FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

史上初!W受賞!!

岡田准一師範が

日本アカデミー賞の
最優秀主演男優賞と、
最優秀助演男優賞
受賞なさいました

おめでとうございます
W受賞は史上初!
ジャニーズ事務所のタレントさんとしても初めて!
師範って、本当にすごいんですね
話題賞、俳優部門もすでに受賞なさっています。
記事はこちらです。
最優秀助演男優賞のスピーチ全文はこちら
最優秀主演男優賞のスピーチ全文はこちら



「永遠の0」は最多8冠!
みよごんも、この映画には泣かされました。
宮部の最後の表情が忘れられません。



魅力的な役者さんって、
年齢を重ねるごとに、
さまざまな「顔」を増やしていきますよね。

師範も
ちゃんと年を取っているところがカッコいいです。

そういえば、師範、
少しがっしりなさっていましたね。
これからの「神々の山嶺」の撮影に備えていらっしゃるのかな?

共演の阿部寛さんも
お髭をたくわえていらして、クライマーの雰囲気が!

再来年の日本アカデミー賞では、
またこのお二人が席を並べるのでしょうか?


そして、
宮沢りえさん、
最優秀主演女優賞
おめでとうございます
「三人姉妹」の舞台もお祝いムードに包まれたことでしょう!




近い将来、
堤さんもこの席に座ってほしいです
素敵なタキシード姿や、
喜びのスピーチが聴きたいです。

堤さんが光る映画、
期待しています


スポンサーサイト



「神々の山嶺」 映画化決定②

夢枕獏さんの
「神々の山嶺」映画化の詳細が発表されました

フリーカメラマンでクライマーの
深町誠を
岡田准一師範が演じます。
物語の進行とともに変化していく人物です。
岡田師範の演技力が期待されたのですね。


伝説のクライマー
羽生丈二を
阿部寛さん。
う~~ん、羽生の最後を演じるには、
阿部さんの瞳がものをいうかもしれませんね。


羽生の元恋人役
岸涼子を
尾野真千子さん。
最近の面白そうな役はみんな尾野さん?


今、のりにのっている俳優さんばかり
公開は2016年、配給は東宝さんです。

詳細は映画COMをどうぞ。


今の段階では堤さんのお名前はありませんね。
しつこいようですが、
危険がなくて堤さんが生きる役があったら、
是非演じていただきたいです。

ブルガリアヨーグルト大使

昨日、
仕事帰りに立ち寄った閉店間際のマーケットで、
誰かの視線を感じて振り向くと、
なんと、岡田准一師範が!

いえ、
岡田准一師範のクリアファイルが、
明治ブルガリアヨーグルトの前に束になって置かれていました。

「450gパックをお買い求めの方にプレゼント」

これは買うしかないでしょう!
もしかして、2パック買ったら2枚もらっていいのかな?
なんて思ったりもしましたが、さすがに恥ずかしいので1個をカゴへ。


お値段を見たら、税込み131円!
えっ!安い!
同じ明治のLG21やR‐1のドリンク1本のお値段とほぼ同額!

こんなにお安いのに、
今を時めくNHK大河の主役、
岡田准一師範のクリアファイルがもらえるなんて

ありがたいやら、もったいないやら・・・

     sihan1.jpg
師範は今年の5月15日のヨーグルトの日を記念して、その前日、5月14日に
駐日ブルガリア共和国特命全権大使の方より「ブルガリアヨーグルト大使」に任命されたそうです。
ヨーグルトを使ったレシピもついてきました。どれも美味しそう!



何を入れようかなぁ?
とりあえず、暫く飾っておきます。



ところで、

堤真一さんがCMに出ていらっしゃるLG21では
こういうキャンペーンはやらないのでしょうか?
堤さんのクリアファイルがいただけるなら、
箱買いもOKなんですが・・・



そうそう!CMといえば、
8月のCMタレントランキングによると、
堤真一さんは11位
9月6日まではtotoのCMもガンガン流れるでしょうし、
今はもっと上位かもしれませんね。
詳しくはこちらをどうぞ。

「神々の山嶺」映画化決定!

夢枕獏さんの
「神々の山嶺」映画化されるそうです!!
キャストは未発表。
概要はこちら


堤真一さんがヒマラヤを旅する2012年放送の番組
「堤真一、ヒマラヤ巡礼~山で神様に会いたくて~」
の取材で、堤さんが、
「ヒマラヤに興味を抱くきっかけになった」
と語っていらした小説がこれ。
番組ホームページはこちら

「陰陽師」で有名な夢枕獏さん。
みよごんも「陰陽師」のようなファンタジー小説は馴染みがありますが、
山岳小説は敷居が高い!
でも、堤さんの心を動かしたと聞いたら、読まないわけにいきません。
まず上巻だけ購入して読めそうだったら下巻もと思っていたら、
これが面白い!
ほんの数日で読破しました。


ぜひ、
堤さんに主要キャストを演じてもらいたい!
本を読み始めた時から、みよごんの頭の中ではすでに妄想が膨らんでいました!



2月19日追記

主要キャストが発表されました。
残念ながら堤さんのお名前はありませんでしたが、
深町を岡田准一師範が演じます。
それに伴い、
この記事のカテゴリを岡田准一に移動しました。
羽生は阿部寛さん。
羽生の元恋人岸涼子は尾野真千子さんです。


オカダのはなし 2

先日に引き続き、岡田准一師範著「オカダのはなし」について。

ページ一杯に広がる撮り下ろしの岡田師範の甘いマスク
でも、電車で本を広げるとちょっと恥ずかしい。

内容は、師範がテレビなどで語っていることが多いのだけれど、ご家族のお話は興味深かった。
父君との別れがベースであろう「バイバイじゃなくて」は胸が苦しくなる。
母君は想像通り師範と似ていらっしゃるらしい。
美人でパワフルな女性。
14歳の息子を東京に1人で送り出すのだから、なにより肝が据わった女性なのだろう。
見習いたい。
そして母方のお爺様が師範そっくりで、父方のお爺様は海猿。
いやぁすごい。
血の濃さを感じる。

「オバケ……?」「裏山の妖怪」は師範の超常現象体験。
実は、みよごんの息子も幼児から中学に入学するころまでいろいろなものが見えたらしいので、やっぱりそういうことってあるのかもしれないと納得した。

そのほか、家で育てていたプチトマトの一粒一粒に名前を付けていたとか、胃腸が弱いとか、女性に関する話とか、総じて可愛いらしい内容。

本の最後は、オカダのれきし。
主な出演作品のリストや「軍師官兵衛」の立派なお姿。
ページをめくって「あとがき」
次に緑の中で汗を流しながら格闘技のポーズを決める凛々しい師範。
う~~ん、かっこいい!

そして裏表紙の前に何と師範からの直筆メッセージ

読んでくれてありがとう 岡田准一

ここで心の中が・・・となる読者は多いのではないだろうか。

師範、格闘技の次は美文字を究めてください。

オカダのはなし

今日駅のホームで、たまたま、
岡田師範が「オカダのはなし」というフォトエッセイ集を出しているのを知った。

そのまま電車に乗ったみよごんは、乗換駅の本屋で早速購入した。
エキナカの小さい書店だというのに、その本はあちこちに山積みにされていた。
よほど売れるのだろう。
第1刷が1月15日で第2刷が1月23日、
凄い…

正直なところ、若いころの師範を
エラいハンサム!
と思ったことはあるけれど、
それ以上の魅力を感じたことはなかった。


でも、
ここ何年かの師範はとても魅力的になった。
NHKのプロファイラーを見ると、
自分よりずっと年上の人や、その道の第一人者を迎えても、
落ち着いて対応し、自分の考えも持っている。
いい意味での、おとな、を感じる

エッセイもなかなか面白い。
師範は若いころからいろいろ考えている。
流石だ。
辛い経験もたくさん乗り越えて、自分と向き合い、努力している。
そして、武道との出会い。
師範がこれからどのように年を重ねていくのか、とても楽しみである。

師範が出演する映画はほぼ映画館で見ているのだが、
一貫して感じるのは、師範の強さである。
物静かで優しくナイーブなのに、彼は強い。
エッセイからも彼の「強さ」が滲み出ていた。

SP革命篇で尾形係長が井上に
「だが、お前は正しい」
と告げるけれど、まさにそんなイメージ。

みよごんにとっての堤真一の魅力は、
強い男の中に覗く「弱さ」「愚かさ」
を演じられることだ。

それに対して師範の魅力は
「強さ」ではないだろうか。


そしてみよごんは
「弱さ」「愚かさ」に
どうしようもなく惹かれてしまう。

「強さ」は眩しすぎるのだろうか。