FC2ブログ
2019_06
03
(Mon)21:55

死と乙女 公演サイトオープン

宮沢りえさん×堤真一さん×段田安則さん
「死と乙女」

公演サイトがオープンです!


20190603-1.png

すごい写真ですよね…
この張り詰めた空気は何なんでしょう。

瞼を閉じた宮沢さんの脳裏に浮かぶ物は
遠い過去の記憶?それとも・・・
胸の内に渦巻く想い、速くなっていく呼吸。

段田さんの
真っ直ぐな視線の
その先にあるものは?


そして、
堤さんの虚ろな眼差し…
迷い?疑惑?懼れ?
そのポケットに隠しているものは?


もう、たまりません (›_‹)








あぁ、チケット取れる気がしません(涙)
「会」の先行販売はないとか・・・

マチネ2時にソワレ6時、
マチネ3時にソワレ7時って、
もしかして、公演時間が短め?




それにしても、
「赤鬼」の公開を控え、
「ヴェネチア」の稽古が始まり、
「死と乙女」の詳細発表。

みよごんは観に行くだけですが、
それでも、
なんか大変な気持ちになってきます。






スポンサーサイト
2019_04
06
(Sat)21:24

死と乙女

みなさま、
今日はお疲れさまでしたm(__)m

SSを巡る戦いはいかがだったでしょうか。
残念ながら、みよごんは敗戦です・・・が
希望日が取れたのでよしとします(*^-^*)

で、
戦いの興奮も冷めやらぬうちに、
また新しいお知らせが!



アリエフ・ド―フマン作
浦辺千鶴翻訳
小川絵佐梨子演出
宮沢りえ×堤真一×段田安則

「死と乙女」
9月中旬から10月中旬シアター・トラム
10月中旬 サンケイホールブリーゼ

「死と乙女」って
シューベルトの作品は知っていたので、
耽美的な作品なのかな?と思ったら
大間違いなのですね!!

舞台は南米の独裁国家。
「良い子」と設定が似ていますね。
レイプを扱った作品で、
トラウマに苦しめられるポリーナ(宮沢さん)が
自分を凌辱したと信じる医師ロベルト(たぶん段田さん)に
復讐するという話らしいです。
ポリーナの夫であるジェラルド(たぶん堤さん)は
妻の暴走を食い止めようとするも・・・

こんな三人の濃密なドラマを
あの、
シアタートラムの空間で体験できるなんて!
今から頭がクラクラします(≧∇≦)


でも、
シアター・トラムで、
このメンバーで
この演目は
チケ取りが激戦どころじゃなく、
ハルマゲドンになってしまいます(号泣)


そうそう!
このジェラルドさんって、弁護士さんだそうです。
大竹さんのラジオで、
「頭悪いのに弁護士の役とか」
と仰っていたので、
てっきり「ああ、リスクの神様の西行寺さんね」
と思っていたのですが、
ジェラルドさんの事だったのでしょうか?




ともかく、
お芝居の内容も、
チケ取りも、
いろいろ恐くて今から震えています…(´;ω;`)ウゥゥ