FC2ブログ
2019_05
21
(Tue)00:00

応援映像

6月14日公開の
「泣くな赤鬼」

本日の「5時に夢中」のご出演と、
完成披露試写会を前に、
昨日引退を発表なさった上原浩治さんはじめ、
桑田真澄さん、仁志敏久さんという、
野球界の大御所の方々から応援映像が
公開されました。

ああ、そうか!
「赤鬼」は野球を題材とした映画だったんですね。
でも、
どんな部活やスポーツ、
いえ、スポーツに限らず、
教師と生徒がいるところには、
普遍的にある問題を描いているので、
野球を知らなくても、
安心して観られる映画だと思います。



みよごん的には、

20190521-2.png
白Yシャツで、

20190521-3.png
職員室のデスクに座る、
10年前の
カッコいい国語教師の小渕先生にはドキッとし、


20190521-1.png
ごく一般的な家庭で
ちょっと疲れている小渕お父さんは
なんだかとってもリアルで、
ジワッときました。











スポンサーサイト
2019_05
19
(Sun)11:34

あちらこちらで

昨日は「ヴェネチア」の一般発売でしたね。
チケット完売だそうで何よりですが、
みなさま確保できましたでしょうか?
みよごんは「会」で購入したので今回は参戦しませんでした。
もう発券できるんですよね。
でも、「良い子」の時のショックが強く、
どんな席か怖くって発券に出かけられません( ;∀;)


さて、それはさておき、
あちらこちらで「泣くな赤鬼」
小渕隆さんにお会いしました。
「赤鬼」といえば川栄李奈さん、
ご結婚おめでとうございます。
お子さまも授かったそうですね。
映画では一足先にお母さん役だったので、
すごく自然な感じがします。
末永くお幸せに。

まず、
朝のシナリオ・ゼミの教室の前で、
20190518-1.jpg
おはようございますm(__)m

もう一月ほど前から置いてあるのですが、
優秀な先輩の中には、
堤さんが主演する映画の
脚本を書いている方がいらっしゃるという、
すんごい夢みたいな現実を目の当たりにして、
励みになるというか…
遠い目をしながら教室に入る今日この頃です (^^ゞ


夜は松坂桃李くんの
「居眠り磐音」を観に行きました。

シネコンの廊下には
20190518-3.jpg
師範の「ファブル」と「アラジン」に挟まれて。


20190518-5.jpg
こんな大きな垂れ幕も!


勿論映画本編の前に
「泣くな赤鬼」の予告編!
久し振りに大きなスクリーンで
小渕先生にお会いしました(*^-^*)

その後、
「決算!忠臣蔵」の予告編も流れました。
さっき(赤鬼)の堤さんと全然違うので、
笑っちゃいました。


映画館では
堤真一まつりが始まっています(*^-^*)

2019_05
15
(Wed)13:58

来月は「泣くな赤鬼」

「良い子」も終わり、
次は
6月14日公開
「泣くな赤鬼」

主演を務める
堤真一さんにお目にかかる機会も増えてきました。

来週5月21日㈫
東京MXの「5時に夢中」にゲスト出演!
火曜日はハコちゃんこと
岩下尚史さんがコメンテーター。
前回、堤さんがご出演なさったのも火曜日。
忘れもしない2017年11月21日、
「名刺ゲーム」の前でしたね。
いろいろなお話が聴けて楽しかった(*^-^*)
今回はどんなお話が飛び出すのかな?
ちなみに前回のご出演の様子はこちら。

番組が終わると、
新宿のバルト9で完成披露試写会ですね。
いらっしゃる方、楽しんできてください!
みよごん高崎で拝見してきましたが、
人間「小渕隆」の存在というか
体温まで感じるような映画です。
個人的な意見としては、映画の宣伝文句として、
「鬼泣き」なんて煽るのはどうかな、
と思うんですが、
結局、泣けて泣けて・・・
教師って何なんだろう、
親って何なんだろう、
夫婦って、友達って、ライバルって、
死ぬって、
そして、生きるって…
いろいろなことを考えさせてくれる作品です。



雑誌・TVステーション 12号
5月29日(水)発売には
堤さんのインタビュー記事が載るそうです。
雑誌のサイトはこちら。

そして、放送日は未発表ですが
土曜日朝7時半からの
「サワコの朝」にもご出演予定。
たぶん、再来来週あたりかな…



あ、それから、
制作にテレビ東京さんのお名前があったので、
何か番宣があるかもしれませんね。


小耳に挟みましたら、
こちらにも書き込みます(^^)/
2019_04
16
(Tue)21:25

泣くな赤鬼 メッセージ入り特別動画

6月14日公開
重松清原作
兼重淳監督
堤真一主演

「泣くな赤鬼」


堤さんのメッセージ入り
特別動画が公開されました。





みよごん、
一足お先に高崎映画祭で拝見したのですが、
この堤さんのメッセージと映像を見ていると、
その時の感動が鮮やかに蘇ってきます。

この堤さんの表情を見ているだけで、
万感の思いが込み上げます。




鬼泣き、
なんて煽らなくても、
充分伝わる映画だと思います。

公開になったら
また、
赤鬼(ブッチ)とゴルゴに会いに行きます。
2019_03
23
(Sat)22:52

泣くな赤鬼 高崎映画祭

6月14日公開
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」


高崎映画祭に行ってきました!!

20190323-11.jpg
高崎駅からバスに乗って高崎文化会館へ。

高崎映画祭のオープニング作品です。
20190323-0.jpg

ロビーには
映画で使われた
小道具やユニフォームなどが
展示されていました。

続きを読む »

2019_03
14
(Thu)22:29

泣くな赤鬼 情報解禁!

6月14日公開
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」

情報が解禁されました(*^-^*)

まずポスター。ツイッターからお借りしてきました。
20190314-1.jpg
堤さんが、ふ、ふ、太い・・・



みよごん、この映画の制作が発表された時
いてもたってもいられず原作を読んだのですが、
ゴルゴ(柳楽さん)と再会した赤鬼こと小渕(堤さん)は
「メタボン」と呼ばれるほどに変貌していたことになっています。
これって、堤さんは役作りで増量したっていうことでしょうか?

「民衆の敵」の時はスッキリ爽やかなお姿だったから、
その後、また減量なさったのかな?


20190314-2.jpg
でも、ユニフォーム姿がお似合い(≧∇≦)




ムビチケは4月19日から発売。

公式サイトもオープン!!

ツイッターも開設!


早くご覧になりたい方は、
3月23日(土)に高崎映画祭の
オープニング上映があります!
行こうかどうか悩み中・・・



そして今、
「もふもふモフモフ」の最終回を鑑賞中(涙)

追記・4月29日(祝・月)午後6:05
「もふもふモフモフ」の特番やるって

Shinichi Tsutsumi
will return.

(≧∇≦)
2019_02
15
(Fri)22:49

泣くな赤鬼 特別先行上映

このところ、
ちょこちょこといろいろな情報が
流れてきていますね。

まずは、
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

6月14日公開予定の
「泣くな赤鬼」
20180719-1.jpg

3月23日(土) 午前10時から
高崎市文化会館において
高崎映画祭での
オープニング作品として、
全国初上映されるそうです!


2月16日から前売り券が発売になるそうです。

詳しくは第3回高崎映画祭のサイトをどうぞ


あぁ、早く見たい(≧∇≦)



2019_01
30
(Wed)10:04

泣くな赤鬼 6月14日公開

堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」

20180719-1.jpg

6月14日(金)に公開です


堤さん演じる小渕隆の妻役に
麻生祐未さん。
柳楽優弥くん演じる
小渕の教え子で
余命半年の「ゴルゴ」の母親役に、
キムラ緑子さん。
ゴルゴかつてのライバル役に
竜星涼さん。


CINRA.NET
追加のキャストのみなさんのコメントが掲載されています。


麻生さんの堤さんに対する
「全員を受け止めてくれるような頼もしい方で、
キレよく、面白く、時々可愛い赤鬼でした」
というコメントに、
思わず「うんうん」と納得 (*^-^*)

キムラ緑子さんの
「彼が息子なんだと、
そのシチュエーションをイメージして、、、
ただそれだけを大事に演じました」
というコメントには、
みよごんも息子がいるので、
じ~~んとしてしまいました。

竜星涼さんは
「昭和元禄落語心中」で
生き生きと、キラキラと演じていらした方ですよね。
期待しています。



まだ、公式サイトは更新されていないようですが、
これからの情報公開が楽しみです (*^-^*)
2018_11
20
(Tue)20:12

泣くな赤鬼 完成

堤真一さん主演
「泣くな赤鬼」

兼重監督がTwitterで完成のお知らせです 





早く観たいなぁ~~

公開は6月の予定でしたよね。
映画のサイトや試写会、キャンペーン・・・
楽しみです (*^-^*)



2018_08
10
(Fri)10:03

泣くな赤鬼 来年6月公開!

堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」
20180719-1.jpg


上毛新聞の記事「泣くな赤鬼」オール群馬ロケ、によると
来年6月に全国公開される予定だそうです(*^-^*)
7日のロケ初日には、
堤さん演じる赤鬼が野球部員を熱く指導する場面だったとか。

上毛新聞といえば→「北関東新聞」→「クライマーズハイ」
いろいろイメージがふくらんでしまいますぅ(≧∇≦)



兼重監督のツイッターによると、

続きを読む »

2018_07
23
(Mon)08:39

原作を読んでみた

2019年公開予定
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督
「泣くな赤鬼」


いてもたってもいられず、
原作読んでみました。

20180723-1.jpg


本屋さんで買おうかな、とも思いましたが、
きっと、映画の公開間近になれば
堤さんや柳楽さん川栄さんのビジュアルの帯が付くんじゃないかと思って、
それを楽しみに今回はお預け。
図書館に行ってきました。






これ、

反則!!!

っていうくらい、泣かせてきます ( ;∀;)




それぞれの登場人物が、
重い葛藤を抱えているので、
嫌が応にも感情移入してしまいます。

フィクションとはいえ、
よくもまあ、
こんな残酷で悲しく美しい話が書けるのかと、
いえ、
書いて良いものなのか?と、
複雑な気持ちになりました。


でも、
キャスティングがピッタリで、
映画への期待が高まるばかり・・・





この短編に、
どんなエピソードを追加して、
どんなシーンがあって、
どんな台詞があって、
俳優さんたちがどんな演技をするのだろう、
と、想像するだけでドキドキします (≧∇≦)


柳楽さんは役作りで減量するのかな?
そして、
45才の時「赤鬼先生」だった主人公は、
10年後「メタボン」と呼ばれる設定ですが、
堤さんは増量するのかな?
いや、それはないでしょうから、
たぶん設定が変わるんでしょうね。
でも、そうとも限らないかも?\(◎o◎)/



2018_07
19
(Thu)11:25

「泣くな赤鬼」

   

  2019年公開予定
  重松清さん原作
  兼重淳さん監督

  「泣くな赤鬼」
  堤真一さん
  主演なさいます。

ヤッター!!(≧∇≦)

20180719-1.jpg


堤さんが演じるのは、
城南工業野球部監督・小渕隆。
陽に焼けた赤い顔と、
鬼のような熱血指導からついた呼び名が
「赤鬼先生」

その小渕先生の
熱血教師だった10年前と、
定年間近の疲れた中年を、
演じるそうです。

あぁ、どっちも堤さんにピッタリ!!


堤さんのコメントによると、
その二面性を佇まいで表現なさりたいとか!!

あぁぁぁ~ 早く観たいっ!!!



重松清さんの作品といえば、
堤さんがNHKで主演なさった「とんび」をはじめ、
心の奥深くが共鳴してしまう作品が多いですよね。
今作はもう期待しかありません (≧∇≦)



共演の柳楽優弥さんも川栄李奈さんも
捉えどころのない人間の内面が
そこはかとなく滲み出てしまう俳優さん。
とっても楽しみです。


クランクインは8月上旬。
群馬県高崎市周辺で行われるそうです。
灼熱の撮影必至ですよね。
真夏の京都で甲冑姿とか、
俳優さんってとっても大変なんですね・・・




詳しくは
modelpressさんの記事
映画ナタリーさんの記事
ほんのひきだしさんの記事
をご覧ください。