FC2ブログ
2018_02
27
(Tue)11:10

近松心中物語  WOWOW放送

堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん
いのうえひでのりさん演出

「近松心中物語」


4月28日土曜日
午後5時30分より
WOWOWライブで放送決定!!











取り急ぎお知らせです(^^)/


スポンサーサイト
2018_02
19
(Mon)00:30

近松心中物語 千穐楽

堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん
いのうえひでのりさん演出

近松心中物語
20180218-1.jpg

昨日、遂に千穐楽を迎えました。



みよごん、初日、中日、千穐楽と拝見しました。
奇しくも、
SS席(ほぼ中央) S席(サイド) 1階A席(ほぼ中央)と
席種が全部違ったのですが、
な、なんと!!
A席が一番舞台が美しく見えました。

舞台の奥の奥までずっと見渡せて、
す~~っと吸い込まれてしまうような感覚がしました。


オープニングの照明に照らされる
クルクル回る数えきれないほどの赤いかざぐるまの
なんと妖しく美しかったこと!

舞台上を行き交うたくさんの役者さんたちも、
立体的に躍動感あふれて見えました。
舞台を降りて客席を抜けていく役者さんたちの迫力も
充分感じることができました。

池田成志さん演じる与兵衛さんが、
客席後方へ駆け抜けた後、
舞台の奥から現れる、
堤真一さん演じる忠兵衛さんの立ち姿の美しさと言ったら…

小さな頭にすらりと伸びた長い手足。
前回も書きましたが、
文楽人形のようでした。
廓の喧騒にそぐわない、
素朴で純粋で孤独な雰囲気を身にまとう様子に
思わずうっとり。

宮沢さん演じる梅川に誘われるまま
廓の二階に上がって行く忠兵衛。
階段を撫でてゆく、
梅川のお引きずりの裾と忠兵衛の羽織が
なんとも言えず、しどけなく美しい。

そして、
最後のクライマックス…

すこし上から見下ろす心中シーンの美しさと迫力は、
また格別でした。


強い光に照らされたふたりの姿は、
命の輝きと喜びに満ち溢れていました。



忠兵衛の、梅川の、与兵衛の、お亀ちゃんの
心に残る科白の数々も忘れられませんね。







四人が街の喧騒に消えてゆき、幕が下りても
鳴り止まない万雷の拍手。
いったいどのくらいの時間が過ぎたのか…
流れ続ける石川さゆりさんの歌声。
音楽が盛り上がるたび鮮やかに蘇る観劇の興奮。

そこで、

舞台下手から
宮沢りえさん、堤真一さん、池田成志さん、小野武彦さんの姿が!

宮沢さんは衣裳のまま、
堤さん池田さん小野さんは、
すでに、浴衣にかつらをとっていらっしゃいました。
観客の拍手に根負けして出てきてくださったのでしょうか?

みなさんが舞台中央に着くころには、
観客の全員が立ち上がっていました。

優しい笑顔で
観客全員のスタンディングオべーションに、
手を振って応えてくれました。

さようなら、忠兵衛さん、梅川さん、与兵衛さん、お亀ちゃん。

春にWOWOWで再会できる日を楽しみにしています。




ロビーもステキな空間です。
20180218-3.jpg
また来たい・・・

20180218-2.jpg
今日はブッフェでサンドイッチをいただきました(*^-^*)


2018_01
28
(Sun)23:16

近松心中物語 ふたたび

堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん
いのうえひでのりさん演出
近松心中物語
再び観てきました。


初日は2列目のセンター(SS席)でド迫力の演技を満喫。
今回は15列のサイドブロック(S席)
センターブロックだったらもっと良かったとは思うけれど、
舞台全体が見られて、大満足です。
個人的な感想としては、
SS席より、S席が観やすいんじゃないかなぁ・・・?

そして、
忠兵衛(堤)さんも、
すっごくステキに見えました。

頭がちいちゃくって、細面のお顔に髷がお品良く、
撫で肩のスラリとした体と長い手足が、
まるで、文楽人形のよう!

遠景に映えるそのお姿は、
まさに、二枚目!!

さらりさらさらと、
羽織を脱ぎ着するところなんか、
惚れ惚れしてしまいます(≧∇≦)


初日に拝見した時は、
忠兵衛(堤さん)×梅川(宮沢さん)より、
与兵衛(池田さん)×お亀(小池さん)が印象に残るお芝居でした.
でも、今回は、
二枚目コンビの美しさが際立っていました。


クライマックスの心中シーンも、
初日は近くで見る大迫力に圧倒されるばかりでしたが、
今回は、その美しさに息をのみました。



なんであんな寒い所で襦袢になってしまうのか、
初日に見た時から疑問に思っていたものの、
絶望の現実から、至福への旅立ち、
空蝉の衣を脱ぎ捨てるということで良いのかな?






強い光に照らしだされる、
鮮やかな色彩の世界。





それは、
燃え盛る情念なのか、
それとも、
一瞬の命の輝き、
はたまた、
恍惚の瞬間。


あの時、忠兵衛が見たものは?




不思議な幸福感と
死への妖しく甘美な香りに満ちた、
なんとも官能的なシーンでした。


何度観ても良いですね(#^.^#)








そして、そして、

初日以上に、泣いた、泣いた…


ストーリーを知っているせいか、
感情がお芝居に乗って乗って、
堪りませんでした (^^ゞ

お亀ちゃんの言葉に、
梅川の言葉に、
忠兵衛の一言一言に、
涙が溢れました。

忠兵衛と梅川、
出逢わなければ、穏やかに生きて行けただろうに・・・

でも、
こんなにも人を好きになれたら、
本当に幸せだと思います・・・








この舞台、映像として残るようですが、
どんな編集になるのか楽しみです。




舞台の音声について色々な意見があることを
小耳にはさんでおりましたし、
私も初日は聞き取りにくいと思っておりましたが、
まったく違和感なく拝見しました(*^-^*)

堤さんのお声、良く通ってステキでした(≧∇≦)


2018_01
11
(Thu)03:10

近松心中物語 初日観劇

いのうえひでのりさん演出
堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん

「近松心中物語」
観てきました!!



20180110-7.jpg


15分の休憩をはさんで上演時間は2時間30分。
20180110-7 (2)
ほぼ定刻通りに終わりました。  


パンフレットはB5版(右側) 千円です。
20180110-5.jpg
お芝居の背景の理解を深める記事や、
稽古中のお写真も満載です (*^-^*)




そして、

お芝居、素晴らしかったです

鮮やかで、儚くて、
可笑しくて、切なくて…


どっぷりとお芝居の世界に引き込まれ、
たっぷり涙を流してしまいました。




堤さんは
梅川との出会いで瞬く間に変わって行く忠兵衛を
鮮やかに演じていらっしゃいました。

圧巻はあの一言!

それは悲しく残酷な言葉であるのに、
聴いた途端に、
この言葉こそが待ちわびていた言葉だと思い知りました。
どんな美しく希望に満ちた言葉より、
甘美で暖かな幸福感に満ちていました。

堤さんはインタビューで
「愛を貫くために死を選ぶ」という決断が、
現代のお客様に果たして納得していただけるのか・・・
と仰っていましたが、
ものすごく納得しました。
というよりか、そのセリフを聴いた途端
涙が止まらなくなりました。


宮沢りえさんは美しさもさることながら、
辛い運命を生きる人間の芯の強さを感じさせました。

池田成志さんの可笑しさと哀しさは絶品でした。
小池栄子さんの可愛さと切なさには泣かされました。



死があるからこそ生が輝くように、
男がいるからこそ女が輝き、
女がいるからこそ男が輝く。

   
心に深い余韻を残すお芝居でした。


劇場からの帰り道、
冬の夜の冷たい空気に凍えながら、
お芝居のクライマックス、
雪の降りしきる新口村(にのくちむら)の暗く深い谷間で、
あの二人はどんなに寒かっただろうと、
思いを巡らせては、ため息を吐きました。



みよごん、今回すごく前の方の席で、
堤さんの演技を間近で観られて大満足でしたが、
奥行きの深い舞台を生かした演出や、
照明を駆使した演出などは、
もっと後ろの席でなければ堪能できなかったな、
と思いました。
逆に、
劇場の最後列でも十分楽しめる演出だと感じました。





う~~~ん、
もっともっといろいろ書きたいけれど、
まだ初日なので自粛します(›_‹)


また次回観劇したおりなどに、
追々、書き足していきたいと思いますm(__)m







2018_01
09
(Tue)09:21

近松心中物語 明日初日!

あぁ~!

いよいよ、明日
堤真一さん×宮沢りえさん
いのうえひでのりさん演出の

「近松心中物語」

初日の幕を開けます

20170829-1.jpg


1年余りの時を経て、
堤さんが舞台に戻って来る!!!!!




髷を結い着物を着た、
若旦那のいで立ちで、
宮沢さん演じる美貌の遊女・梅川と
運命の恋におちる!


あぁ!
早く観たいっ!



イメージソングの石川さゆりさんが歌う
「こゝろ花」

公式サイトでは1番が聴けますが、
カラオケでは最後の歌詞までみられます。


”はらり、ほろり”
”ひらり、ふわり”

儚い美しさと、


”二度と戻れぬ、常の道”
”あなたがいればこわくない”


深い情念が心に沁みてくる歌詞です (›_‹)



この歌が、
女の情念を歌わせたら天下一品の
石川さゆりさんの歌声で
劇場に流れるんですよね。

直球です



ええ~いっ!

みよごん、
どんな剛速球も受け止める
こころとからだの準備はできました!
どんな?


明日は、
劇場の雰囲気にどっぷりとつかり、
お芝居の世界に身も心も委ねてまいります!!




2018_01
05
(Fri)14:12

もうすぐ「近松心中物語」♪

堤真一さん×宮沢りえさん
いのうえひでのりさん演出
「近松心中物語」
初日まで、1週間を切りました (≧∇≦)

昨日はシアターガイドを読みました。
毎日新聞にもいのうえさんのインタビューが載りましたね。

今までの堤さんの雑誌インタビューは
お芝居の稽古が始まる前の物でしたから、
今回のは読みごたえがありました。
堤さんは全集を揃えられたりと、
大変勉強家なんですね。
ネイティヴの関西弁だからこそのセリフのご苦労とか、
興味深かったです。


で、
いのうえさんの演出のお話が面白い!


梅川との出会いによってパッと弾ける忠兵衛。
「あぁ!やっちゃったー!」となる封切りのシーン。
五社英雄監督を意識した
コントラストの強いダイナミックできれいな絵作り。
岩代太郎さんの切なくて美しい音楽。



これを堤さんが演じてくれるなんて、
もう、今から心臓がバクバクします (≧∇≦)





いのうえさんが演出してくれる堤さんはみんなカッコ良かった!!

野獣郎 坂上田村麻呂 松永誠一郎 天晴 飛車角
今回も楽しみ(≧∇≦)




新しい「伝説」の誕生を期待しています(*^-^*)






2017_11
04
(Sat)22:31

近松心中物語  アクセルとブレーキ

堤真一さん×宮沢りえさんの
「近松心中物語」


20170829-1.jpg


雑誌や新聞にお二人のインタビューが載っていますね。

何度も読み返しながら、
一番印象に残ったのが、
堤さんの「アクセルとブレーキ」

演出家のデイヴィット・ルヴォーさんから
お芝居の稽古中に
「アクセルを踏みながらブレーキをかけている」
と言われたとか。

いつも疑いながら生きているとおっしゃる堤さん。



う~~ん、なんかわかる感じがする。

常に、
大いなる葛藤を内に秘めているんですね。

演じている「堤真一」を見る時に感じる、
あの、ザワザワ感。

放っておけないというか、
目が離せないというか・・・

トーク番組などで見せる、
気さくな関西のおいちゃんキャラが
素の堤さんかと思いきや、
実はそれも世を忍ぶ仮の姿?

そして、
堤さんと宮沢さんが互いに寄せる信頼感。

お二人は本当に心を動かしながら演じていらっしゃるんですね (≧∇≦)


 
これから始まる稽古で、
どんな作品を作り上げてくださるのか、
ドキドキ ワクワクです。




来週のチケット一般発売を前に、
みよごん、3公演確保しました。
かぶりつき、中ほど、全体を見渡せる席と
図らずも3種類揃いました。

WOWOWで過去の出演作がめじろ押し、
もふもふモフモフもあり、
名刺ゲームが始まり、
鎌倉ものがたりも公開。

これからどんどん寒くなって行きますが、
気持ちはどんどん高まって行きます (*^-^*)





2017_10
22
(Sun)17:49

近松心中物語  インタビュー

先日、
読売新聞の夕刊に掲載されたインタビューでしょうか?
ネットでも読めるようになりました。


『近松心中物語』堤 真一インタビュー
「これはもう、いのうえさんの演出が頼り」
20171022-10.jpg

インタビュー記事はこちら。


堤さんは心中する気持ちがわからないとおっしゃっていますが、
相手の男性が、堤さんが演じる忠兵衛なら、
そんな気になっちゃうんじゃないかと思います。
みよごんにはわかる!!

「修羅」の時は、
宮沢りえさん演じるおとよが、
堤さん演じるステキな飛車角がいるにもかかわらず
帰りを待てずに、
岡本健一さん演じる宮川に走っちゃうんですが、
宮川も良い人だけど、
みよごん的には全然理解できなかった(苦笑)


「堤真一」が演じる
真面目すぎるカタブツの男。
道を踏み外し葛藤する男。
走り出したら止まれない不器用な男。

う~~ん、早く観たい (≧∇≦)

そんな馬鹿正直な男が
遊女・梅川に一目惚れするシーンは?

想像するだけでゾクゾクします (≧∇≦)



あちこちで「近松」の先行販売がありますね。

詳しくはこちらのページから各チケット会社ページで確かめてください。

みよごんも先日のイープラスの先行で
やっとSSをゲットしました。
一般販売の日に用事があって買えないので、ホッとしました。
思わす席番号を二度見するくらいの良席で、
堤真一の会の惨敗からやっと立ち直れました (^^ゞ
現在、もう一公演申込中です。



2017_10
08
(Sun)14:47

近松心中物語 チケットゲット!

堤真一さんが
飛脚屋の若旦那・忠兵衛を演じる

「近松心中物語」


堤真一の会の会員のみなさま、
本日の首尾はいかがでしたでしょうか?


みよごんは予測通りの苦戦を強いられました(涙)
夢のSS席は取れませんでしたが、
とりあえず1公演ゲット (*^-^*)


20171008-1.jpg


また、スケジュールとお財布の様子を見ながら、
夢のSS席にチャレンジしたいと思います (^^)/


今日は開始1分で一度繋がって、
でも次の画面に行けなくて、
そんなことを数回繰り返し、
やっと15分過ぎぐらいに繋がって、
そこで痛恨のメルアド打ち間違えミスを犯し・・・
もしここで、順調にいっていたら、と思うと慚愧に耐えません(泣)



さて、「近松心中物語」
忠兵衛と梅川、与兵衛とお亀が
どのように観る者の心を揺さぶるのか、
今からワクワクです(≧∇≦)

「修羅」の時も、
劇場に一歩足を踏み入れた途端、
独特の世界観に圧倒され、
一気に物語の世界に連れていかれたことを思い出します。

「近松」も、
劇場全体を呑み込む、
「純愛」と「情念」の世界を
心ゆくまで観せていただけると期待しています。


公式サイトより少し詳しいあらすじが
ディップス・プラネットで読めます。


あぁ 来年まで待ちきれない (›_‹)






2017_10
03
(Tue)21:05

近松心中物語 公式サイトオープン!!

堤真一さんが
飛脚屋の若旦那・忠兵衛を演じる

「近松心中物語

20170829-1.jpg



公式ツイッターと公式サイトがオープンです





公式サイトの堤さんのメッセージを拝見すると、
このお芝居を通じて、
現代ではなかなかないものかもしれない「純愛」を伝えてくださるとか…


えぇ~っ!
堤さんと宮沢さんが「純愛」を伝えてくださる!?

そう思っただけで、
もう、みよごんの頭の中は訳の分からないイメージが渦巻いて、
泣きそうになってしまいました ((((;゚Д゚)))))))




それから、
公式サイトのチケットぴあをクリックしたら、
S席のぴあシートなるものが出てきましたよ。

どうやら、ぴあの会員のための良席だそうで・・・
ということは?
ぴあで普通のS席を購入すると、
良い席ではないっていうこと?



あぁ、いっそのこと、
もっと席区分が細かく分かれていたら諦めがつくのに!
と苦しみもがく、みよごんでした ((+_+))

2017_09
27
(Wed)22:09

近松心中物語  先行予約

堤真一さんが
飛脚屋の若旦那・忠兵衛を演じる

「近松心中物語」

20170829-1.jpg



SISの先行予約のお知らせが届きましたね (*^-^*)

今回は
電話がチケットぴあで、
WEBがイープラス。

先行予約も変化しているですね。

そしてどちらも先着販売。


う~~ん、どうしようか・・・
まず、先行予約当日は何の用事も入らないことを願うしかないですね。
あとは、パソコンの前で電話をかける。
いや、それでは足りない!
パソコンとスマホの前で家電をかける。
いや、家中のパソコンと家族全員のスマホと家電を総動員して!

でも、
そんな器用な芸当がみよごんにできるはずもなく…
きっと、繋がらないネットにイライラしつつ、
マウスをクリックし続けることになるのでしょう(泣)

あぁ、苦手なんです、先着販売っていうやつ…
「修羅」の時も苦戦しました。
全然電話がつながらなくて(涙)
SSが取れなくて、Sでした。
でも、センター席で観やすかったのですが・・・

今回だめでも、
きっと各チケットセンターの先行予約や、
一般前売りもあるだろうし、
もしかしたら、
座席指定で買えるかもしれないし、
あまり思いつめないで頑張ります!!

どうか、チケット取りの女神さまが微笑んでくれますように (›_‹)






みなさまのご武運をお祈りいたします m(__)m



2017_08
29
(Tue)08:47

近松心中物語 フライヤー

堤真一さんが飛脚屋の若旦那・忠兵衛を演じる
「近松心中物語」

昨日(28日)に、公式サイトで詳細が発表され、
フライヤーの表がどうなっているのか気になっておりましたところ、
ツイートしてくださっている方がいらしたので、
こちらにも貼らしていただきます。






堤さん×宮沢さん×いのうえさんの「修羅」の時は、
濃い色彩で、生々しい情念を感じるビジュアルでした。
それに対して今回は、
モノトーンで清冽な印象ですね。
どんな演出になるのか、楽しみです (*^-^*)
2017_08
28
(Mon)20:02

近松心中物語 詳細発表!

堤真一さんが飛脚屋の若旦那・忠兵衛を演じる
「近松心中物語」

詳細が発表されました!!

公演期間は
2018年1月10日(水)から2月18日(日)
全46公演。

1月31日にはカメラも入ります!!!!
wowowかな?NHKかな?

チケットの一般販売は11月12日(日)から。

SS席 ¥10500  S席 ¥9500
A席  ¥7000   B席 ¥5500

キャストには小野武彦さんが入っていらっしゃいます。
「るつぼ」のとき、抜群の安定感があって素敵でしたよね。



詳しくは公式サイトをどうぞ。

フライヤーの表がどうなっているのか、
とっても気になりますぅ~ (>_‹)



あぁ、何回行けるか、
スケジュールとお財布との相談です ((+_+))



2017_06
27
(Tue)21:41

近松心中物語

2018年1月中旬から2月上旬
新国立劇場・中劇場にて
いのうえひでのりさん演出
秋本松代さん作

「近松心中物語」
堤真一さんが出演なさいます



新しい舞台情報がなくって飢餓感に苛まれていた心が、
じわじわと癒されていくような気がします。


「近松心中物語」といえば
昨年ご逝去になった蜷川幸雄さんが
何度も演出された作品ですよね。
もし御存命だったら、
今年の1月に彩の国さいたま芸術劇場で上演される予定でした。


その作品が
いのうえひでのりさんの演出で、
堤真一さん、宮沢りえさんで来年上演されるんです!!

堤さんが演じるのは飛脚屋の若旦那・忠兵衛。
上方の色男で、
初演では平幹二朗さんが演じました
宮沢さんは忠兵衛に一目惚れされる遊女・梅川。
こちらの初演は太地喜和子さんでした。

あぁ・・・もう、想像しただけで、息が苦しい…


そして、
いのうえさん、堤さん、宮沢さんといえば
「今ひとたびの修羅」ですよね。
今、そのDVDを見ながらブログを書いているんですが、
「今ひとたびの修羅」も「近松心中物語」も見どころは、
大量の雪が降るシーン。
同じ中劇場の奥行きのある舞台で、
どんな演出があるのか。
また、劇中歌というか、主題歌があるところも似ていますよね。
今回はどうなるのか。

堤さんが演じるのは、
べらんめえの侠客と上方の色男と全然違うタイプ。
でも、どちらも色っぽいんだろうなぁと思っただけでドキドキします。
町人風の髷を結って鯔背なお着物をお召しになって、
どんな若旦那振りなのか。
どんな悲恋を魅せてくれるのか。
妄想が膨らんじゃって止まりません (›_‹)


堤さんの朴訥フェロモンを
よ~~っくご存知のいのうえさん。

きっと期待を裏切らない演出だと、
大いに期待しています。



詳細は8月末に発表だそうですね。

チケットの一般発売は11月上旬だそうです。



スケジュールを空けて、
チケット代貯金しなくっちゃ!!!



詳しくはSISのサイトをどうぞ。