FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

劇評 2

小川絵梨子さん演出
宮沢りえさん×堤真一さん×段田安則さん

「死と乙女」   


日本経済新聞に劇評が載っていました。
我が家は日経なのに、見逃していました。
この日は観劇した日だったので、
夕刊に目を通さなかったんですね…(^^ゞ

SISさんのツイッターで見て気が付きました。
で、慌てて新聞の束から見つけてきました。

20191002-1.jpg


こちらも、もちろん高評価。



いや、ホント良かった、ていうか、凄かった。

小説でも、絵画でも、彫刻でも、音楽でも
いわゆる芸術と言われるものは、
日常感じることができない何かを、
人の心や脳に直接伝えるものだと思うんですが、
今回のこのお芝居は、
ドッカーンときました。



心と体に傷を負うという事は、どういうことなのか、
心と体が傷ついた人に寄り添うという事は、どういうことなのか、
人を傷つける人は生来の悪人なのか、
何が人を鬼畜に変えるのか、
許せない人を許す方法はあるのだろうか、
傷が癒える日は来るのだろうか、

考えさせられました。



今のこの国には、
解決できない問題が残っているけれど、
それがどうして解決できないのか、

許せない人々の気持ちが分かりました。


そして、
「良い子」も「死と乙女」も
独裁国家について描いているけれど、
それは決して遠い国の、
遠い時代の出来事じゃないんだ。
これから先どこかで生まれるかもしれない。
ちゃんと自分の頭と心で考えなくっちゃいけない!
と思ったのでした。



う~~ん、
こういうお芝居は、
若い人にもたくさん観てもらいたいなぁ…





スポンサーサイト



劇評

小川絵梨子さん演出
宮沢りえさん×堤真一さん×段田安則さん

「死と乙女」   

朝日新聞に劇評が出ていました。

   20190926-1.jpg


やっぱり高評価ですね。

宮沢さん、本当に凄かった。
段田さんは、そんなことする人には全然見えないところが怖かった。

そして堤さん、

「複雑な心理の切り替えが巧い」
とありますが、
こういった特別な状況でなくても、
男の人って、
奥さんに見せる顔と、
社会に見せる顔って
こんなふうに違うのかな~と思いながら観ていました。

宮沢さんと二人のシーンを見ていると、
ものすごくリアルな夫婦感があって、
「人形の家」は観ていないんですが、
「今ふたたびの修羅」とか「三人姉妹」「近松心中物語」でも、
恋愛関係にある役柄だったけれど、
今回は間違いなく「夫婦」だなぁと・・・
抱擁するシーンを見ていても、
これは恋人じゃなくて「夫」だなぁって。
「るつぼ」の夫婦はもっと劇的な感じがしたし・・・



「TOP DOG UNDER DOG」
「ロンサムウエスト」と
小川絵梨子さんの演出は3本目ですが、
「死と乙女」がダントツに好きです。
こういう重い内容のお芝居を「好き」というのはどうかとも思いますが…(汗)

「死と乙女」 鑑賞

小川絵梨子さん演出
宮沢りえさん×堤真一さん×段田安則さん

「死と乙女」
20190925-4.jpg

観てきました!!!


もう、本当に凄くって!!!

観るというより、まさに体験!!!


取り急ぎご報告。
後日追記いたしますm(__)m



アンダンテ

「死と乙女」
初日まであと10日余りとなりました。

SISさんのサイトを覗いたら、
「andante アンダンテ」 11号に、
堤真一さんのインタビューが載っているというお知らせが!
ちょっと調べてみらた、表紙も堤さん。
黒のカットソーとパンツに、
グレーのジャケットでした。


フリーペーパーなので、
都内数カ所で無料配布されているということですが、
たぶん、しばらくすると
JPアセット証券さんのサイト
読めるようになるんじゃないかと思うので、
興味のある方はチェックしてみてください。

今までのバックナンバーを読んでみましたが、
なかなか読みごたえがありました。


死と乙女 げきぴあ

宮沢りえさん×堤真一さん×段田安則さん
「死と乙女」


げきぴあに、堤さんのインタビュー記事が掲載されています。

20190719-2.png
石阪大輔さん撮影。
カッコ良いですね

内容は、金曜日の朝日新聞に掲載されたものと同じ。
20190719-1.jpg


先日の、
SWITCHインタビューでもお話になっていたけれど、
共演の段田安則さんへの信頼が書かれていますね。

そして、最後は
「だからこそ今、
 この作品を上演する意味があると思います」
という言葉で結んでいます。




「民衆の敵」
「良い子はみんなご褒美がもらえる」
と、社会派の作品が続いていますね。


「民衆の敵」では
トマスのやり方が稚拙で、
民衆の描き方にも多少違和感があり、
民衆はここまで愚かではないと思う・・・
というのが感想でした。

「良い子」では
正しいことが言えない、
忖度するばかりの社会になってしまっては・・・
選挙に行かなくっちゃなぁ、
橋本くんのファンの若いお嬢さま方も、
選挙に行ってくれるといいなぁ、と思いました。


で、
明日は参議院選挙。

先日亡くなられた
ジャニー喜多川さんのお言葉にもありましたが、
「エンターテイメントが楽しめる平和な世の中」が
いつまでも続くよう、
みよごんも1票を投じてきます。

死と乙女 公演サイトオープン

宮沢りえさん×堤真一さん×段田安則さん
「死と乙女」

公演サイトがオープンです!


20190603-1.png

すごい写真ですよね…
この張り詰めた空気は何なんでしょう。

瞼を閉じた宮沢さんの脳裏に浮かぶ物は
遠い過去の記憶?それとも・・・
胸の内に渦巻く想い、速くなっていく呼吸。

段田さんの
真っ直ぐな視線の
その先にあるものは?


そして、
堤さんの虚ろな眼差し…
迷い?疑惑?懼れ?
そのポケットに隠しているものは?


もう、たまりません (›_‹)








あぁ、チケット取れる気がしません(涙)
「会」の先行販売はないとか・・・

マチネ2時にソワレ6時、
マチネ3時にソワレ7時って、
もしかして、公演時間が短め?




それにしても、
「赤鬼」の公開を控え、
「ヴェネチア」の稽古が始まり、
「死と乙女」の詳細発表。

みよごんは観に行くだけですが、
それでも、
なんか大変な気持ちになってきます。






死と乙女

みなさま、
今日はお疲れさまでしたm(__)m

SSを巡る戦いはいかがだったでしょうか。
残念ながら、みよごんは敗戦です・・・が
希望日が取れたのでよしとします(*^-^*)

で、
戦いの興奮も冷めやらぬうちに、
また新しいお知らせが!



アリエフ・ド―フマン作
浦辺千鶴翻訳
小川絵佐梨子演出
宮沢りえ×堤真一×段田安則

「死と乙女」
9月中旬から10月中旬シアター・トラム
10月中旬 サンケイホールブリーゼ

「死と乙女」って
シューベルトの作品は知っていたので、
耽美的な作品なのかな?と思ったら
大間違いなのですね!!

舞台は南米の独裁国家。
「良い子」と設定が似ていますね。
レイプを扱った作品で、
トラウマに苦しめられるポリーナ(宮沢さん)が
自分を凌辱したと信じる医師ロベルト(たぶん段田さん)に
復讐するという話らしいです。
ポリーナの夫であるジェラルド(たぶん堤さん)は
妻の暴走を食い止めようとするも・・・

こんな三人の濃密なドラマを
あの、
シアタートラムの空間で体験できるなんて!
今から頭がクラクラします(≧∇≦)


でも、
シアター・トラムで、
このメンバーで
この演目は
チケ取りが激戦どころじゃなく、
ハルマゲドンになってしまいます(号泣)


そうそう!
このジェラルドさんって、弁護士さんだそうです。
大竹さんのラジオで、
「頭悪いのに弁護士の役とか」
と仰っていたので、
てっきり「ああ、リスクの神様の西行寺さんね」
と思っていたのですが、
ジェラルドさんの事だったのでしょうか?




ともかく、
お芝居の内容も、
チケ取りも、
いろいろ恐くて今から震えています…(´;ω;`)ウゥゥ