FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

新・フライヤー

11月22日公開
堤真一さんが大石内蔵助を演じる
「決算!忠臣蔵」

近所のシネコンで、
新しいフライヤーをもらってきました。

見開きですよ (*^-^*)

20190923-3 (2)
吉良上野介がまだシルエット。
誰なんでしょう?

きっと、え!!!と驚く人なんだと思うんですが、
う~~ん 誰なんだろう?

ただ一つ分かることは、
吉良役の俳優さんが発表になった時、
また、新しいフライヤーができるのかなっていうこと。

20190923-2 (2)

それにしても、
登場人物が多いですね…


早く観た~~い!!



スポンサーサイト



場面写真、公開!

11月22日公開
堤真一さんが大石内蔵助を演じる
「決算!忠臣蔵」


場面写真が公開されました。



これって、
シネマスクエアに掲載されていた写真ですね。

監督のお話だと、
今回の大石内蔵助は
全然成長しなくって、
フツーに遊びたい人で…
今までにない内蔵助だそうです。

衣装合わせは、
「民衆の敵」の楽屋だったそうで、
その時の堤さんが監督さん的に・・・だったこととか、
クスリと笑ってしまいました。

でも、普通に考えて、
舞台の本番の前に次の仕事の衣装合わせって、
どちらも大変ですね・・・

解禁! 「一度死んでみた」

今日、9月20日は
堤さん関連の情報が溢れていましたね。

まずひとつ目は
広瀬すずさん×吉沢亮さん×堤真一さん
「一度死んでみた」
情報解禁です。



3月20日公開です!!

あ、
秋のお彼岸に情報公開で、
春のお彼岸にロードショーっていうこと?
「死んでみた」だから



人って、
髪型で随分印象が変わるものなんですね…

20190920-1.png
「くそおやじで~す」
20190920-3.png
20190920-2.png
20190920-5.png
20190920-6.png


この感じ、
左江内さんとか、
「舞妓Haaaaan!!」の内藤貴一郎に似ていますね。
ていうか、そもそも同じ人なんですが。



死んじゃうって言えば、
「鎌倉ものがたり」でも死んじゃう役で、
いや、ホント悲しかった…


「一度死んでみた」公式サイトはこちらです。

レッドカーペット!?

先日の台風の影響で
まだまだ不自由な生活を強いられている方が多いと聞きますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日9月13日(金)は
「死と乙女」の初日!
なかなか評判が良いようですね。
あぁ、早く観に行きたいっ!


さて、映画の情報もありました。

11月22日公開
堤真一さんが大石内蔵助を演じる
「決算!忠臣蔵」

本予告が公開されました!



内蔵助さま、
怒っていますね。
困っていますね。

んふふふ・・・
機嫌が悪い堤さん、だいすきです。

これって、
怒られたり甚振られたりしたい
「ドM」なのか、
それとも、
苦しんでいるさまに歓びを見いだす
「ドS」なのか・・・


また、
一般公開に先駆け、
第32回東京国司映画祭の
オープニングイブ作品として、
10月27日(日)に上映されるそうです。
映画サイトによると、
「レッドカーペットイベントと合わせてワールドプレミア」って、
凄い!!
「武士の一分」も
オープニングイブ作品として上映されたそうですが、
その時の報道も凄かった!


監督さんや
堤真一さんはじめ、
キャストのみなさまが、
レッドカーペットを華やかに飾るのでしょうか!

あぁ、行きたい!!


チケット買えるのかな?
詳しくは東京国際映画祭のサイトをご覧ください。




それから、インスタも始めたそうです。

早速オフショット(^^♪




高校野球開幕

毎日めっちゃ暑いですね。
そして、
台風や熱帯低気圧のこれからが気になるところですが、
今年も
夏の高校野球・甲子園大会が
開幕しました。


昨日の朝日新聞に
堤さんのインタビュー記事が載っていました。

20190805-1.jpg


堤さんの手、いかにも
「野球やってる!」
という感じの手ですね。


基礎力あっての応用力。
どの世界でも、
やっぱり反復練習って大切ですよね。


記事はこちらでも読めます。

泣くな赤鬼 絶賛上映中

堤真一さん×柳楽優弥さん
「泣くな赤鬼」

もうみなさまご覧になりましたか?


今日、
みよごんが通っているゼミの情報誌に
こんなものが!!!

20190706-18.jpg
決定稿だそうです。

全部で80のシーンでできています。
じっくり読んで、
小渕先生の背中を見つめようと思います。


この情報誌には、
脚本を担当なさった
上平満さんのインタビューも載っていて、
ロケ現場でお会いになった堤さんの印象についても
お話しなさっています。
「すごいオーラがあって
普段は関西弁でしゃべられていて
座長さんのように周りに気を遣っていて
雰囲気のある方でした。
ノックの打ち出しもすごく上手で、驚きました」
うんうん

柳楽さんについても
「演技する前は気を消しているように見えるんですが、
本番になると、ものすごい存在感で圧倒されました」と。
ホント、柳楽さん、良かったですよね…



まだご覧になっていない方は、
直ぐ劇場へ 




「泣くな赤鬼」 公開記念舞台挨拶

昨日6月15日
「泣くな赤鬼」
公開記念舞台挨拶が行われました。




記事はこの3本で、内容ほぼ網羅です。

自虐ネタのくだりはこちら。


娯楽作品ではないのでね…
まだご覧になっていない方は、
上映回数が多い今週中に
お出かけになることをお勧めします。


竜星君のファンへの神対応のくだりはこちら。

堤さん、壇上に上がられたファンの方に
「誰のファン?」と声をかけられたそうです。
もし、
「堤真一さんです」て言われたらどうしたのかな?
いろいろ想像してキャーってなってしまいました。



全体の流れはこちら。

ゴルゴのライバル・和田を演じた
竜星君と武藤君は
映画で観たときも思ったんだけど、
ホント眼が同じですよね。

で、ちょっと気になっているのが、
竜星君がスーツの上からしている黒いベルト。
あれは何なんだろう?




そして、
動画はこちら。







あぁ、みよごんも行きたかったなぁ…

抽選で外れ、
一般先着販売に参戦したものの敗北。
10時発売開始で、
何度クリックしてもなかなか先に進めず、
やっと進んだと思ったら、
「予定枚数終了しました」の文字。
時刻は10時02分。
わずか2分の戦いでした。




泣くな赤鬼 祝!公開!!

本日公開になった
堤真一さん×柳楽優弥さん
「泣くな赤鬼」


さきほど実家に立ち寄ったら、
朝日新聞の夕刊に赤鬼関連の記事を発見!


まずテレビ版の下に大きな広告。
20190614-3.jpg
堤さんを役者の世界に導いて下さった
坂東玉三郎さんの鷺娘と
お隣同士というのが
感慨深いです。


そしてインタビュー記事も
20190614-2.jpg
あの涙は、
脚本にもなかったし、
堤さんご自身も
流すつもりはなかったんですね・・・


このお写真もステキ
5月21日に角川本社で撮影なさったそうです。
窓ガラスの雨粒が良いですね。

本編で、
ゴルゴの妻・川栄さんが
夫の病気を知って崩れ落ちそうな心を抱え、
小渕を尋ねるシーンも雨でした。

監督のお話だと、
予期せぬ雨だったけれど、
それがまたこのシーンの雰囲気に合っていたと…

完成披露舞台挨拶

6月14日公開
堤真一さん×柳楽優弥さん
「泣くな赤鬼」
今朝、情報番組拝見しましたが、
川栄さんのお祝いで盛り上がっていましたね。

さて、
昨日の完成披露舞台挨拶の続きが
YouTubeにアップされていたので貼っておきます。



堤さんの「プレッシャーを楽しむ」
監督の「楽(らく)な方じゃなくて楽しそうな方を目指す」って
思わず納得です。
そして
「人生にゆだねる」
「ただその時に一生懸命考える」
「人生判らない」
堤さん語録ですね。
迷えるみよごんには励みになるお言葉ですm(__)m


別件ですが、
「ヴェネチア」のチケット発券してきました。

う~~ん

・・・・まあ、観られればいいっか・・・😞



今日の堤さん

「5時に夢中」と
「泣くな赤鬼」の完成披露舞台挨拶の様子が
YouTubeにアップされているので貼っておきます(*^-^*)

堤さん、
「5時に夢中」と舞台挨拶で
お召し物を変えているんですね。
どちらもステキ(≧∇≦)






堤さんは、
自分が出ている映画を観て泣いたのは初めて。
「やってよかった」とおしゃいます。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)うんうん♪

みよごん、高崎で監督さんのお話を聴いたのですが、
とっても優しくって丁寧な感じの方なんです。
堤さんが仰る通り、映画にも表れるんですね。
高崎映画祭の様子はこちらです。




明日は、舞台挨拶の様子が
情報番組でも紹介されるようです。
どこが使われるのかな?

応援映像

6月14日公開の
「泣くな赤鬼」

本日の「5時に夢中」のご出演と、
完成披露試写会を前に、
昨日引退を発表なさった上原浩治さんはじめ、
桑田真澄さん、仁志敏久さんという、
野球界の大御所の方々から応援映像が
公開されました。

ああ、そうか!そうでした!
「赤鬼」は野球を題材とした映画だったんですよね。
みよごん「野球映画」という理解はしていませんでした。
どんな部活やスポーツ、
いえ、スポーツに限らず、
教師と生徒がいるところには、
普遍的にある問題を描いているので、
野球を知らないみよごんにも、
ちゃんと伝わる、
心揺さぶられる映画でした



みよごん的には、

20190521-2.png
白Yシャツで、

20190521-3.png
職員室のデスクに座る、
10年前の
カッコいい国語教師の小渕先生にはドキッとし、


20190521-1.png
ごく一般的な家庭で
ちょっと疲れている小渕お父さんは
なんだかとってもリアルで、
ジワッときました。











あちらこちらで

昨日は「ヴェネチア」の一般発売でしたね。
チケット完売だそうで何よりですが、
みなさま確保できましたでしょうか?
みよごんは「会」で購入したので今回は参戦しませんでした。
もう発券できるんですよね。
でも、「良い子」の時のショックが強く、
どんな席か怖くって発券に出かけられません( ;∀;)


さて、それはさておき、
あちらこちらで「泣くな赤鬼」
小渕隆さんにお会いしました。
「赤鬼」といえば川栄李奈さん、
ご結婚おめでとうございます。
お子さまも授かったそうですね。
映画では一足先にお母さん役だったので、
すごく自然な感じがします。
末永くお幸せに。

まず、
朝のシナリオ・ゼミの教室の前で、
20190518-1.jpg
おはようございますm(__)m

もう一月ほど前から置いてあるのですが、
優秀な先輩の中には、
堤さんが主演する映画の
脚本を書いている方がいらっしゃるという、
すんごい夢みたいな現実を目の当たりにして、
励みになるというか…
遠い目をしながら教室に入る今日この頃です (^^ゞ


夜は松坂桃李くんの
「居眠り磐音」を観に行きました。

シネコンの廊下には
20190518-3.jpg
師範の「ファブル」と「アラジン」に挟まれて。


20190518-5.jpg
こんな大きな垂れ幕も!


勿論映画本編の前に
「泣くな赤鬼」の予告編!
久し振りに大きなスクリーンで
小渕先生にお会いしました(*^-^*)

その後、
「決算!忠臣蔵」の予告編も流れました。
さっき(赤鬼)の堤さんと全然違うので、
笑っちゃいました。


映画館では
堤真一まつりが始まっています(*^-^*)

来月は「泣くな赤鬼」

「良い子」も終わり、
次は
6月14日公開
「泣くな赤鬼」

主演を務める
堤真一さんにお目にかかる機会も増えてきました。

来週5月21日㈫
東京MXの「5時に夢中」にゲスト出演!
火曜日はハコちゃんこと
岩下尚史さんがコメンテーター。
前回、堤さんがご出演なさったのも火曜日。
忘れもしない2017年11月21日、
「名刺ゲーム」の前でしたね。
いろいろなお話が聴けて楽しかった(*^-^*)
今回はどんなお話が飛び出すのかな?
ちなみに前回のご出演の様子はこちら。

番組が終わると、
新宿のバルト9で完成披露試写会ですね。
いらっしゃる方、楽しんできてください!
みよごん高崎で拝見してきましたが、
人間「小渕隆」の存在というか
体温まで感じるような映画です。
個人的な意見としては、映画の宣伝文句として、
「鬼泣き」なんて煽るのはどうかな、
と思うんですが、
結局、泣けて泣けて・・・
教師って何なんだろう、
親って何なんだろう、
夫婦って、友達って、ライバルって、
死ぬって、
そして、生きるって…
いろいろなことを考えさせてくれる作品です。



雑誌・TVステーション 12号
5月29日(水)発売には
堤さんのインタビュー記事が載るそうです。
雑誌のサイトはこちら。

そして、放送日は未発表ですが
土曜日朝7時半からの
「サワコの朝」にもご出演予定。
たぶん、再来来週あたりかな…



あ、それから、
制作にテレビ東京さんのお名前があったので、
何か番宣があるかもしれませんね。


小耳に挟みましたら、
こちらにも書き込みます(^^)/

決算!忠臣蔵 特報

堤真一さん主演
11月22日公開
「決算!忠臣蔵」

新しい特報が公開されました (*^-^*)

20190510-4.png
20190510-5.png
20190510-3.png
20190510-1.png
20190510-7.png
20190510-6.png


20190510-2.png

内蔵助さんのいろいろな表情が見られますね (≧∇≦)
特に
最近の堤さんご出演作には
糖分が欠如していたので
お座敷で
相好を崩して遊びに興じられている所や、
奥方役の竹内結子さんに
しっとりと諭されるところなど
とても嬉しいです。


もちろん、
堤さんご自身が
糖分どころか炭水化物を断って臨んでいる、
本領発揮の舞台も良いですが、
やっぱり、
心にも、脳みそにも、体にも、
糖分は必要ですよね。



決算!忠臣蔵  11月22日公開!!

堤真一さん主演
「決算!忠臣蔵」
11月22日公開だそうです



この超特報、鬼リピしてしまいます(≧∇≦)

すごくおもしろそう!!
早く観た~~い (*^-^*)

泣くな赤鬼 メッセージ入り特別動画

6月14日公開
重松清原作
兼重淳監督
堤真一主演

「泣くな赤鬼」


堤さんのメッセージ入り
特別動画が公開されました。





みよごん、
一足お先に高崎映画祭で拝見したのですが、
この堤さんのメッセージと映像を見ていると、
その時の感動が鮮やかに蘇ってきます。

この堤さんの表情を見ているだけで、
万感の思いが込み上げます。




鬼泣き、
なんて煽らなくても、
充分伝わる映画だと思います。

公開になったら
また、
赤鬼(ブッチ)とゴルゴに会いに行きます。

泣くな赤鬼 高崎映画祭

6月14日公開
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」


高崎映画祭に行ってきました!!

20190323-11.jpg
高崎駅からバスに乗って高崎文化会館へ。

高崎映画祭のオープニング作品です。
20190323-0.jpg

ロビーには
映画で使われた
小道具やユニフォームなどが
展示されていました。

泣くな赤鬼 情報解禁!

6月14日公開
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」

情報が解禁されました(*^-^*)

まずポスター。ツイッターからお借りしてきました。
20190314-1.jpg
堤さんが、ふ、ふ、太い・・・



みよごん、この映画の制作が発表された時
いてもたってもいられず原作を読んだのですが、
ゴルゴ(柳楽さん)と再会した赤鬼こと小渕(堤さん)は
「メタボン」と呼ばれるほどに変貌していたことになっています。
これって、堤さんは役作りで増量したっていうことでしょうか?

「民衆の敵」の時はスッキリ爽やかなお姿だったから、
その後、また減量なさったのかな?


20190314-2.jpg
でも、ユニフォーム姿がお似合い(≧∇≦)




ムビチケは4月19日から発売。

公式サイトもオープン!!

ツイッターも開設!



早くご覧になりたい方は、
3月23日(土)に高崎映画祭の
オープニング上映があります!
行こうかどうか悩み中・・・



そして今、
「もふもふモフモフ」の最終回を鑑賞中(涙)

追記・4月29日(祝・月)午後6:05
「もふもふモフモフ」の特番やるって

Shinichi Tsutsumi
will return.

(≧∇≦)

ビジュアル解禁 追加!

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演

「決算!忠臣蔵」


帰宅して
今朝の情報番組の
録画をチェックしていたら
スッキリに
ステキな内蔵助さまがいらしたので
追加して貼っておきます(≧∇≦)


20190306-9.jpg
クランクインした時の映像のようですね。

20190306-8.jpg
中村監督の指示を聞く堤さん。
201903067.jpg
真剣なお顔ですね。



スッキリさんありがとうございました (*^-^*)

ビジュアル&キャスト解禁!

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演

「決算!忠臣蔵」

ビジュアルと主要キャストのみなさまが解禁されました!

20190306-6.jpg
公式さんのツイッターからお借りしました。

すんごい豪華
中村組のみなさまですね(*^-^*)

でも、
討ち入りの装束でこの笑顔の内蔵助って・・・
無事本懐が遂げられることが、
とってもうれしいのかな?


朝の情報番組では
動く堤さんこと
大石内蔵助さんも見られました。

20190306-4.jpg

20190306-2.jpg

20190306-1.jpg

20190306-3.jpg

20190306-5.jpg


公式サイトも更新されました

キャストのみなさまのコメントが興味深いです(*^-^*)

濱田岳さんは「本能寺ホテル」を踏まえてのコメント。
滝藤賢一さんは「クライマーズハイ」



ネット記事もたくさん出ています。
映画COM.さん
エンタメステーションさん
映画ナタリーさん

優良企業の倒産という視点が面白いです。
サイトによって
討ち入りの予算が9500万と8400万と違うんですね。
一両の円換算のレートが違うのかな?


浅野内匠頭さんのキャストが未発表ですね。
気になるぅ~(≧∇≦)

ビジュアル解禁?

明日の朝の情報番組に、
堤真一さんと岡村隆史さんのお名前がありますね。
「決算!忠臣蔵」のメイキング公開とか!!

FBS バリはやッ!スポエンタ
TBS はやドキ!のエンタメ情報
日テレ ZIP SHOWBIZ
日テレ スッキリ クイズッス9:45
KCB アサデス。

要チェックです (*^-^*)

決算!忠臣蔵 差し入れ2

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演
「決算!忠臣蔵」


井之上チャルさんのブログ
堤さんからの差し入れの写真が載っています(*^-^*)

おいしそうですね~(≧∇≦)

この前は
立派な箱の焼き肉弁当で、
中身がと~~っても気になりました(^^ゞ




パラパラと他のページも拝読しました。
いろいろ興味深いことが書いてありました。


撮影はもうすぐ終わるんですね。
年末の公開が楽しみです♫


決算!忠臣蔵 

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演
「決算!忠臣蔵」


共演の岡村隆史さんは
もうクランクアップなさったそうですね。

岡村さんがラジオでお話しなさっています。
「堤さんが本番でボロボロ泣くお話」
「岡村さんのクランクアップの日に堤さんが飲みに誘ったお話」

あぁ、忠臣蔵ですからね。
泣くんですね、やっぱり。

堤さん演じる内蔵助がボロボロ泣く。
そして、
家臣のみなさんも鼻水を流して泣く。

「それ、なんぼ?」と
お金の心配ばかりしていた内蔵助が、
本懐を遂げた時に流す涙…


みよごん、堤さんが流す涙には、
いつもグッと来てしまいます(≧∇≦)

堪えて堪えて、
それでも耐えられずに流れてしまう涙。

その人の、心の奥底に秘めていた、
計り知れないほどの
怒りや、悲しみ、喜びや達成感を
垣間見てしまったような気がして
いっぺんに心を持って行かれてしまいます(涙)


そういえば
「泣くな赤鬼」も
泣くな、だから、
これも絶対泣くんですよね。
あ、そうそう、
原作読みましたが、
オイオイ泣いてしまいました。


今年も
堤さんに泣かされる年になりそうです(^^ゞ

決算!忠臣蔵 クランクアップ間近

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演

「決算!忠臣蔵」


先日、
共演の岡村隆史さんが、
ラジオでクランクアップだとおっしゃっていました(*^-^*)

ラジオのお話しはこちら

岡村さんには
ワイドショーの密着取材があったんですね。

堤さんの
「え?どうしたん?」というお顔、
拝見したいですね(≧∇≦)

映画はもちろんだけれど
ワイドショーもメイキングも、楽しみ。

泣くな赤鬼 特別先行上映

このところ、
ちょこちょこといろいろな情報が
流れてきていますね。

まずは、
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

6月14日公開予定の
「泣くな赤鬼」
20180719-1.jpg

3月23日(土) 午前10時から
高崎市文化会館において
高崎映画祭での
オープニング作品として、
全国初上映されるそうです!


2月16日から前売り券が発売になるそうです。

詳しくは第3回高崎映画祭のサイトをどうぞ


あぁ、早く見たい(≧∇≦)



決算!忠臣蔵  差し入れ

毎日寒いですね。
みなさま、いかがお過ごしですか?


2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演

「決算!忠臣蔵」
先日の連休中も撮影があったようですね。
寒かったでしょうね…
キャストの方々も、
スタッフの方々も、
どうぞお体をお大事にm(__)m


そして、今日の岡村隆史さんのインスタには

View this post on Instagram

いつもゴチです! 決算!忠臣蔵

okamuradesuさん(@okamuradesu)がシェアした投稿 -




立派!
なんだろう?
お弁当かな?
中が見たいですね(*^-^*)

「いつもゴチです!」って
堤さん、美味しい物たくさんご存知なんでしょうね。

熨斗の表書きが
「差し入れ」というのが、
芸能界という感じがしますね。



で、ふと思い出したのは
「ビギナー」で
堤さん演じる高慢ちきな桐原勇平が、
その昔、別れた奥さんを喜ばすために
京都へ出張に出かけるたび、
奥さんの好物のお寿司を
わざわざ並んで買い求めていた、
というエピソード。
とっても切なくて、泣けてしまいました。

回を追うごとに、
素顔を見せる桐原さん、
魅力的でした(≧∇≦)




追記

差し入れは、焼き肉弁当だったそうです(*^-^*)







泣くな赤鬼 6月14日公開

堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」

20180719-1.jpg

6月14日(金)に公開です


堤さん演じる小渕隆の妻役に
麻生祐未さん。
柳楽優弥くん演じる
小渕の教え子で
余命半年の「ゴルゴ」の母親役に、
キムラ緑子さん。
ゴルゴかつてのライバル役に
竜星涼さん。


CINRA.NET
追加のキャストのみなさんのコメントが掲載されています。


麻生さんの堤さんに対する
「全員を受け止めてくれるような頼もしい方で、
キレよく、面白く、時々可愛い赤鬼でした」
というコメントに、
思わず「うんうん」と納得 (*^-^*)

キムラ緑子さんの
「彼が息子なんだと、
そのシチュエーションをイメージして、、、
ただそれだけを大事に演じました」
というコメントには、
みよごんも息子がいるので、
じ~~んとしてしまいました。

竜星涼さんは
「昭和元禄落語心中」で
生き生きと、キラキラと演じていらした方ですよね。
期待しています。



まだ、公式サイトは更新されていないようですが、
これからの情報公開が楽しみです (*^-^*)

決算!忠臣蔵 絶賛撮影中

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演

「決算!忠臣蔵」

お待ちかねの
公式さんの現場レポートです!



これはなんでしょう?
おでんはすぐわかるんだけど、
なんかのスープに、
洋食ビュッフェかな?

「温かいご飯温かい本当に嬉しいです」ということは、
やっぱり撮影現場は寒いんですね・・・
お疲れさまです。

映画を観る人をワクワクさせるために、
頑張ってくださっているんですね。
ありがとうございます(*^-^*)




そしてこちらは岡村隆史さんのインスタ。

View this post on Instagram

決算!忠臣蔵 ムービースター やってます!

okamuradesuさん(@okamuradesu)がシェアした投稿 -



矢頭長介さんは、その名の通り
家紋も違い矢なんですね。

では、堤さん演じる大石内蔵助さんは?

20190121-6.jpg
右二つ巴だそうです。



う~~ん、早く見たいっ!! (≧∇≦)

「決算!忠臣蔵」 撮影快調(?)

2019年冬公開予定
中村義洋監督
堤真一さん主演

「決算!忠臣蔵」


共演の岡村隆史さんが
インスタでいろいろ見せてくださっています。

20190120-1.jpg

岡村さん、裃、お似合いですね、 (*^-^*)





じゃあ、堤さんは?

それはそれはステキなんじゃないかと、
期待が膨らみます (≧∇≦)





岡村さんは、ワーキングプアな勘定方
20190120-2.jpg
7つ玉算盤だ!

映画の世界に引き込まれます。




公式さんの現場レポートはまだかな?

「決算!忠臣蔵」

2019年冬公開予定
中村義洋監督の
「決算!忠臣蔵」
堤真一さんが主演なさいます
討ち入りがあった12月14日に発表なんですね(*^-^*)

堤さんは大石内蔵助。
タグを組むナイナイの岡村隆史さんは、
ワーキングプアな勘定方・矢頭長助。
原作は、
江戸時代研究の第一人者である
東京大学教授・山本博文さんの
「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)。

今作の大石内蔵助は
女好きでボンボン育ち。
限られた財源の中で討ち入りを計画するために
『それ、なんぼ?』が口癖になってしまうとか。

堤さんは
新しい大石内蔵助像を演じるのですね
楽しみ~(^^♪ おもしろそ~(*^-^*)


詳しくは映画COMさんの記事をどうぞ。
公式サイトもオープンです。
12月15日追記


それにしても、
4月に「良い子はみんなご褒美がもらえる」
6月に「泣くな赤鬼」
7月に「2人の主人に仕えた男(仮)」2人
そして多分12月ごろに「決算!忠臣蔵」

今から来年が楽しみすぎる~~っ(≧∇≦)





泣くな赤鬼 完成

堤真一さん主演
「泣くな赤鬼」

兼重監督がTwitterで完成のお知らせです 





早く観たいなぁ~~

公開は6月の予定でしたよね。
映画のサイトや試写会、キャンペーン・・・
楽しみです (*^-^*)



一度死んでみた(仮)

「泣くな赤鬼」に続く
堤真一さんご出演
2020年公開予定映画のお知らせです



「一度死んでみた(仮)」

な、なんじゃそりゃ \(◎o◎)/
な題名ですね。


主演は広瀬すずさんのコメディ (*^-^*)
20180910-1.jpg

堤さんは・・・

銀魂2 世にも不思議な銀魂ちゃん

片栗虎さんって、
こんな感じなんですね。



銀魂2 初日舞台挨拶

堤真一さんが松平片栗虎を演じる
「銀魂2」

20180704-1.jpg


今日、初日舞台挨拶があったんですね。
堤さんももちろん登壇。
「泣くな赤鬼」の兼重監督のツイッターによると、
今日は撮影お休みだそうです。



泣くな赤鬼 来年6月公開!

堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」
20180719-1.jpg


上毛新聞の記事「泣くな赤鬼」オール群馬ロケ、によると
来年6月に全国公開される予定だそうです(*^-^*)
7日のロケ初日には、
堤さん演じる赤鬼が野球部員を熱く指導する場面だったとか。

上毛新聞といえば→「北関東新聞」→「クライマーズハイ」
いろいろイメージがふくらんでしまいますぅ(≧∇≦)



兼重監督のツイッターによると、

原作を読んでみた

2019年公開予定
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督
「泣くな赤鬼」


いてもたってもいられず、
原作読んでみました。

20180723-1.jpg


本屋さんで買おうかな、とも思いましたが、
きっと、映画の公開間近になれば
堤さんや柳楽さん川栄さんのビジュアルの帯が付くんじゃないかと思って、
それを楽しみに今回はお預け。
図書館に行ってきました。






これ、

反則!!!

っていうくらい、泣かせてきます ( ;∀;)




それぞれの登場人物が、
重い葛藤を抱えているので、
嫌が応にも感情移入してしまいます。

フィクションとはいえ、
よくもまあ、
こんな残酷で悲しく美しい話が書けるのかと、
いえ、
書いて良いものなのか?と、
複雑な気持ちになりました。


でも、
キャスティングがピッタリで、
映画への期待が高まるばかり・・・





この短編に、
どんなエピソードを追加して、
どんなシーンがあって、
どんな台詞があって、
俳優さんたちがどんな演技をするのだろう、
と、想像するだけでドキドキします (≧∇≦)


柳楽さんは役作りで減量するのかな?
そして、
45才の時「赤鬼先生」だった主人公は、
10年後「メタボン」と呼ばれる設定ですが、
堤さんは増量するのかな?
いや、それはないでしょうから、
たぶん設定が変わるんでしょうね。
でも、そうとも限らないかも?\(◎o◎)/



「泣くな赤鬼」

   

  2019年公開予定
  重松清さん原作
  兼重淳さん監督

  「泣くな赤鬼」
  堤真一さん
  主演なさいます。

ヤッター!!(≧∇≦)

20180719-1.jpg


堤さんが演じるのは、
城南工業野球部監督・小渕隆。
陽に焼けた赤い顔と、
鬼のような熱血指導からついた呼び名が
「赤鬼先生」

その小渕先生の
熱血教師だった10年前と、
定年間近の疲れた中年を、
演じるそうです。

あぁ、どっちも堤さんにピッタリ!!


堤さんのコメントによると、
その二面性を佇まいで表現なさりたいとか!!

あぁぁぁ~ 早く観たいっ!!!



重松清さんの作品といえば、
堤さんがNHKで主演なさった「とんび」をはじめ、
心の奥深くが共鳴してしまう作品が多いですよね。
今作はもう期待しかありません (≧∇≦)



共演の柳楽優弥さんも川栄李奈さんも
捉えどころのない人間の内面が
そこはかとなく滲み出てしまう俳優さん。
とっても楽しみです。


クランクインは8月上旬。
群馬県高崎市周辺で行われるそうです。
灼熱の撮影必至ですよね。
真夏の京都で甲冑姿とか、
俳優さんってとっても大変なんですね・・・




詳しくは
modelpressさんの記事
映画ナタリーさんの記事
ほんのひきだしさんの記事
をご覧ください。


松平片栗虎

堤真一さんが
松平片栗粉を演じる

8月17日公開
福田雄一監督
「銀魂 掟は破るためにこそある」


本編の予告編が公開されたり、
情報が少しずつ明らかになってきましたね。


今日、出掛けたついでに、
自宅近くのシネコンに寄ってきました。



大きな垂れ幕?ポスター?が貼ってありました(*^-^*)
20180714-1.jpg

光の入り加減で、片栗虎さんが光ってしまっているのが残念。

で、片栗虎さんだけアップにしてみました。
       20180714-2.jpg

とってもカッコ良いですね(≧∇≦)
鰐皮でしょうか。重そうですね。



チラシもありましたよ。

20180714-6.jpg

中を開くとこんな感じ。
20180714-3.jpg


あちこちの片栗虎さんだけ集めてみました。

20180714-4.jpg
キャバクラがお好きなそうです。

20180714-5.jpg
踏まれたりするらしいです。

20180714-7.jpg
チャンピオンベルトみたいなのが気になります。



予告編はこちら。



観に行こうかな…

どうしよっかなぁ・・・



dTVって何だ?

8月17日24時より配信される
dTVオリジナルドラマ
「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」
堤真一さんがご出演です。

オリコンニュースによると、
堤さんは、
映画版で松平片栗虎役として独特な存在感を放ち
銀魂ワールドをより盛り上げていらっしゃるそうですが、
ドラマ版でも
「ド全編」にわたって重要なポジションで出演していらっしゃるとか!
ド全編って・・・

20180704-1.jpg


で、

dTVって、何だ?


あぁ!
そういえば、
「左江内」さんが終わった時にも、
なんとかというところで、
スピンオフドラマが配信されて、
みよごん、よくわからないながら、
無料だったか有料だったか忘れてしまったけれど、
ともかく何かに登録したことを思い出しました。

ま、
それとは違うけれど、
そういう類のものという解釈で良いのでしょうか?



詳しくはdtvのサイトをご覧ください。

やっぱり!

もしかして・・・

と思っていましたが、

やっぱり!


8月17日公開
福田雄一監督
「銀魂 掟は破るためにこそある」
松平片栗虎役は堤真一さんでした (*^-^*)


     20180614-1.jpg

20180704-1.jpg
個人的には、
ロマンスグレーの御髪にドキドキします(≧∇≦)
煙草にガラケー・・・
う~~ん、時代に逆行している感じが、なんか笑えます (^^ゞ


映画のサイトを拝見すると、
堤さん演じる松平片栗虎は

〇警察組織のトップで
〇キャバクラの帝王で
〇公私混同というか職権乱用のとんでもないやつ
〇庶民の暮らしを知るために、
 将軍(茂茂・勝地涼さん)と城下に現れるなんて
 黄門さまか金さんか?いや!才原コンビ?
〇貫禄があって
〇はじけている

そして、
今回のストーリーには関係ないかもしれませんが、
みよごんの息子情報によると、
片栗虎なる人物は、
年頃になる娘を溺愛していて、
娘が遊園地でデートするのを知ると、
飛行船から爆弾を遊園地にぶち込んだりするそうです。


みよごん的には
「土竜の唄」のパピヨンさまのイメージと被ります。





先日、wowowで前作を観ました。




観に行こうかな・・・

どうしよっかなぁ・・・

あぁ、でもたぶん、観に行っちゃうんだろうなぁ…(苦笑)



詳しくは映画のオフィシャルサイトをご覧ください。



これってさ・・・

これってさ・・・




もしかしてさ・・・

違っていたら恥ずかしいんだけどさ…

女殺油地獄 WOWOW

「五社英雄が描く修羅と官能」と銘打たれた
本日4月9日から12日までのWOWOWシネマの特集で
堤真一さんがご出演なさった
「女殺油地獄」が放送されます。

abura25.jpg

放送は、最終日の12日(木)午後11時からです。

みよごん、
堤さんが大好きになったは「GOOD LUCK!!」の香田さん、
ド嵌りしたのが「SP」の尾形さん。
この映画で若さを演じる堤さんが新鮮で、
とても興味深く拝見しました。

ここ数年はBSフジなどでの放送もありましたが、
それ以前は放送でお目にかかる機会もなく、
DVD化もされていないので、
VHSの中古を購入し、
実家のビデオデッキでコッソリ観ておりました。

五社英雄監督と云うと
強烈なキャラばかりの、
極彩色のめくりめく官能の世界、
という印象を持っておりました。

でも、「女殺油地獄」は全然違うんですよね。

落ち着いた色彩の、しっとりとした情感が漂う映画です。
もちろん、
嫁入りシーンとか、目を奪われるような美しいシーンや
官能的なシーンもありますが、
女優さんが肌をあらわにすることもなく、
美しいなぁって思います。


家庭のVHS鑑賞では画質がどうにも悪くって、物足りず、
名画座に出かけてスクリーンでも拝見しました。

「陽炎」との二本立てで、
五社監督とゆかりのある方のトークショー付きでした。
残念ながら、堤さんのお話は出ませんでしたが、
すでに体調を崩されていた五社監督が、
遺作として作った「陽炎」の後に、
更にまた
どうしてもこの脚本で映画を撮りたい、という
監督の熱意に周囲が動かされて制作されたのが
この「女殺油地獄」だったとか。
トークショーでは、
「監督のエネルギーがそのまま映画に反映されているようだ」
というお話があって、たしかに、
「陽炎」にはギラギラしたエネルギーがありました。
それに比べると「女殺油地獄」は淡白…
う~~ん、でもそこがとっても良い感じなんですよね。

主演の樋口可南子さん、藤谷美和子さんが
とってもお美しい!!
しかし、それにもまして、
堤さんがキレイ

特に、待合に出かけるために
船で川を下る(上る?)シーンがあるんですが、
そこがとっても美しい!
「駆け込み女と駆け出し男」でも似たシーンがありますよね。
比較鑑賞すると、もっと楽しいです。

見どころ満載のこの映画、
まだご覧になっていない方がいらしたら、
お勧めです (*^-^*)




みよごんもこのカテゴリでいくつかブログを書いておりますので、
良かったら覗いてみてくださいm(__)m
お写真もいくつか載せてあります(*^-^*)

「みよごん的感想」
「パンフレット」新人・堤真一評が興味深いです。
「名画座に行ってみた」

本能寺ホテル 巷の評判

堤真一さんが織田信長公を演じた
映画 「本能寺ホテル」

20161110-2.jpg


昨日地上波初放送でしたね。

先程Twitterを覗いたら、
堤さん演じるお館さまを絶賛するツイートで溢れていて、
えへへ、うふふ(*´艸`*)と
思わず顔が綻んでしまいました。

巷の評判も証明するお館さまのカッコよさ!
正に、新しい信長像の誕生!!

やっぱり素晴らしかったですよね!
「堤真一」はこうでなくっちゃというはまり役!
作品のテーマ自体も良いし、
作品としても面白くって大好き!
昨年公開のお仕事での一押しです(*^-^*)




みよごん個人的には、
神聖な森の中でお会いした、
本能寺に向かうお館さまの凛々しさ、神々しさ、
そして、その後ろ姿をお見送りした時の、
なんとも胸を締め付けられるような切なさが
今でも鮮明に甦ってきます。
あのお姿は、
「俳優・堤真一」ではなく、
まさしく「お館さま」・織田信長公でした。
映画を拝見してから思い出すと、
より一層愛おしさが募ります(涙)
お館さまのお馬さまも
とても美しく、立派なお馬さまで、
お館さまが、
その鬣を優しく撫で、
ポンポンと労っていらしたお姿も忘れられません。




コメディの堤さんも良い!
嫌な奴を演じる堤さんも良い!

でも、やっぱり直球の堤さんが好き!!

20161110-3.jpg


ある時は
地上にエネルギーを注ぎ続ける太陽のような、
またある時は、
不安な夜に遠くで輝く星のような、
観る者の心を暖め、励まし、動かし、そっと寄り添う、
魅力的な人間を演じてください m(__)m






セルBlu-rayやDVDには特番や、メイキングの様子も!
そしてなにより!珍しく堤さんがオーディオコメンタリーをしていらっしゃるんです!!!
お勧めです(*^-^*)


DESTINY鎌倉ものがたり 鑑賞

堤真一さんが
編集者・本田を演じる

「DESTINY鎌倉ものがたり」

みよごんも観てきました!

いつもだったら、
試写会や初日舞台あいさつなど、
運よく当たれば参加して、
当たらなかったらせっせとレポを書いていたんですが、
今年は仕事が忙しく、
時間的というよりか、むしろ精神的は余裕がなく、
本日、大仕事を無事終えてから、
やっと夜、シネコンに行ってきました (*^-^*)




この先ネタバレありです。
ご注意ください。


DESTINY鎌倉ものがたり ワールドプレミア 2

堤真一さんが編集者・本田を演じる、
12月9日公開の山崎貴監督
「DESTINY 鎌倉ものがたり」

20171107-1.jpg

先日のワールドプレミアのレポが
東宝さんのサイトに上がっていますね。
映画の公式サイトからも入れます。


堺さんのカイロ貼り過ぎの件や
中村玉緒さんから秘密の暴露に、
堤さんが突っ込みを入れたりして、
楽しかった会見の様子がうかがわれます (*^-^*)

今回の打ち上げに堤さんは出席なさらなかったということですが、
何かのお仕事だったのかなぁ?などと考えながら、
「三丁目」の打ち上げではそこらじゅうで喧嘩が起こるくらい盛り上がるって???
山崎監督は「首を絞め合った」と仰っていますが、
どんな盛り上がり方なんでしょうね (^^ゞ

また、理想の夫婦について堤さんは、
劇中の相手の好みに合わせるシーンに感銘を受けて、
夫婦っていいなと思ったとか。
あぁ、堤さん、お幸せなんですね。

黄泉の国で出会いたい人について堤さんは
亡くなったお父さまとお酒を酌み交わしたいとおっしゃいます。
切ないような、心がぽっと暖かくなるような・・・
きっと天国のお父さまも同じことを考えているんじゃないでしょうか。


そして、映画の試写で感動した堺さんが
高畑さんの手を握りたくなったというところで、
高畑さんも「握ってくれればよかったのに」とおっしゃったことは
以前の記事にもありましたが、その後に、
「堺さんは堤さんの手を握ればよかったんじゃないですか」
とおっしゃったんですね(笑)
docomoのCM発表会でも堤さんに、
「電話をかけないで」とおっしゃいましたが、
なかなか厳しいですね、高畑さん (^^ゞ

そのあと、堤さんが
「僕と堺さんも手を繋いで、いっそ三人で手を繋げば、ね」
と真面目におっしゃったのかな?
色々な記事を繋ぎ合わせて読んでみると、
少しずつ全容が掴めてきますね (*^-^*)



docomoのCMでは、
大人の女の魅力で堤キャップを骨抜きにしたみつきちゃん。
このお二人が、どんな顔を見せてくれるのか楽しみですね。


朝日新聞でも
広告として映画のノベライズが掲載されています。
11月11日は堤さん演じる本田さんのシーンでした。
20171111-1.jpg

映画公開まで続くのでしょうか?







DESTINY 鎌倉ものがたり 9  ワールドプレミア

堤真一さんが編集者・本田を演じる、
12月9日公開の山崎貴監督

「DESTINY 鎌倉ものがたり」

本日、
東京国際フォーラム ホールCにおいて、
ワールドプレミアが開催されたそうですね。

20171107-1.jpg

いらっしゃった方、いいなぁ~~(≧∇≦)


イベントについていろいろ記事が出ていますが、
堤さんのコメントが載っていたのはこれ。
「シネママニエラ」


記事によると、
堤さんの撮影期間は5日だったそうです。
「海賊」と一緒で、
撮影期間は短いけれど、
きっと良い役どころなのではないかと思います。


明日の朝の情報番組にも堤さんのお名前がありますが、
コメントが流れるのかなぁ…



Twitterなどでもうすでにネタバレされていますし、
先日の拙ブログにコメントくださったhatomiさまのように
公式サイトなどでお気づきの方も多いかと思いますが・・・


続きは畳みます。

ネタバレNGの方はクリックしないでくださいませ m(__)m

DESTINY 鎌倉ものがたり 8

堤真一さんが編集者・本田を演じる、
12月9日公開の山崎貴監督
「DESTINY 鎌倉ものがたり」

先ほど、仕事のついでにシネコンによって、
フライヤーをいただいてきました (*^-^*)

見開きの豪華版ですよ。

まず、表表紙と裏表紙。
20171013-2.jpg
本田さん、高畑充希さん演じる亜紀子さんのお隣です。

せっかくなので大きくしてみました。

20171013-3.jpg

あぁ、余命幾ばくもない役なのに、
こんなに明るい表情で天を仰いで・・・
余計にせつないですね (´;ω;`)

血管の浮き出た手と、結婚指環がみよごん的萌えポイントです (≧∇≦)



こちらは見開き。

 20171013-1.jpg

公式サイトと同じ内容です。

で、やっぱり気になるのが、本田さんの位置。
20171013-4.jpg

角です。

本田さんの見せ場が多いと良いですね (*^-^*)




山崎監督も、ちょいちょいツイートして下っています。




本田さんの出番はどのあたりまであるのでしょう?

前半まで?それとも中盤?

もしかして、
グリーンバック大暴走まで?


DESTINY 鎌倉ものがたり 7

12月9日公開の山崎貴監督
「DESTINY 鎌倉ものがたり」

20170925.jpg


公式サイトがリニューアルされたということなので、
覗いてきました。


あの、
登場人物が横一列に勢ぞろいしたお写真、
ご覧になりましたか?

堤真一さんが演じる、
主人公・一色正和先生の
腐れ縁の編集者・本田さん。

手が緑!魔物の手です!!

一色亜紀子さんの肩にかかる
オレンジの手はどの魔物の手?

集合写真では
バッチリ主役の一色先生のお隣をキープ!

人物相関図の後ろに流れる
大きいサイズのスチールにも
本田さんと亜紀子さんの姿。


これは本田さん、
この物語のキーパーソン?!



そして、本田さんには
奥様(市川実日子さん)がいらっしゃって、
女のお子さんもいるんですね。

でも、本田さんは余命わずかな役だから…
考えただけで泣けてきてしまいます (›_‹)




思いのほかファンタジーで面食らっておりましたが、
期待しています (*^-^*)

DESTINY 鎌倉ものがたり 6

12月9日公開の山崎貴監督
「DESTINY 鎌倉ものがたり」


主題歌は
宇多田ヒカルさんの「あなた」だそうです。

一色先生の奥さま役・亜紀子を演じる高畑充希さんは、
朝ドラの主題歌も宇多田さんだということで、
ご縁があるんですね。

みよごん的には「春の雪」の主題歌
宇多田さんの「Be My Best」で号泣したことを思い出します。



堤さんの役名などは発表されませんでしたが、
な、なんと!!
20170925-2.jpg

余命わずかな編集者 。゚(゚´Д`゚)゚。


20170704-4.jpg
こんなにお元気そうに見えたのに・・・


20170704-3(2).jpg
では、この慟哭も…?

えぇ~!! ヤダヤダ (´・д・`)



でも、
亜紀子さんも黄泉の国に行っちゃうらしいし、
堤さんが演じる編集者さんには、
何か特別な役どころがあるのかもしれませんね。







新しいポスターも10月7日から掲示されるそうです。
20170925.jpg

堤さんのお写真、大きくしてみました。
20170925 (2)


新しく発表された予告動画はこちら


「鎌倉ものがたり」の公式サイトはこちら。


そうそう!
試写会の募集も始まっているようです。

キャスト舞台挨拶付き完成披露試写会
11月7日(火)17:45会場18:30開演
東京フォーラムC

現在発売中の
「ぴあMovieSpecial秋号」「日本映画navi」に応募券がついているそうです。



それにしても、
「鎌倉ものがたり」って
ここまでファンタジー寄りだったのかと、
予告動画を見て驚くみよごんでした (^^ゞ



本能寺ホテル Blu-ray到着

堤真一さんが織田信長公を演じた
映画 「本能寺ホテル」

8月2日の発売より一足早く、
我が家に届きました。
20170801-1.jpg



早速、オーディオコメンタリー聴きました (*^-^*)

おもしろかったです(≧∇≦)


発売早々、
ネタバレしてはいけないので自粛いたしますが、
堤さんのお幸せな様子が聴けたり、
堤さんがそのシーンごとに
感じた事や、表現したいことをお話になっていて、
ふむふむ、と頷きながら拝見しました。

そして、ますます、
堤さんが演じたお館さまに惚れ直し、
堤さんの魅力を再確認いたしました。


天下の「堤真一」でありながら、
垣間見られるその素顔には、
ごくごく普通の感覚を持ったひとりの男性がいて、
そういう人が演じるからこそ、
歴史上の英雄にもリアルな存在感が生まれるのだなぁと
感慨無量です。

また、
夏の京都の暑さについて語るときには、
エキストラさんへの心遣いもあって、
心が温かくなりました (*^-^*)

かく云うみよごんもお手伝いに行きました。
チラリと自分が映っているシーンを見るたび、
神聖な森の中でお館さまの凛々しい姿を拝見した時の、
衝撃と感動を思い出します。

あのお姿は堤さんではなく、
正しく「織田信長」そのものでした。

本能寺に向かうその後ろ姿が
雄々しく切なく、
胸が締め付けられました。



そうそう!
オフィシャルインタビューで堤さんが
「映画を見た後、一歩踏み出す気持ちになれれば」
と仰っているのですが、
ふと気がつけばみよごん、
最近、積年の夢に向かって一歩踏み出していました。

もしかしたら、映画の影響だったのかもしれません。
映画のラスト近く、鴨川の土手に
繭子ちゃんとお館さまが腰かけているときの
お館さまの笑顔が大好きなので、
今日も観ていて泣いてしまったのだけれど、
あたかも、
お館さまがみよごんに微笑んでくれているような、
励ましてくれているような、
そんな妄想にどっぷりはまってしまいました (^-^;。




これからは、いつでも好きな時に
お館さまのお優しい笑顔にお会いできると思うと、
とっても嬉しいです (*^-^*)