FC2ブログ
2019_05
10
(Fri)23:27

恋のヴェネチア狂騒曲 福田雄一氏インタビュー

7月5日~27日
新国立劇場 中劇場
カルロ・ゴルドーニ作
福田雄一上演台本・演出
ムロツヨシさん
堤真一さん、吉田羊さん
賀来賢人さん、若月佑美さん
「恋のヴェネチア狂騒曲」


福田雄一さんのインタビューが出ていますね。
福田雄一(上演台本・演出)が語る、ムロツヨシ主演舞台『恋のヴェネチア狂騒曲』の魅力

俳優さんの個性を生かして
台本を書いているそうです。
ムロさんはよりムロさんらしく。
賀来くんは、あんな賀来くんなのかな?
堤さんもより堤さんらしく、ということで、
今回、福田さんの堤さんのイメージは「クライマーズハイ」(爆)
「俺まだ」や「左江内さん」では三枚目の外見でしたが、
今回は「才原」のような
カッコいい外見ということで良いのですね。
ここ、大事です!

きっとアドリブコーナーもあるのでしょう。
毎日違うアドリブが繰り出されるのかな?
上品なコメディってどんな感じ?
じゃあ、下品なコメディって???


ともかく、期待しています(*^-^*)
スポンサーサイト
2019_03
11
(Mon)00:35

「恋のヴェネチア狂騒曲」 詳細決定!

カルロ・ゴルドーニ作
福田雄一上演台本・演出
ムロツヨシさん
堤真一さん、吉田羊さん
賀来賢人さん、若月佑美さん

「恋のヴェネチア狂騒曲」
詳細が決まったそうです (*^-^*)

7月5日(金)初日
7月27日(日)千穐楽
全28公演で、7月17日にはカメラが入ります

一般前売り開始日は5月18日(日)
SS席¥12,000、S席¥10,000
A席¥8,000、B席¥6,000

詳しくは公演サイトをどうぞ。


チケットの価格は、
やっぱりエリアでちゃんと差をつけなくっちゃね。


チケット取れますように・・・




そういえば、
今週の木曜日で
「もふもふモフモフ」は最終回だそうですね(涙)

シーズン2、期待しています(*^-^*)
2019_02
17
(Sun)16:03

恋のヴェネチア狂騒曲

2019年7月 新国立劇場 中劇場
カルロ・ゴルドーニ作
福田雄一上演台本・演出
ムロツヨシ
堤真一、吉田羊
賀来賢人、若月佑美

タイトルは
「恋のヴェネチア狂騒曲」
に決まったそうです。


やっぱり、題名によって
随分イメージが変わりますね(+o+)
古色蒼然とした中世の街角の風景が
太陽の明るい光が燦燦と降り注ぎ、
ゴンドラの浮かぶ川面が
キラキラと煌めく光景に変わりました。

船乗りの歌うカンツォーネ、
生き生きと働く大勢の水夫、
着飾って街を行くセレブ達、
馬車をひく馬の蹄の音、
ごとごとと石畳を転がる木の車輪。

中劇場の奥行きの深い舞台が、
どんな世界に生まれ変わるのかワクワクです。

そして、
どんな恋の騒動が繰り広げられるのか。

堤さんも中世風の貴族(セレブ)のお衣装を
お召しになるのでしょうか?
えっと、
みよごんはそんな堤さんを観たことがあるだろうか…(≧∇≦)



チケットの一般発売は
5月の中旬ということですが、
「良い子」が終わるとすぐなんですね。

その前に各種先行があるでしょうから、
チケ取り頑張ります!!

公演期間が長ければ、
2回ぐらい行けるかな・・・



2018_12
05
(Wed)10:15

「2人の主人に仕えた男(仮題)」

SISのサイトから
堤真一さんの新しい舞台のお知らせです

18世紀、イタリア喜劇の代表作、
「2人の主人に仕えた男(仮題)」
Il servitore dI due padroni
2019年7月 新国立劇場中劇場

原作:カルロ・ゴルドーニ
上演台本・演出:福田雄一
出演:ムロツヨシさん 堤真一さん
    吉田羊さん 賀来賢人さん 若月佑美さん

一般発売開始は2019年5月中旬頃の予定のだそうです。


カルロ・ゴルドーニといえば
三谷幸喜さんが演出した
大竹しのぶさん主演の
「抜け目のない未亡人」もそうでしたね。
すごく面白かった(≧∇≦)
「2人の主人に仕えた男」は
邦題では「アルレッキーノ」とされることも多く、
あちらこちらで上演されているようですね。
ミラノ・ピッコロ座では看板演目で、
「アルレッキーノ・二人の主人を一度にもつと」
として上演されているようです。

今作は、
ムロさんが主役ですね。
二重にお給料をせしめようと、
二人の主人につくのだけれど、
それをばれないようにするドタバタ喜劇、というところでしょうか。
ウィキなんかでみてみると、
二人の主人が堤さんと吉田さんで、
それは実はただならぬ仲で・・・
賀来さんと若月さんは若い恋人?
イタリア語なんでグーグル翻訳で読んでも
さっぱり見当がつかないんですが、
福田さんがどんな脚本でどんな演出をしてくるのか、
楽しみです。