鮮でした。
何度も何度も、目頭が熱くなりました(;д;)

報道に携わる人が、みな悠木のような矜持をもっていてくれることを心から願いました。
人生の山を乗り越えていく悠木の姿に、みよごんも生きる勇気をもらいました。


そして、上映後には・・・

続きを読む »

2015_10
25
(Sun)06:15

クライマーズ・ハイ

東京国際映画祭で本日上映される
「クライマーズ・ハイ」
上映後、原田眞人監督と堤真一さんのQ&Aもあります。

午前6時現在、残席5席あります!

取り急ぎ
2015_02
05
(Thu)10:39

マエストロ!

最近ちょっと気になっているのが、
松坂桃李くん。

「梅ちゃん先生」での役どころとか、
右頬のチャーミングなほくろのせいか、
なんとなく堤さんと似た雰囲気を感じることがあります。
世間でも似てるって言われていますよね。
ときおりナイーブに光る瞳に、ドキッとします。

そんな彼が主演する「マエストロ!」で
不思議な感覚を経験したので、
書いてみました。


続きを読む »

2014_09
08
(Mon)03:26

「SP・野望篇」映画の古典になる?

岡田准一師範と堤真一さんが
ガッツリとタッグを組んだ映画

「SP・野望篇」

yabou12.jpg


実はみよごん、
この週末、香港に行きました。
もちろん、飛行機は全日空
香田キャプテンのフライトだと妄想しながら離陸を待っていた時、
機内の上映メニューに「SP・野望篇」が!
         yabou1.jpg
         クリックすると大きくなります。
話題の最新作の映画と肩を並べていました!

そして、作品解説を読むと
        yabou2.jpg
日本語の解説は、岡田准一師範のアクションを礼讃していて、
英語版は
・・・ one of the most popular late-night TVprogram 
   in the history of Japanese terevision.

ん!「日本のテレビ史で最も人気のある深夜ドラマの1つ」
いっそのこと、one of は取っていただいてもかまわないのですが・・・
その他の旧作は「寅さん」とか北野武監督の「HANABI」など
日本映画の古典になるだろう名作揃い!!

これは間違いなく、
「SP」も日本映画の古典になる事間違いなし

往路は4時間強のフライトで2回観てしまいました
そして復路でも…
尾形係長がカッコ良すぎて他の映画なんか見る気になれませんでした



そして、鮮やかに蘇ってきたのは
映画館で初めて観たときの感動・・・



続きは追記をご覧ください。

続きを読む »

2014_08
29
(Fri)22:07

ポストマン・ブルース

遅ればせながら、

堤真一さん主演
遠山景織子さん、大杉漣さん、堀部圭亮さん出演
サブ監督

「ポストマン・ブルース」を観ました。

登場人物それぞれに物語があり、
それが、
警察のとんでもない勘違いで1つに繋がって、
ありえない事態に発展していきます。

ストーリーも面白く、
ナンセンスな笑いも満載。

でも、

なによりも心惹かれたのが、

純愛・・・


            pb8.jpg



続きは追記をご覧ください。

続きを読む »

2014_08
04
(Mon)19:00

ローレライ

役所広司さん主演
堤真一さん、
妻夫木聡さん、柳葉敏郎さん、香椎由宇さん出演
樋口正嗣監督
「ローレライ」(2005)

広島に原子爆弾が投下された8月6日に物語が始まるこの映画。

堤真一さんが演じるのは、
海軍きっての秀才と謳われながら、
危険な思想に取りつかれ、
常軌を逸した行動に出る海軍大佐
浅倉良橘。

映画の撮影があったのは、
2004年の3月初旬~中旬。
堤さんにとっては30代最後の春です。

悪役で出演シーンも少ないですが、
純白の日本帝国海軍二種軍衣に身を包んだ
堤さんのなんと凛々しいこと


続きは追記をご覧ください。

続きを読む »

2014_07
12
(Sat)09:00

姑獲鳥の夏

堤真一主演
阿部寛、永瀬正敏、田中麗奈、原田知世、
いしだあゆみ、すまけい、宮迫博之
篠原涼子、清水美沙出演
実相寺昭雄監督
「姑獲鳥の夏」(2005)

この季節、みよごんが必ず観るのがこの映画!

何故って、
物語が7月13日から7月30日の間の出来事になっているから!

これから暑くなるのかなぁ~
なんて思いながら観るのが最高です。


原作者の京極夏彦さんが実相寺昭雄監督の大ファンであり、
夢のコンビ実現となった本作品ですが、
ともかく、
日本の夏が美しい!!
そして
堤さん(撮影当時39~40歳)の撫で肩の和服姿が、
とてつもなくうつくしい


みよごんは『京極堂』シリーズが大好きで読破しています。
映画化が決まって堤さんがキャスティングされた時は、思わずガッツポーズでした。


続きは追記をご覧ください。




続きを読む »

2014_06
13
(Fri)23:58

容疑者Xの献身

本日、6月14日(土)21:00~23:20
フジテレビ系で

「容疑者Xの献身」が放送されます。

番組紹介ページはこちらです。



堤真一さん演じる石神哲哉の凄さは
みなさまよく御存じのことだと思います。
(みよごんも、このブログの堤真一考 その4涙に書いてみました)

今日は、
みよごん的に気になっている2点について書いてみます。

1つ目は、
松雪泰子さん演じる花岡靖子の別れた夫、富樫を演じているのが
昨年末『マクベス』を演出した長塚圭史さんだということ。


劇作家、演出家としても注目されている長塚さんが
役者として演じている姿を見るのは不思議な感じがします。



2つ目は、
共演が多い松雪泰子さん。
堤さんとは、いろいろな形で恋愛関係を演じていらっしゃるので
とても興味深いです。


特に、2005年の「吉原御免状」では
堤さん演じる松永誠一郎はモテモテの若き剣豪。
松雪さん演じる勝山は吉原きっての名太夫。
そして思いを寄せるのは勝山。
というこの映画とは全く逆の設定でした。
同じ人間がこうも違う役と関係を演じられることに、ひたすら感心




愛を知ったがために、
人としての道を踏み外してしまう男。
それでも、愛を知って幸せだったのか・・・
彼のささやかな願いが叶うことを祈ってしまうのは
罪深いことなのか・・・

あの慟哭のシーンを観る度、考えてしまいます


2014_06
06
(Fri)22:06

ALWAYS 三丁目の夕日

明日6月7日土曜日WOWOW
「ALWAYS 3丁目の夕日」シリーズ全3作
一挙放送されます。

WOWOWの番組紹介ページはこちらです。


堤真一さん演じる鈴木オート社長「鈴木則文」
男っぽくって、大好きです
べらんめえの江戸っ子で、
堤さんが普段関西弁を喋っているなんて想像もできない




以下、みよごんが思う「鈴木則文」の見所を箇条書きにまとめてみました。


1、上野駅で堀北真希さん演じる六ちゃんを迎える時の
  ツイードのスーツに帽子姿がカッコイイ!(第一作)
  頭が小さくて、鼻筋が高くて、口元を固く結んでいて、まさに「昭和の紳士」
  

2、六ちゃんの一言に激怒し、左足で横蹴りするときの抜群の安定感(第一作)
  さすがJAC!体幹の鍛え方が素晴らしい


3、鈴木オートの作業場で六ちゃんとお茶を飲んでいるシーン。
  サツマイモを食べている六ちゃんに
  「社長さんは食べないんですか?」と問われ
  「屁が出っからな(よ?)」と答える。(第一作)
  このシーンは時間の関係でカットされてしまう事が多いですが、
  デリカシーのない感じがたまらなく好きです。



4、薬師丸ひろ子さん演じる奥様、トモエさんが、 
  街で偶然かつての恋人(上川隆也さん)と出会う。
  みよごんは堤さんファンだけれど、このシーンでは上川さんがとってもカッコよくて、
  トモエさんの気持ちが揺れるんじゃないかとずいぶん心配しました。

  帰宅すると則文さんがラクダの上下で出迎える。
  ああこりゃダメだとみよごんは思いました
  則文さんはトモエさんがおなかが大きかったころから
  長男一平君の誕生までの8ミリを準備していて、
  夫婦仲良く幸せな時間を振り返る。
(第二作)
  みよごんも、やっぱり則文さんが一番、と確信した場面です。


5、美しく成長した六ちゃんが、
  森山未來さん演じる青年医師、菊池からの電話を待っているとき、
  則文さんが先に電話を取ってしまって、ぞんざいな対応をした挙句、
  「切ってやった、デへへ」と笑う。(第三作)
  昭和のお父さんぽくって好き。

6、六ちゃんの結婚を認めるとき、
  「六を幸せにしなかったら、俺はお前を殺す!」
  と鬼気迫る表情で菊池先生にすごむ。
(第三作)
  これも昭和のお父さんぽくって好き。


7、六ちゃんの結婚式で、ライスシャワーがわからなくって、
  夫婦でお米を節分の豆まきのように撒く。(第三作)
  普通に絵として可愛い。


このほかにもたくさん好きなシーンがあったのですが、
すぐに思い出せないので、放送を観て思い出そうと思います。



あっ、それから
第三作のコメンタリーで山崎監督が
「堤さんの夫婦としてのスキンシップの取り方が絶妙だ」
とおっしゃっていました。

『東京オリンピックだ!』
と言うシーンでトモエさんの肩をぐっと抱き寄せるんですが、
実際、昭和のお父さんってどうだったのかなぁ?
気持ちがあっても、
そういうことをするお父さんはいないんじゃないかなぁ?

でも、
こういう表現があるから、この映画は解りやすいんですよね、きっと。




2014_04
07
(Mon)00:41

俺はまだ本気出してないだけ

先週はお仕事のお休みがあったので、久しぶりに
「俺はまだ本気出してないだけ」
オーディオ・コメンタリーを見ました。

いかに「堤真一」が「大黒シズオ」的な人間であるか
ということを、
福田雄一監督とプロデューサーの増田真一郎さん、共同プロデューサーの深津智男さんが
延々と語り続けているわけですが、箇条書きにあげてみましょう。

1、撮影時、コンビニでレジを打っている女性が大好きで、毎朝必ず買い物に行っていた。
2、そのレジの彼女を「どうにかならんかなぁ」とスタッフに相談していた。
3、撮影中、メイクの美女を両脇に侍らしてご満悦だった。
4、毎晩ご機嫌で、ご近所の方に多少ご迷惑だった?
5、お酒を飲んでいるときの話題は「どうしようもない下ネタ」「自虐ネタ」
6、堤さんを尊敬していた若手の役者さんですら、
  一晩付き合っただけで、
  堤さんに平気で罵声を浴びせられるようになってしまう。
7、めちゃくちゃ緊張していた橋本愛ちゃんも、
  いつの間にか堤さんを軽くあしらうようになっていた。
8、子役のお子さんにも「本気出した」演技をぶつけて、容赦なく怖がらせていた。
9、映画の撮影が進むにつれて「俳優・堤真一オーラ」が完全に消えていた。
10、どうでも良い話は長く、肝心な話は超短い。
  「大丈夫です」と言われれば即納得。
11、撮影が終わって映画のキャンペーンも中盤を迎えたころ、
  やっと、何故自分がキャスティングされたのか理解した。


で、結論として
「堤さんはみんなに愛されている
ということがわかりました。

みよごんも、カッコイイ堤さんが大好きなはずなのに、
ダメダメな堤さんを可愛いと思ってしまう…


でも、
ここのところ正統派2枚目の役がないですよね。
「地獄でなぜ悪い」の池上組長も、
「土竜の唄」のクレイジーパピヨンも
カッコいいけれど変な人。

「クライマーズ・ハイ」の悠木デスクや
「孤高のメス」の当麻先生のように、
映画賞を狙えるような役、
またやってくれないかなぁ。
2014_03
28
(Fri)14:40

フライ、ダディ、フライ

岡田准一×堤真一×金城一紀
「フライ、ダディ、フライ」
4月27日(日) 18:30より 
シネマート新宿でリバイバル上映
されるそうです!
詳しくはこちら
3月27日14時30分現在、残りチケットは30枚!

またまたえんぴつネズミさんからの情報でした。
いつもいつもありがとうございます。