FC2ブログ
2014_05
27
(Tue)09:13

ロンサム・ウェスト ~その29~ 近くから観てみたら

先日、
「ロンサム・ウェスト」
3回目に行ってきました。

これでみよごんの観劇はおしまいです。
観世さまとlunaさまにお会いできてとても思い出深い日になりました


1回目は舞台を見下ろす席、
2回目はほとんど最後列の一番端っこ、

そして、
3回目は前から3列目。

それぞれ見えるところが違っていて面白かったですよ


舞台を見下ろした時は、
堤真一さんが見ていた雑誌の誌面が見えました。
たぶん外国の女性誌なんでしょうね。
ブロンドの髪の女性が写ったカラフルなグラビアだったような…


後ろの端っこの時は、
前の座席に座った男性がとても体の大きな男性で、
えっ!と思いましたが、
観劇中は気を遣ってくださったのか、気になりませんでした
客席の雰囲気も含め、舞台の全体が見えて、
お芝居に入り易かったです。



舞台に近い今回は、
3回目の観劇ということもあり、
自分なりの視点で見ることができました。

台詞を言っている俳優さんではなく、
リアクションを取っている俳優さんを見るのが面白かったです。

兄弟の喧嘩を止められないウェルシュ神父とか、
嘘がばれてバツの悪いコールマンとか・・・


表情がとてもよく読み取れて、
テレビドラマを観ているような錯覚がしました。

一番楽しみにしていたのは、
北村有起哉さんが手紙を読み上げるシーン
近くで拝見すると、やはり伝わってくるものが違いました。

そして、
木下あかりさん演じるガーリーンが可愛かった
時折見せる少女の表情が良かったです。
遠くから見たときはなかなか気づけなくって残念でした。


それから、
気になっていた兄弟の髪型ですが・・・

瑛太さんは
大きなカーラーで髪を巻いてボリュームを持たせていて、
堤さんは
ものすごく畝が細かいウェーブアイロンみたいなものを使っているのかな?
と思いました。

瑛太さんが手にする包丁について、
以前ブログで「中華包丁」と書いてしまいましたが、
「クレーバーナイフ」というものだったんですね。

日本の出刃包丁に近いもので、肉を骨ごと切るための包丁だそうです。
刃にフックに掛けるための穴があるところが中華包丁と違いました。
勉強になりました。





5月27日発売の
「ベストステージ」
「ロンサム・ウェスト」の誌上公演
が載っているそうです。

みよごんは復習に励みます。





そして、最後になりますが、
どうしても気になったことが1つ…


堤真一さん演じるコールマンが、
年配の女性の喋り口を誇張して真似をしたり、
瑛太さん演じるヴァレンをからかうために、
オネエの演技をしていましたが、

まさか

「なかなかいけるよね、今度こういうのやってみようか!」

などと言うことにはならないですよね

みよごんはカッコイイ堤さんが見たいです。



次にお目にかかれるのは「マッサン」でしょうか。
楽しみです
それと、
もっともっと、ヨーグルトのCMが流れると嬉しいなぁ

スポンサーサイト
2014_05
24
(Sat)01:41

ロンサム・ウェスト ~その28~ 憐れな四人を救えるものは?

「ロンサム・ウェスト」
2回目の観劇に行ってきました。

初日に行ったときはたくさんあったお花も、ほとんどが名札だけに

              003 - コピー (800x533)
           (クリックするとアルバムが開きます)

そんな中、相変わらず綺麗なお花が!
                002 (375x800)

             草彅剛さんからのお花です。
             鉢植えだったんですね。

初日のお花の様子はこちらでご覧ください。




みよごんは堤さんファンなので、
堤さんが嫌な奴を演じている時は、
なかなかお芝居に入り込めないことがあります。
今回は2回目ということで、すんなり入り込めたのですが、
今度は出てこられない!




続きを読む »

2014_05
22
(Thu)22:18

明治プロビオヨーグルトLG21新CM その4 確保成功!

堤真一さん
気迫溢れる表情鮮やかな蹴りを披露してくれる
明治プロビオヨーグルトLG21の新CM
が流れ始めて5日。



   昨日をもって、
   「内なる力 登場篇」 15秒
   「内なる力 攻篇」  15秒
   「内なる力 30秒篇」
   のすべてを確保したことをご報告いたします

   まだ任務を完了していない方々には、
   是非、
   下記の資料1により明治乳業の提供番組を調査したうえ、
   録画予約なさることをお勧めいたします。

        参照 資料1「明治乳業提供番組一覧



さて、
明日は金曜日、
「ヒルナンデス!」
「ひるおび」月水とCMが流れたので隔日と言うことは明日も流れるはず
ですね。

BSだと
BS‐TBSの「地球絶景紀行」とBSフジの「絶景・百名山」です。
でも、
18日のBS-朝日「食彩の王国」ではLG21のCMではなかったので
BSはどうなんだろう?




ところで、

堤さんの袴、いやに青いな?」
と思いませんでしたか?

息子が武道をいくつかやっているので袴もあるのですが、
普通はもっと濃い色なんです。

みよごんは今日やっと気が付きました
道着の白袴の青
ヨーグルトのパッケージに合わせていたんですね。

気づくのが遅すぎたでしょうか…
2014_05
21
(Wed)00:08

ロンサム・ウェスト ~その27~ 日経新聞 評(5月20日夕刊)

日本経済新聞、5月20日の夕刊
「ロンサム・ウェスト」の劇評が載っていました。

スリリングな演技のゲーム
小川絵梨子がまたも快打

とあります

堤真一さんについては、
ウソくささをにじませ、経験を生かす
キッチュなおかしみは虚実の境を見失う不気味さに鋭く転じる

瑛太さんは
二枚目役の殻を打ち破る

有起哉さんは
哀感が濃い


初日に見たときも、スリリングで面白いお芝居でした。
回を重ねるごとに、進化しているようですね。
また、お芝居を見る目のある人の文章を読むと、
フムフムと思うところがたくさんあります。
今週末、2度目の観劇です!
楽しみです


記事はこちら今は有料会員でなければ読めないようですが・・・
以前に堤真一さんについて書かれた記事については、
無料会員登録すれば読めますよ。


5月31日追記
現在は無料会員でも読めるようになっていました。


日経新聞バックナンバーの取り寄せはこちらでできます。



因みに
5月16日の読売新聞の劇評もあります。
こちらです。
こちらはどなたでもすぐ読めます




2014_05
18
(Sun)12:39

週刊朝日

5月13日発売「週刊朝日」の記事が読めるようになりました。

           15950.jpg



こちらをどうぞ。


なんか初々しくってかわいいですよね。
また深みに嵌ってしまいそうです
2014_05
18
(Sun)09:26

明治プロビオヨーグルトLG21新CM その3

明治乳業さん、さすがです!!
早速
プロビオヨーグルトのブランドサイトが
堤真一さんバージョンに更新されています
 

メイキングも、インタビューもありますよ
堤さんの目力が半端ないので、
サイトをクリックする前に、充分心の準備をしてくださいね



では、
ブランドサイトはこちらです。


堤さんはこうでなくっちゃ
こんな堤さんが見たかった


ところで、
このCMの撮影はいつ頃だったのでしょう?
御髪の感じと、今より少し体重があるようにお見受けするところを考えると、
「土竜の唄」のキャンペーンをやっていらした頃かなぁ?
と思ったのですが、よく見ると御髪、キャンペーンの頃よりずっと長いですよね。
「ロンサム」のイメージと違いすぎて・・・
やっぱり堤さんはすごい!

2014_05
16
(Fri)13:28

明治プロビオヨーグルトLG21新CM! その2

明治プロビオヨーグルトLG21新CMについて、
詳しい記事が出ています。


放送は18日(日曜日)から

堤さんは
「修羅場を勝ち抜いてきた技の使い手
武道に精通した強い精神力の持ち主」
という設定で
道着姿

「登場」篇「攻」篇の二つがあります

壮大な滝のセットの前で、
力強い武道の「型」を見せて(魅せて)くださるそうです

お写真では見たことあるのですが、動いている堤さんを早く見た~~い

堤さんは柳生心眼流の初段を持っていらっしゃるらしいです
柳生心眼流についてはこちら
堤さんのお名前もあります。


詳しい記事はこちら

5月16日22時40分追記
堤さんの道着姿のお写真があるのはこちら





で、
気になるのは、明治乳業さんの提供番組ですよね。
スポットでも流れるかも知れませんが、
こちらをどうぞ。



実はみよごん、息子の影響で「型」が大好き!
ドキドキワクワクです
2014_05
16
(Fri)01:07

ロンサム・ウェスト ~その26~ 朝日新聞 評(5月15日夕刊)

5月15日の朝日新聞夕刊
「ロンサム・ウェスト」の劇評が載っていました。

堤さんは「好演」と書いてあります。


堤さん演じるコールマンは底抜けのアホでした。

みよごんとしては、
鬱々としている有起哉さん演じるウェルシュ神父とか、
ときどき人間としての可愛さを見せる瑛太さん演じるヴァレンなんかを
堤さんが演じたらどうなるんだろう?
そういう堤さんも見たいなぁ・・・
なんて思っていましたが(翳り好きなので)、
最初から最後まで突き抜けていたコールマンが評価されているんですね。

朝日新聞の記事はデジタル版で読めます。
すぐ無料会員になれますよ。
記事はこちらです。



続きを読む »

2014_05
15
(Thu)10:59

明治プロビオヨーグルトLG21新CM!

今度はヨーグルトです!
明治プロビオヨーグルトLG21新CM
「内なるチカラ攻」篇


「攻」篇があるということは「守」篇もある?

堤真一さんの
内なる力表現3種類の蹴り
が披露されているとか

50歳を目前に控えて、
アクション俳優・堤真一
世間一般に対してアピールされます!!


う、うれしい



今朝テレビで紹介されていたそうです。
みよごんは見られなくって残念です。
番組情報はこちら

まだアップされていませんが、
明治乳業のCMギャラリーはこちら
LG-21のブランドサイトはこちら
まだ新しくなっていませんが、CMが始まれば堤さんのインタビューなどもアップされるかもしれません


明治のヨーグルトって、こうして見るとたくさんあるんですね。
ブルガリアヨーグルトはなんと岡田准一師範!
R-1は加瀬亮さん。
LG-21の現在のCMが大沢たかおさん。

イケメン祭りです。

「ロンサム・ウェスト」の稽古のさなかに撮影されたのでしょうか。
売れっ子は忙しい
2014_05
15
(Thu)10:31

マッサン その3

現在公演中の「ロンサム・ウエスト」が中盤を迎え、
お芝居がどのように変わって来たかが気になりますが、
堤真一さんの次の出演作も気になるところです。

映画「神様はバリにいる」の公開は、
昨年の情報に「2014年初夏」とあったような・・・
でも、
今のところ、具体的な日程は発表されていないようですね。

ということで、
今日は
NHKの後期朝ドラ「マッサン」です。

今月7日にクランクインしたんですね。
現在、
広島県内の酒造酒蔵でロケが行われているそうです。

「マッサン」は9月29日から放送開始。
堤さんは来月1日まではお芝居だから、
その後「マッサン」の撮影に入るとすると、
私達がドラマで拝見できるのは、
早くても10月の後半と言うことになるのでしょうか。


楽しみです

もっと気になるのが、「時代劇の映画」!


堤さんの情報はありませんが、
番組の情報がいくつかありましたので、下に貼っておきます。
こちらこちらこちら

六本木には
ドラマの主人公ニッカの創業者・竹鶴政孝の生誕120周年を記念したバーも
期間限定でオープンしているとか。
詳細はこちらです。
2014_05
13
(Tue)13:21

プロポリスキャンディー

先日の「いっぷく」
堤真一さんが「公演中手放せない」とおっしゃっていた
プロポリスキャンディーを買ってみました。
(因みに「いっぷく」の内容をお読みなりたい方はこちらです)

いや実は、
「堤さんが愛用なさっているものと同じものを」
と思ったのですが、調べようもなく、
結局、最寄りの駅近くにはちみつ専門店を見つけ、
そのお店のプロポリスキャンディーを購入しました。




個別包装から飴を取り出すと、

堤さんが召し上がっていた物より明らかに色が薄い…


これは別物だなと少々落胆しつつ口に入れると、

「おいしい!」

春のお花畑の味がしました。
暖かな日差しと、クローバーの花のような香りが口の中に広がります。
後味にシナモンのような心地よい刺激も!

(原材料を見たらアカシア蜂蜜とプロポリスエキス、三温糖、麦芽酵素糖化水飴)

堤さんの飴は美味しくないらしいので、
いよいよ別物です


でも、美味しいから良しとして、夫に
「体にいいらしいよ、美味しいし」
と勧めました。
一粒食べて
「うまいな」
と言ったものの、その後食べた形跡はありません。

息子にも
「春のお花畑の味がして美味しいよ」
と勧めたところ、
「マザー牧場の味がする。ちょっと動物園ぽいっていうか…」

なるほど…
春のお花畑はマザー牧場かもしれませんね。

自分の味覚に自信が持てなくなったみよごんでした。


さて、
「ロンサム・ウェスト」もいよいよ中盤!
堤さんのご健康をお祈りしています。
プロポリスキャンディーが効きますように



2014_05
09
(Fri)23:05

ロンサム・ウェスト ~その25~ 演劇ブックget!

今日は楽しみにしていた
「演劇ブック」の発売日です

        演劇ぶっく



実物は画像で見るよりもっと爽やか
水色のジャケットだと思っていましたが、
紺のストライブだったんですね。

ヘアメイクは奥山信次さん、スタイリングは中川原寛さん。
いつもの方です。

表紙も併せて3枚のお写真すべてが床に横になっているお写真。
どうやって撮影したのかなぁ?

仰向けになっているお写真は、カメラが相当高い所じゃないと撮れませんよね。
堤さんが俯せで頭を起こしているお写真なんか、
カメラマンの方も体を低くして同じ高さで撮ったんですよね。
その様子を想像してみると、
グラビア写真の撮影みたいで、ちょっと笑っちゃいました



さて記事の内容は・・・


稽古前のワークショップや
『ロンサム・ウェスト』の台本を読んだ時の感想。

母親という存在の欠落とガーリーンの存在の関係。

昨年末の『マクベス』と『ロンサム・ウェスト』の違い。

『ロンサム・ウェスト』の世界と日本の共通点。

それから、
劇中で自殺してしまう警官や神父と、
おバカな兄弟の生き方の違いをお話しなさっているのですが、
思わず「そうそう!」と膝を叩きたくなってしまいました。

また、ご自身が演出することへの興味のお話があったり・・・

最後は
『写楽考』の時おっしゃっていた「転校生」のような寂しさは
今は減って来たかもしれない、とのこと。
「仕事は長く続けるもんですよ」
と結んでいらっしゃいます。


記事を読んでみて、
前回の観劇では受け止められなかったこと
というか、
いろいろな捉え方があることに気が付きました
次回の楽しみが増えました


あっ
こんな記事も!
(演劇ブックに載っているお写真もあります)

堤真一さんの活力源は?こちら

2014_05
07
(Wed)23:33

ロンサム・ウェスト ~その24~ 感想というか少し気になった事

今日は、
お芝居の本質とは離れてしまうけれど
ちょっと気になったこと
書き出してみます。



1、喪服姿のコールマン(堤真一さん)がカッコ良く見えてしまった。

2、兄弟の髪の毛がボサボサでパサパサだったが、どうするとああなるのか気になった。
  そして、髪が傷まないのか心配になった。
  みよごんは堤さんの真っ黒で艶々の髪が好き。

3、コールマンの生着替えがあったが、
  トランクス姿の堤さんに慣れてしまった自分が怖かった。

4、ポテトチップは見たことのないパッケージだったが、舶来もの?特注?

5、コールマンの喋り方が、愚痴っぽいマクベスに似ていた。

6、メガネをかけたコールマンが、大黒シズオに見えてしまった。

7、劇中、神父の名前を正確に言える人物が出てこないので、
  有起哉さんの役名が覚えられなかった。
  ちゃんと覚えていたはずなのに、わからなくなってしまった。

8、兄弟が、
  「ガーリーンに触らせた」とか、どうとかという猥雑なやり取りを始めた時、
  今度夫と観に来るのにこのシーンは気まずいな、と思った。

9、コールマン(堤さん)のYシャツは薄汚れていてくしゃくしゃなのに、
  ヴァレン(瑛太さん)のYシャツは比較的きれいでシャキッとしていた。

10、ヴァレンが手にした包丁が中華包丁だった。

11、2年も前に切り落とした犬の耳が、
   果たして原形をとどめているものかどうか、疑問に思った。

12、ロンサム・ウェストの原作者マクドナーに、
   自分たちの町をこんな描かれ方をされたリーナンの町の人々は、
   どう感じているのか心配になった。


こんなことを考えているようでは、良い観劇態度ではありませんね。
次回は、もっとまじめなことを書きます。
失礼しました

2014_05
06
(Tue)22:21

ロンサム・ウェスト ~その23~ 堤さんの思う壺

今日から「ロンサム・ウェスト」感想
少しずつ書いていこうと思います。


堤真一さん演じる兄コールマンと瑛太さん演じるヴァレンの
愚かで、壮絶な争い
を観ているうちに、
みよごんは
「なんか分るな、この感覚‼」
と感じました。

心の中のこそばゆいところを刺激されるような・・・
幼い日の兄弟げんかや、
つまらないことで夫と言い争った時の感情というか感覚というか、
そういったものを思い出したんです。


親しくてお互い何でも知っているからこそ、
相手の一番痛いところを攻めてしまう。

可愛さ余って憎さ百倍というか、
やっつけるときは徹底的にやってしまう。

これからも切れない(半永久的に続く)だろう関係だからこそ、
ここで負けるわけにはいかない、
絶対言い負かしてやろうと躍起になってしまう。

「こういうことを、一般的に依存っていうのね
と気がついて、一瞬ゾッとしました。
そして反省



家に帰って、プログラムを開き、
まず最初に堤さんのコメントを読みました。

その最後の一文
「観ている方々も自分たちの家族の在り方を
ふっと振り返ってしまうものにできればと思っています」



やられました・・・


また、堤さんの思う壺に嵌ってしまったみよごんでした。




そうそう、
プログラムの堤さんのお写真、
とっても素敵でした
2014_05
06
(Tue)00:19

ロンサム・ウェスト ~その22~ ストーリー

「ロンサム・ウェスト」は初日から早2日。
みよごんの頭の中の整理を兼ねて、
ストーリーをご紹介します。

新鮮な気持ちで舞台をご覧になりたい方は、
読まない方がよいかもしれません








続きを読む »

2014_05
04
(Sun)18:33

ロンサム・ウェスト ~その21~ 演劇ぶっく

シスのHPによると
5月9日発売号「演劇ぶっく」
「ロンサム・ウェスト」についての
最後のメディア情報になるのでしょうか?

                 ebc0bc19-s.jpg
          (クリックするとアルバムが開きます)

なんて可愛いらしいんでしょう!!
そして爽やか!!

こんな堤真一さん、お久しぶりです。
お懐かしゅうございます

「ロンサム・ウェスト」のコールマンのイメージとは
対極にありますね。

こんなギャップ、こんな多面性
また惚れ直してしまうみよごんです。


5月7日追記
雑誌の詳細はこちら
堤さんの記事は4ページのようです。
何が書いてあるんだろう?
早く読みた~~い!
2014_05
04
(Sun)12:48

ロンサム・ウェスト ~その20~ お花

「ロンサム・ウェスト」
初日に届いていたお花をご紹介します。

初めて写真をアップしてみました。
チケットのキャンセル待ちでドキドキ震えていた時に撮ったので、
写真の構図もピントもあったものではありませんが、どうぞご覧下さい。
写真をクリックすると(何故か)アルバムが開きます。
いまだにブログの機能が理解できないみよごんです。




まず、堤真一さんへ

博報堂さん
             015 - コピー

松雪泰子さん、「山のあなた」の石井監督
           016 - コピー


TBSさん、フジテレビさん
           010 - コピー (2)

恵俊彰さん、大森南朋さん
           009 - コピー

似たような写真ですがもう一枚
           007 - コピー

麻生久美子さん、長澤まさみさん、そして気になる是枝弘和監督
           008 - コピー


とっても気になるので、是枝監督からのお花だけアップで
              006 - コピー

松潤からもキャスト全員へ
           011 - コピー

瑛太さんに届いたお花、写真では切れていますが、爆笑問題さんからも
           013 - コピー

有起哉さんにもテレビ局各社などからたくさんお花が届いていました。
木下あかりさんに、木下茶園?とか木下農園?というお花が届いていたのですが、
同じ苗字なのでもしかしたら御実家?農園のお嬢様なのかも?
勝手な憶測でした。

2014_05
03
(Sat)23:02

ロンサム・ウェスト ~その19~ 初日観劇

今日は
「ロンサム・ウェスト」初日でした

幸運なことにチケットがありました。
それも舞台を間近に見ることができる席
神様ありがとうございます



会場にはお花がたくさん届いていました。

麻生久美子さん、草薙剛さん、長澤まさみさん、松雪泰子さん
大森南朋さん、恵俊彰さん、博報堂さん、
TBSやフジのドラマ編成部からのお花もありました。

堤さんがこれからご出演、ということもあるのでしょうか?
期待してしまいます。


「山のあなた」の石井克人監督からもありました。

監督といえば、
是枝裕和監督からも立派なお花がありました。

堤さんのご出演なさった映画に、
是枝監督の作品はあったでしょうか?

もしや、次回作?
これが「映画」で「時代劇」?

などと深読みしてしまいます。

瑛太さんにも是枝監督から届いています。
瑛太さんには出演作があったのかな?


『マクベス』の翻訳者の松岡和子先生もおみえになっていました。



お芝居についてはたくさん書きたいことはあるのですが、
一言で表現すると、

「難解ではなかった」です。

笑いも多く、どんどん引き込まれる舞台でした。


終演後は、熱い拍手に応えて2度カーテンコールがありました。
堤さん、笑顔でしたよ

昨夜は寝られたでしょうか?
今晩はゆっくりお休みになれるといいですね。






ネタバレにならない、当たり障りのないところでは・・・


上演時間は休憩なしの1時間43分
今日も時間通り終了。


「いっぷく」では堤さんのお髭が印象的でしたが、
今日は口元に少しある程度で、スッキリしていました。

役作りでたくわえていらっしゃった訳ではなかった?
それとも、急きょ変更でしょうか?



御髪はぐしゃぐしゃ。

眼鏡をかける場面があるのですが、
大黒シズオかっ!と突っ込みたくなりました。



瑛太さんの声、良かったですよ。
「良い楽器」でした。



みよごんは、後半にあと2回観劇予定です。
初日とどこが変わっていくか楽しみにしています
詳しい内容や感想はまた次回以降に書いていきます。






2014_05
02
(Fri)15:08

ロンサム・ウェスト ~その18~ 初日!

明日は待ちに待った
「ロンサム・ウェスト」初日ですね

みよごんはやっぱり待ちきれず
当日券にトライしました


電話受付が始まる正午を待って発信ボタンを押したつもりが、
フライング!
受付時間外のアナウンスが流れます。

次のタイミングで発信した時はすでに話し中
繋がってもシステムの案内が流れて、
「話し中の場合は後程お掛け直しください」
の後に、また話し中の発信音


そして


12:15を回ったころ繋がりました

しかし、チケットぴあの女性オペレーターは
無情にも私にこう告げたのです。

「当日券の予定枚数は終了いたしました」

やはり…遅かったか・・・・

「お客様はキャンセル待ちの整理番号になりますがよろしいでしょうか?」

えっ
キャンセルなんか出るのだろうか?と思いつつも、お願いすることにしました。

フルネームと電話番号をお伝えし、キャンセル待ちの整理番号をいただきました。
もしかしたら?と希望の持てる番号でしたがどうなることやら

門前払いを食らった時のショックを考えると萎えてしまいますが、
昼間はほかの舞台を観に行くので、
その帰りにちょっと寄ってみる、くらいの気持ちで行ってきます!




さて、

「シアターガイド」が発売になっていますね。

演出の小川絵梨子さんと堤真一さんの対談(3ページ)です。
堤さんはGパンに白いクルーネックのシャツ。
黒いニット帽にお髭のないこざっぱりしたお顔。


今回の稽古の進め方などについて語っていらっしゃいます。
キーワードは「関係性」なんですね。

堤さん演じるコールマンは
働かないでお酒ばかり飲んでいるダメな中年男。
瑛太さん演じるヴァレンは
ケチで聖像集めオタク。

難解な戯曲で後味が悪い。


う~~ん、やはりみよごんは何回も観なくっちゃわからないかも…