FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

いっぷく 少年の日の堤真一が嵌った禁断の味とは?

今朝の
「いっぷく」堤真一さん、絶好調でしたね

登場された時から満面の笑顔!
対談中もすごくリラックスしていらして、
逆三角形のお口で笑うお姿が超可愛いかったです
ハコちゃんこと岩下さんとあんなに親しかったなんて、知りませんでした。
岩下さん、シスの文芸部にいらっしゃったんですね。


堤さんのお召し物はブルーのスリーピース。
ネクタイもシャツもポケットチーフも、み~~んなブルー!

スタイリストさん、どれだけ堤さんにブルーを着せたいんでしょう?

気になる御髪は長め。
お髭も「マクベス」のころほどではないけれど少々。
(と思いましたが、見直してみたら今回の方が濃いですね。5月1日追記)
白い物が少し混ざったりしていて、それもセクシー

お顔もお体も、わりと絞れていらっしゃるようですね


さて、

この番組で一番嬉しかったのが、

堤さんの新しいお仕事が時代劇の映画だとわかったこと!!

町人?武士?それとも?
端唄を歌われるということは、江戸時代の料亭や遊郭が舞台なんでしょうか?
(このあいだ、岩下さんに端唄のことを教えていただいたそうです)
またまた、色っぽい堤さんが見られるのかと思うとドキドキです
カッコいい殺陣もあるのかなぁ?
詳しい情報が待ち遠しいです。



トークの内容については箇条書きでまとめてみました。

1、シスの新年会はとても楽しいらしい。みんな仲良しで景品も豪華。
  堤さんとハコちゃんがいる組は防水テレビやiPodをもらった。
  ハコちゃんはそれらを何故か「真一」と命名し愛用。

2、堤さんは段田安則さんの野球チームにいた。

3、『俺はまだ本気出してない』のプロモーションで
  「大阪では他の取材受けなくていい」と言われたので
  始球式をやることにした。
  
  いざ球場に足を踏み入れると、神聖な雰囲気に圧倒された。

4、阪神ファンで知られる堤さんだが、
  『巨人の星』などの影響もあり最初は巨人ファン。
  小学校2年生の時、
  「甲子園の近くに住んでいるのに、俺が応援しないでだれが応援するんだ‼」
  と突然目覚め阪神ファンに改宗した。


5、堤さんのお母様は帽子、半被、メガホン姿で阪神を応援するらしい。
  元気で明るい母親こそ良い男を育てるのかもしれない。

6、堤さんはプロポリス入りの飴を愛用している。
  昨年末、NHKスタジオパークで「今食べたい物」でおっしゃっていたのがきっとこの飴!  
  あまり美味しくはないらしい。

7、「ロンサム・ウェスト」の共演者、瑛太さんよりVTRで
  少年時代の堤さんが嵌った禁断の味についての暴露有。
 (瑛太さんは堤さんを「真さん」って呼んでいます。もしかしたらほかの方は「真ちゃん」って呼んでいる?)
  堤さん曰く
 「小学生の一時期、
  団地の水道のコンクリートに溜まった水を
  誰にも見られないようにして飲むのが止められなかった」

  病気にならなくって良かったですね・・・

8、出雲大社でガイドブックに載っていないようなお勧めスポットを知りたい。

9、お持たせは『いなり和家』(東京、目黒)のいなりずし。

10、堤さんは普段甘いものは食べないが、疲れた時はチョコレートを食べる。

11、堤さんによると
  『ロンサム・ウェスト』はドタバタではないけれどコメディ、
  コメディだけれどひどい話。




最後に、一番印象的だった内容は・・・

   岩下さん曰く、堤さんは
     「新しい役が来るたびに悩み」
     「全然奢ることがない」


   堤さんも
     「毎回新しい事なので、いつまでも慣れない」
     「舞台の初日が近づくと眠れない」
   

   すると岩下さんは
     「慣れちゃったお芝居なんて観たくない。悩んでください」


   それに対して
     「頑張ります」と答える堤さん。




ああ、こんな堤さんがスキ
ずっと、ず~~~~~っと応援しています。



番組の概要はこちらでも読めます。

スポンサーサイト



ロンサム・ウェスト その17 STAGE SQUARE Vol.8

本日(4月26日)発売の
「STAGE SQUARE 」Vol.8
堤真一さん北村有起哉さん対談が載っています。
全4ページ、お写真多めです。

今回の堤さんのお召し物は、
黒いクルーネックのTシャツにカーキ色のカーゴパンツ
黒と白の混ざり糸で編まれたニット帽。

ニット帽をかぶられると、お顔が小さいのがより一層際立ちますね。
お目眼はパッチリ目力半端ないです‼
お鼻は高くて頬はすっきり
(髪が長めなのか短めなのか、ちょっと気になる)


有起哉さんは
チェックのカッターシャツに白いカーディガン
堤さんよりちょっとオリーブがかったカーキ色のパンツ。
最初の1枚は黒縁の眼鏡も。
トラッドな雰囲気。

お二人とも役柄を意識したお召し物なのかな?と思いました。
舞台セットとも馴染んで見えます。
そうそう、お髭もなくてSTAGE naviの時より小奇麗な感じです。



お二人はtptの時からのお知り合いなんだそうです。

みよごんは「SP」の病院ジャックの回と「再会」での共演しか知らなかったのですが、
長いお付き合いがあるんですね。



お互いご自分が演じる役についてお話ししていらっしゃいます。
堤さんはここでも
「兄弟にとっての母親の不在」
についてお話しなさっていて、興味を持ちました。

「TOPDOG/UNDERDOG」「断色」も母子関係が重要なお芝居でしたよね。
こういうお芝居をしているときの堤さんって、
少年に見えてきちゃうからフ・シ・ギ



それから、
堤さんはご自分へのご褒美として、
ライカのレンズを購入されたそうです。

以前ドイツ旅行された時、ライカの工場でカメラを衝動買いなさったのでしたよね。

本当は2つ欲しかったのだけれど、1つで我慢されたとのこと。
天下の堤真一が購入を躊躇するとは、恐るべしライカのレンズ!
量販店でも20万円くらいからだから、
7ケタのレンズなんかがごろごろあるんでしょうね。

可愛いお嬢様のお写真も撮っていらっしゃるのかなぁ。

有起哉さんは日帰りで温泉旅行だそうです。


ああ、月曜日の「いっぷく」楽しみです
朝8時からの生放送なんて、堤さん朝はお強いのかな?


堤真一さん TV出演情報! いっぷく

来週4月28日月曜日
TBS系朝8:00~9:55
「いっぷく」いっぷくトーク
堤真一さん出演なさいます!!

「ロンサム・ウェスト」のお話でしょうか?
太一君との絡みはどうなんでしょう。
岩下さんとは同じ事務所ですが、面識はあるのかなぁ?
どんな髪型?
どんなお召し物?
お髭はどうなんでしょう・・・
「おもたせ」は何をもってきてくださるのかなぁ?
舞台稽古の映像なんかもあるのでしょうか。
瑛太さんや有起哉さんのVTR出演もありとか?
ガーリーン役の木下あかりさんや演出家の小川さんは?

今から妄想が止まりません

嬉しいGWの幕開けになりそうですね

番組HPはこちら
LINE公式アカウントから質問、メッセージが送れるそうですよ!!
(みよごんはLINEやってないので残念

取り急ぎ

ロンサム・ウェスト その16 STAGE navi

「ロンサム・ウェスト」の初日まで、
いよいよ10日を切りました!


先日発売になったSTAGE navi
「堤真一×瑛太×北村有起哉 稽古場ドキュメント」
7ページ(内写真5ページ)に渡って組まれています。


御三方とも動きやすいトレーニングウエア姿。
堤さんはadidasの黒い上下に黒い靴。
白い靴紐がまぶしいです。
役作りの為なのか、瑛太さんと有起哉さんは無精ひげ?
そして御三方とも長めの髪。
家具や小道具が揃った稽古場の様子に舞台への期待が高まります

スナップ写真がたくさん載っているのですが、
仲の良い高校生3人組みたいですよ。
部活の後、だべっているみたいな雰囲気が良いです。
もちろん、1人ずつcoolに決めているお写真もたくさんあります。
堤さんがロッキングチェアに座って
テーブルに足を投げ出しているお写真があるのですが、
お御足が長い!カッコいい


記事は堤さん、瑛太さん、有起哉さんそれぞれへのインタビューです。
少しずつお芝居の内容が見えてきました。

1、単なるコメディーではなく寂しさも感じてもらえたら。(堤さん)

ああ、やっぱりコメディーなんだ

2、本当にひどい兄貴だと思うんですけど(中略)
 どこで切れるのかの琴線が全然違う。(堤さん)

「土竜の唄」のパピヨンさまは笑いのツボが理解不能だったけど、今度は切れる琴線がおかしいんですね


3、瑛太君は声がよく響いて、ちょっと揺らぎがあって、本当にいいんですよ。
 (堤さん)

堤さんはもちろん素敵なお声だし、有起哉さんも低音の美声、
美声祭りですね‼木下あかりさんってどんなお声なのか楽しみです。


4、アクション指導の方の発想が面白くて、もうディズニーみたいですよ。
 「トムとジェリー」みたいな感じ。
(瑛太さん)

ドリフじゃないんだ。でも笑っちゃう系なんですね。


5、弟・ヴァレンは兄・コールマンに絡まれいちいち反応するから疲れる。
  これ、30日やるのか・・・と
(瑛太さん)

瑛太さん、若いんだからなんとか頑張ってください。応援しています‼

6、二人とも(堤さん、瑛太さん)今回の役にぴったりですよね。(中略)
  ちょっとかっこ良すぎますけどね(笑)。本当は童貞というくらいだから、
  40代で太っていて二重あごでメガネかけて髪型が焼きそばみたいで
(有起哉さん)

本当に痛い兄弟ですね・・・

7、本当に芝居が大好きな4人が集まった4人芝居。(中略)
  見ていてひやひやしたり、笑ってしまったり、ともかく飽きない二人で。
  最後の最後で、ちょっとホッとするような優しい残り香の作品になっているので、
  演劇のライブの迫力と僕らの息遣いを傍で感じてもらえたらなと思います。

 (有起哉さん)

う~~ん、有起哉さん、纏めるのが上手い

理想の上司

学校法人産業能率大学が
2014年度産能マネジメントスクールの新入社員研修受講者を対象に
「理想の上司」を尋ねた結果が出ています。

われらが堤真一さんは
原巨人軍監督とならんで堂々の9位!

女性新入社員が選んだ理想の男性上司部門では
なんと4位‼

このところ、頼りになる男キャラが少なかったにもかかわらず、
なかなかの成績ですね

ていうか、
上司キャラのイメージが定着しているということでしょうか。


ちょっと調べてみたら、

2003年 
総合10位 女性が選ぶ部門4位
    ・
    ・
    ・
2009年
総合8位 女性が選ぶ部門2位

2010年
総合11位以下 女性が選ぶ部門1位

2011年
総合3位 女性が選ぶ部門4位

2012年
総合10位 女性が選ぶ部門2位

2013年
総合7位 女性が選ぶ部門5位


さすが堤さん
女性の人気が高いです

逆に、男性人気が低い・・・なぜ?

特に2010年が凄いですよね。
この年は、総合1位と、男性が選ぶ部門1位がイチローさんです。
しかし、
女性部門ではその絶対的支持を受けたイチローさんを押さえての1位!!
尚且つ、
総合部門では堤さんは10位以内に入っていないんです!
(対象となる研修受講者の男性が女性の2倍近くいることも関係しているんだと思いますが)


そこでみよごんも
もし、堤さんが上司だったら
と想像(妄想?)してみました

キャーーッ
絶対ムリ!!
仕事にはならないでしょう。
「笑顔を見ているだけで辛い」
『恋のチカラ』の籐子ちゃんの気持ちです。



詳しい資料はこちらです。

ロンサム・ウェスト その15 リンネル ~堤さんの香り~

週末に「リンネル」6月号が発売になっていたんですね。

みよごんは「恋のチカラ」一気観をしていて、すっかり忘れていました。
ということで、先ほど本屋さんに全力疾走!


表紙は麻生久美子さん。

昨年の「断色」を思い出します。
刺激的な台詞の機関銃に爽快感さえ感じたことが印象的でした。
麻生さんの清潔感がそうさせるのかも…


堤真一さんのページは見開きの2ページ。
ヘアメイクさんも、スタイリストさんも「èclat」「Marisol」と同じ方。
お召し物はジャケットだけグレーかなぁ?

前述の2誌は光沢紙ですが、
「リンネル」の堤さんのページはざらっとしていて質感が違うので、
正確な色合いがわかりません


さて内容は「ロンサム・ウェスト」についてですが、

堤さんと瑛太さんが演じる兄弟が年を取っていました!
「Marisol」では40近い男、でしたが
『40過ぎの男』になっていました。

まぁ、どちらでも同じようなものですが、
堤さん演じる兄コールマンが40過ぎの男で、瑛太さん演じるヴァレンが40近い男、
ということなら、ほぼ、実年齢に近いわけですね。


そして、
堤さんは瑛太さんとの共演を何よりも楽しみにしていらっしゃるそうです。

ファンも楽しみにしていますよ

お芝居については、
こちらの記事でも、ダークでシニカル、と表現してあります。

YouTubeを観たみよごんは一瞬、
ドタバタ喜劇風、も良いかな?
と思ったのですが・・・
ともかく、観てのお楽しみ


堤さんは、お芝居の本番前は今でも緊張なさるとのこと。
楽屋では「小鳥のさえずり」のCDを流し、
ペパーミントやネロリのアロマを焚いてリラックスなさるとか。

堤さん、自然がお好きなんですね。

記事を読んだ後、
久しぶりにアロマランプを掃除するみよごんでした。

堤真一 考 その5 ~翳り~

この週末、先日購入した「恋のチカラ」のDVDを一気に鑑賞した。

「やまとなでしこ」「武蔵」「GOOD LUCK‼」「ビギナー」など、
テレビドラマ出演が続いていたころの作品だ。

堤真一(以下敬称略)はトーク番組などで
「テレビドラマへのご出演は?」
と問われると、
「テレビドラマは旬な俳優さんが出演するもの」
と何度か答えている。
その言葉から推察するに、彼が考える
「堤真一」という俳優の旬はこの時期だったのか。

現在の彼は年を重ねているからこその、
とても素敵な男性であるが、
この当時の彼の容貌は特に魅力的である。

その「堤真一」が演じる売れっ子クリエイター「貫井功太郎」と
深津絵里演じるヒロイン「本宮籐子」の恋愛コメディ。
「やまとなでしこ」の二番煎じの感は否めないものの、
どっぷりヒロインに感情移入して観てしまった。

ドラマの後半、
貫井はゆるぎなかった自分の才能への自信を失ってしまう。

それからの「貫井」がカッコいい。

攻撃的でありながら、絶望に打ちひしがれた眼差し。
ときに、やり場のない感情を爆発させる。

そして、彼は腹を据える・・・


このあたりが「堤真一」の本領発揮ではないだろうか。



堤真一が演じる人物に「翳り」が射した時、
その人物が魅力に溢れ出すような気がする。

「GOOD LUCK‼」の香田キャプテン
「SP」の尾形係長。
彼らは背負いきれないものを背負って、
常に自身の中で戦い、大きな翳りをまとっている。

「舞妓Haaaan‼」の内藤ですら、
娘の出生の秘密に悩む姿を見せるころから、
カッコ良くなってしまう。

劇団☆新感線「吉原御免状」
終盤で古田新太演じる柳生義仙が
堤真一演じる松永誠一郎に斬られた断末魔に
「いいぞ松永、良い眼だ」
と吐く。
その時の堤真一の眼が良い。
明るく、まっすぐだった松永の心に
憎しみの「翳り」が宿った瞬間なのだろう。



この「翳り」こそが、
彼に夢中にさせられてしまう物の正体なのかもしれない。

マッサン その2

早速、昨日の
「マッサン」新キャスト発表
第2報が出ていますね。

堤さんは
「朝ドラをやるとは思っていなかった」
そうです

そう言われてみれば、みよごんも、
「堤さんが朝ドラをやるとは思わなかった」です。


堤さんが会見にいらっしゃらなかったのは、
やっぱり「ロンサム・ウェスト」の稽古が佳境を迎えているからなんでしょうね。

それとも、他の理由?

泉ピン子さんによると
「朝ドラは撮り出すと大変」
相武紗季さんは
「関西に通いながらの撮影」
とおっしゃっています。
NHK大阪放送局の制作らしいので、
堤さんも大阪に行きっぱなしになるのでしょうか?

関東在住のみよごんは少しさみしい
でも、東京にいらしても会えるわけではないので、
やはり、テレビで毎朝お目にかかれる方が百倍嬉しいです!!

ホームグラウンドである関西で、
堤さんはどんな「鴨居欣次郎」を見せてくれるのでしょう

楽しみで、楽しみで、待ちきれません

記事はこちらです。

マッサン その1

大ニュースです!!
堤真一さんが秋からNHKの朝ドラ
「マッサン」に出演しま~~す!!

詳しくはこちらこちら

「連続テレビ小説 初出演」
の文字が眩しいですね。
「やってみなはれ」が口癖なんですね。
堤さんの関西弁が毎朝(出演頻度が気になりますが)聴けるなんて、
考えただけでクラクラしちゃいます。
とっても魅力的な人物みたいだし、
またまた堤さんのファンが増えちゃいますよね。
このところ「メッチャカッコイイけれど、変な人」が多かったので、
こんな役の堤さんが見たかった

みゆきさん、情報ありがとうございました

ロンサム・ウェスト その14 予習!

いよいよあと20日足らずで
堤真一×瑛太×北村有起哉×木下あかり
「ロンサム・ウェスト」が初日を迎えます!

ああ、ドキドキ わくわくです。

雑誌のインタビューなどで大体の内容は判ってきましたが、
もっともっと知りたくて
英語版のウィキペディアを読んでみました。

英語が苦手でもなんのその!
堤さんのお芝居を観るためだったら、
○十年振りにだって英語の辞書を引くみよごんです。
本当は原書を読もうと思ったのですが、さすがに断念しました。


で、
結局ちゃんとは訳せなかったものの、
それでも、いくらかは判りましたよ

堤さんが
「笑っちゃうくらい」
とおっしゃっていましたが、
本当に、笑っちゃいました


Youtubeでも、舞台の動画がたくさんアップされているんですね。
英語、ドイツ語、スペイン語?etc・・・
あらゆる国で上演されています

兄弟の年齢設定が少し違っていたり、
衣装の雰囲気が違っていたりしますが、
どれも小さな劇場で、
観客が間近で観られるスタイルでした。

そして意外だったのが、
SISの公演概要には
「ダークな笑い」と書いてありますが、
私が見た動画のいくつかは
観客が大爆笑しているんです


『コメディ』と銘打っていたり、
兄弟の喧嘩が、まるでドリフのコントのようなものもありました。


フライヤーのニヒルな堤さんのお写真を見て、
ダークでシニカルで、後味の悪そうな内容を想像していたのですが、
いったいどんなお芝居になるんでしょう!

期待通りでも嬉しいし、
期待を裏切るような演出でも、面白そうですね

ロンサム・ウェスト その13 Marisol

Marisol 5月号
堤真一さんのインタビューが載っています。

堤真一さんの記事はまたまた1ページですが、
付録のトートバッグも、載っている服も気に入ったので、
「èclat」に続いて即購入。


ヘアメイクさんもスタイリストさんも、
「大人のおしゃれ手帖」「èclat」の時と同じ方です。
取材と文は岡本麻佑さん。


堤さんのお召し物は
「èclat」の時の光沢のある深いブルーのカッターシャツの上に、
ブラックの襟の狭いテーラードジャケット。
「èclat」のレザーよりか、キチンと感があります。
両手をパンツのポケットに入れて、正面を見据えていらっしゃいます。

ああ、こういう堤さんも好き。
ところで、

2誌とも同じ日に取材したのかなぁ?
っていうか、スタイリストの中川原寛さんは「地獄でなぜ悪い」のプロモーションの頃から、
堤さんにずっとブルーのカッターシャツを選んでいるんですね。


今回の記事の収穫は
「堤真一さん演じるコールマンと
 瑛太さん演じるヴァレンのコナー兄弟は
 40歳近い男だ」
 ということ。

たぶんそのくらいだとは思ったのですが
「TOPDOG/UNDERDOG」の時は兄弟の年齢がいまいち判りにくくって、
お芝居の理解が遅れてしまいました。


それから、
堤さんんが50歳を目前にした現在の心境を語っていらっしゃいます。
「(略)外野の声が気にならなくなった。(中略)
 この先後悔しないで生きていけるか、そっちのほうが大事なんです」


う~~ん、みよごんも自分の人生を一生懸命生きなければ!

俺はまだ本気出してないだけ

先週はお仕事のお休みがあったので、久しぶりに
「俺はまだ本気出してないだけ」
オーディオ・コメンタリーを見ました。

いかに「堤真一」が「大黒シズオ」的な人間であるか
ということを、
福田雄一監督とプロデューサーの増田真一郎さん、共同プロデューサーの深津智男さんが
延々と語り続けているわけですが、箇条書きにあげてみましょう。

1、撮影時、コンビニでレジを打っている女性が大好きで、毎朝必ず買い物に行っていた。
2、そのレジの彼女を「どうにかならんかなぁ」とスタッフに相談していた。
3、撮影中、メイクの美女を両脇に侍らしてご満悦だった。
4、毎晩ご機嫌で、ご近所の方に多少ご迷惑だった?
5、お酒を飲んでいるときの話題は「どうしようもない下ネタ」「自虐ネタ」
6、堤さんを尊敬していた若手の役者さんですら、
  一晩付き合っただけで、
  堤さんに平気で罵声を浴びせられるようになってしまう。
7、めちゃくちゃ緊張していた橋本愛ちゃんも、
  いつの間にか堤さんを軽くあしらうようになっていた。
8、子役のお子さんにも「本気出した」演技をぶつけて、容赦なく怖がらせていた。
9、映画の撮影が進むにつれて「俳優・堤真一オーラ」が完全に消えていた。
10、どうでも良い話は長く、肝心な話は超短い。
  「大丈夫です」と言われれば即納得。
11、撮影が終わって映画のキャンペーンも中盤を迎えたころ、
  やっと、何故自分がキャスティングされたのか理解した。


で、結論として
「堤さんはみんなに愛されている
ということがわかりました。

みよごんも、カッコイイ堤さんが大好きなはずなのに、
ダメダメな堤さんを可愛いと思ってしまう…


でも、
ここのところ正統派2枚目の役がないですよね。
「地獄でなぜ悪い」の池上組長も、
「土竜の唄」のクレイジーパピヨンも
カッコいいけれど変な人。

「クライマーズ・ハイ」の悠木デスクや
「孤高のメス」の当麻先生のように、
映画賞を狙えるような役、
またやってくれないかなぁ。

ロンサム・ウェスト その12 èclat intervieu

èclat(エクラ)5月号
堤真一さんのインタビュー
が載っています。

堤真一さんのインタビューは1ページだけでしたが、
表紙の黒田知永子さんも好きなので即購入!


ヘア&メイクは奥山信次さん、スタイリストは中川原寛さんで、
先月創刊された「大人のおしゃれ手帖」のインタビュー記事と同じですが、
雑誌のイメージに合わせてか、今回の方が都会的な感じ。

お召し物は
深いブルーのカッターシャツに
黒いレザーのテーラードカラーのジャケット

打ちっぱなしのコンクリートの壁を背に
微笑を浮かべる堤さん。

あ~こんな堤さんとドライブデートで夜景を見に行きたい


内容は、
『ロンサム・ウェスト』の兄弟について、
「強烈な敵対心も暴力的な言葉も、実は依存心の裏返しだと思うんです
 (中略)男はそうやって誰かに頼らずにはいられない弱い生き物」

とおっしゃっています。

堤さんご自身の弱い面については
「”初物”にすごく弱い」そうで、海外では特に用心深くなるそうです。
「常に緊張しているから観光していても、実はそれほど楽しめない(笑)」
とのこと。

そして、みよごんが一番気になったのが、
大切な人とのコミュニケーションの取り方についてです。
「自分は相手にどうしてほしくてその言葉を言ったのか、
(中略)怒る事より先に(中略)
 感じたことを正直に伝えることが大事だと思う」

とおっしゃいます。
お芝居するときの台詞については
「自己表現の手段ではなく、相手の心を動かすための物」
とおっしゃっていましたよね。
普段の生活でも、相手との関係をよく考えていらっしゃるんですね。
至極真っ当、ではありますが、忘れがちなことかも・・・
堤さんの言葉だと思うと、より一層心に響きます。

最後に若い役者さんに伝えたいこととして、
「おまえがダメなときは俺も一緒に落ちるから」
という先輩の言葉を挙げていらっしゃいました。

優しい方なんですね。

そんな堤さんが大好きです。

『BIC toto』CM 第3弾

堤真一×真木よう子新しいCM
『BIC toto』
第3弾が始まりました!!

「妄想中の男篇」「一回くらい篇」の2本です。

映像はこちら

どんな場面でも同じ服装の二人っていうのが壺ですね。