FC2ブログ
2018_01
28
(Sun)23:16

近松心中物語 ふたたび

堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん
いのうえひでのりさん演出
近松心中物語
再び観てきました。


初日は2列目のセンター(SS席)でド迫力の演技を満喫。
今回は15列のサイドブロック(S席)
センターブロックだったらもっと良かったとは思うけれど、
舞台全体が見られて、大満足です。
個人的な感想としては、
SS席より、S席が観やすいんじゃないかなぁ・・・?

そして、
忠兵衛(堤)さんも、
すっごくステキに見えました。

頭がちいちゃくって、細面のお顔に髷がお品良く、
撫で肩のスラリとした体と長い手足が、
まるで、文楽人形のよう!

遠景に映えるそのお姿は、
まさに、二枚目!!

さらりさらさらと、
羽織を脱ぎ着するところなんか、
惚れ惚れしてしまいます(≧∇≦)


初日に拝見した時は、
忠兵衛(堤さん)×梅川(宮沢さん)より、
与兵衛(池田さん)×お亀(小池さん)が印象に残るお芝居でした.
でも、今回は、
二枚目コンビの美しさが際立っていました。


クライマックスの心中シーンも、
初日は近くで見る大迫力に圧倒されるばかりでしたが、
今回は、その美しさに息をのみました。



なんであんな寒い所で襦袢になってしまうのか、
初日に見た時から疑問に思っていたものの、
絶望の現実から、至福への旅立ち、
空蝉の衣を脱ぎ捨てるということで良いのかな?






強い光に照らしだされる、
鮮やかな色彩の世界。





それは、
燃え盛る情念なのか、
それとも、
一瞬の命の輝き、
はたまた、
恍惚の瞬間。


あの時、忠兵衛が見たものは?




不思議な幸福感と
死への妖しく甘美な香りに満ちた、
なんとも官能的なシーンでした。


何度観ても良いですね(#^.^#)








そして、そして、

初日以上に、泣いた、泣いた…


ストーリーを知っているせいか、
感情がお芝居に乗って乗って、
堪りませんでした (^^ゞ

お亀ちゃんの言葉に、
梅川の言葉に、
忠兵衛の一言一言に、
涙が溢れました。

忠兵衛と梅川、
出逢わなければ、穏やかに生きて行けただろうに・・・

でも、
こんなにも人を好きになれたら、
本当に幸せだと思います・・・








この舞台、映像として残るようですが、
どんな編集になるのか楽しみです。




舞台の音声について色々な意見があることを
小耳にはさんでおりましたし、
私も初日は聞き取りにくいと思っておりましたが、
まったく違和感なく拝見しました(*^-^*)

堤さんのお声、良く通ってステキでした(≧∇≦)


スポンサーサイト
2018_01
24
(Wed)11:31

先を読めていた会長篇

堤真一さんがCMキャラクターを務める
NTTdocomo

遅ればせながら、
1月18日に公開された
「先を読めていた会長篇」貼っておきます。



テレビではなかなかロングバージョンにはお目にかかれません( ;∀;)
そして、
充希ちゃんとどうなったのか、
気になりますよね・・・


次回作に期待です(*^-^*)
2018_01
11
(Thu)03:10

近松心中物語 初日観劇

いのうえひでのりさん演出
堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん

「近松心中物語」
観てきました!!



20180110-7.jpg


15分の休憩をはさんで上演時間は2時間30分。
20180110-7 (2)
ほぼ定刻通りに終わりました。  


パンフレットはB5版(右側) 千円です。
20180110-5.jpg
お芝居の背景の理解を深める記事や、
稽古中のお写真も満載です (*^-^*)




そして、

お芝居、素晴らしかったです

鮮やかで、儚くて、
可笑しくて、切なくて…


どっぷりとお芝居の世界に引き込まれ、
たっぷり涙を流してしまいました。




堤さんは
梅川との出会いで瞬く間に変わって行く忠兵衛を
鮮やかに演じていらっしゃいました。

圧巻はあの一言!

それは悲しく残酷な言葉であるのに、
聴いた途端に、
この言葉こそが待ちわびていた言葉だと思い知りました。
どんな美しく希望に満ちた言葉より、
甘美で暖かな幸福感に満ちていました。

堤さんはインタビューで
「愛を貫くために死を選ぶ」という決断が、
現代のお客様に果たして納得していただけるのか・・・
と仰っていましたが、
ものすごく納得しました。
というよりか、そのセリフを聴いた途端
涙が止まらなくなりました。


宮沢りえさんは美しさもさることながら、
辛い運命を生きる人間の芯の強さを感じさせました。

池田成志さんの可笑しさと哀しさは絶品でした。
小池栄子さんの可愛さと切なさには泣かされました。



死があるからこそ生が輝くように、
男がいるからこそ女が輝き、
女がいるからこそ男が輝く。

   
心に深い余韻を残すお芝居でした。


劇場からの帰り道、
冬の夜の冷たい空気に凍えながら、
お芝居のクライマックス、
雪の降りしきる新口村(にのくちむら)の暗く深い谷間で、
あの二人はどんなに寒かっただろうと、
思いを巡らせては、ため息を吐きました。



みよごん、今回すごく前の方の席で、
堤さんの演技を間近で観られて大満足でしたが、
奥行きの深い舞台を生かした演出や、
照明を駆使した演出などは、
もっと後ろの席でなければ堪能できなかったな、
と思いました。
逆に、
劇場の最後列でも十分楽しめる演出だと感じました。





う~~~ん、
もっともっといろいろ書きたいけれど、
まだ初日なので自粛します(›_‹)


また次回観劇したおりなどに、
追々、書き足していきたいと思いますm(__)m







2018_01
11
(Thu)01:35

お蘭、登場

6月中旬から7月下旬まで
堤真一さん×高橋克実さん×小泉今日子さん
「お蘭、登場」が上演されます!!

20180110-6.jpg


このお三方、
左江内氏を彷彿とさせますね。

でも、今回は
全然違ったテイストの作品になりそうです。

江戸川乱歩さんの作品には、
「お勢、登場」というものはあるそうですが、
北村想さんがどんな作品にしているのか、
楽しみです(*^-^*)

2018_01
09
(Tue)09:21

近松心中物語 明日初日!

あぁ~!

いよいよ、明日
堤真一さん×宮沢りえさん
いのうえひでのりさん演出の

「近松心中物語」

初日の幕を開けます

20170829-1.jpg


1年余りの時を経て、
堤さんが舞台に戻って来る!!!!!




髷を結い着物を着た、
若旦那のいで立ちで、
宮沢さん演じる美貌の遊女・梅川と
運命の恋におちる!


あぁ!
早く観たいっ!



イメージソングの石川さゆりさんが歌う
「こゝろ花」

公式サイトでは1番が聴けますが、
カラオケでは最後の歌詞までみられます。


”はらり、ほろり”
”ひらり、ふわり”

儚い美しさと、


”二度と戻れぬ、常の道”
”あなたがいればこわくない”


深い情念が心に沁みてくる歌詞です (›_‹)



この歌が、
女の情念を歌わせたら天下一品の
石川さゆりさんの歌声で
劇場に流れるんですよね。

直球です



ええ~いっ!

みよごん、
どんな剛速球も受け止める
こころとからだの準備はできました!
どんな?


明日は、
劇場の雰囲気にどっぷりとつかり、
お芝居の世界に身も心も委ねてまいります!!




2018_01
05
(Fri)14:12

もうすぐ「近松心中物語」♪

堤真一さん×宮沢りえさん
いのうえひでのりさん演出
「近松心中物語」
初日まで、1週間を切りました (≧∇≦)

昨日はシアターガイドを読みました。
毎日新聞にもいのうえさんのインタビューが載りましたね。

今までの堤さんの雑誌インタビューは
お芝居の稽古が始まる前の物でしたから、
今回のは読みごたえがありました。
堤さんは全集を揃えられたりと、
大変勉強家なんですね。
ネイティヴの関西弁だからこそのセリフのご苦労とか、
興味深かったです。


で、
いのうえさんの演出のお話が面白い!


梅川との出会いによってパッと弾ける忠兵衛。
「あぁ!やっちゃったー!」となる封切りのシーン。
五社英雄監督を意識した
コントラストの強いダイナミックできれいな絵作り。
岩代太郎さんの切なくて美しい音楽。



これを堤さんが演じてくれるなんて、
もう、今から心臓がバクバクします (≧∇≦)





いのうえさんが演出してくれる堤さんはみんなカッコ良かった!!

野獣郎 坂上田村麻呂 松永誠一郎 天晴 飛車角
今回も楽しみ(≧∇≦)




新しい「伝説」の誕生を期待しています(*^-^*)






2018_01
01
(Mon)21:01

キリン一番搾り 

堤真一さんがCMキャラクターを務める
「キリン一番搾り」
お正月限定バージョンのCM
『おいしい日本』篇
の登場です!!!




あぁ!!カニ食べた~~っい!!!!!

「カニカニ」言ってるだけなのに、
カニに対する期待やカニの美味しさ全てが伝わってくるぅ~~(≧∇≦)

やっぱり堤さんってすご~~~っい!!!
2018_01
01
(Mon)20:31

今夜くらべてみました

1月10日(水)の日テレ系
「今夜くらべてみました」
よる7時56分からの2時間スペシャル

堤真一さんが出演なさいます。




〇ネタがお好きな堤さんも、渡辺直美さんにはタジタジ(^^ゞ
久し振りにシャロやんも登場!
でも、収録日も場所も違うようなので、
番組ではお会いしなかったのかな?

みてみた~~い!って思いましたが、
この日は「近松心中物語」の初日!!!
みよごんは録画鑑賞です(*^-^*)
2018_01
01
(Mon)00:00

あけましておめでとうございます (*^-^*) 2018

あけましておめでとうございます!

いつも「壺」を覗きに来て下さって、
どうもありがとうございますm(__)m
そして、
堤真一さんへの愛に満ちたコメントと、
暖かい拍手をありがとうございますm(__)m




2017年の堤さんは、
テレビドラマに始まり、テレビドラマに終わりました。

「左江内氏」と「名刺ゲーム」
どちらの主人公も、
絶大なる力を手に入れながら、
人としてのありようが全く違いましたね・・・
そして、
そのどちらもが「まさかあの堤真一が!」
と思わせる役どころで、
ファンとしてはいろいろな意味で
ハラハラドキドキいたしました。
「左江内氏」は半分くらいはとっても面白かったけれど、
どちらもなかなか感情移入がしにくいドラマで、
正直、ずいぶん苦しみながら拝見いたしました (^^ゞ





ドラマとドラマの間には、
紀行番組もありました。

NHKBSプレミアムの大自然紀行では
強くて優しい男を演じる堤さんが、
アイスランドに生きる強くて優しい男の話に心動かされ、
「強い男は優しいね」とその背中を見送る・・・
今回も心を揺さぶられました。
今年はどこかな?たのしみです (^^♪

渋谷の高層ビル建設の番組では、
「がんばれ!」と
青年を力強く励ます堤さんの声が
今でも心の中に響いています。

ニッポン農業最前線では、
現代の農業について知ることができました。





それから、
みよごん的に\(◎o◎)/と思ったのは、
ナレーションのお仕事!



北斎美術館の番組はもちろん安定のお仕事ぶりでしたが、
「もふもふモフモフ」は衝撃的!
あのモフモフちゃんそれぞれのキャラづくりが
堤さんのアイデアだと知って、ますます感激!!
特に女の子キャラが可愛いくって堪りません(≧∇≦)
これからも続いてほしいです!!


「DESTINY 鎌倉ものがたり」でも
途中からカエルさんになってしまうので、
新しい傾向なのかなぁ、なんて思ったりもしました。





そうそう!CMもたくさん見られました!

新しいアリナミンでは安定の「理想の上司キャラ」
カッコイイ(≧∇≦)

ヒノノニトンでは「パパキャラ」
保育園にスーツ姿で現れる堤さんに萌えました(n*´ω`*n)
メイキングで赤ちゃんをあやす堤さんに癒されました(*^-^*)


NTTdocomoでは驚愕の展開!
ブルゾンさんとのセクシーダンスも
充希ちゃんとの「しんいちさん」「キャップ」も
ツボ過ぎてテレビの前で悶え苦しみました (^^ゞ
ポインコちゃんやみやぞんさんとの共演も可愛かったし(*^-^*)
年末の「忘年会篇」では来年の展開を期待させますね・・・


パパキャラと独身キャラ、
どちらも要求される堤さん



秋からは「一番搾り」
秋刀魚とビールがお好きな堤さんにピッタリ!
昭和なイメージもピッタリだし、
鼻唄も聴けて、ご機嫌なCMでした(*^-^*)





そしてそして、
2017年度、みよごん的ナンバーワンは


「本能寺ホテル」のお館さま、こと
織田信長

何度観ても、お館さまはカッコいい!
今までの信長像はなんだったのだろう?
まさに、新しい信長像の誕生です。

紅蓮の炎の中の
白装束のお館さまを見届けたあとは、
映画の画面に誰が映し出されていても、
脳裏に浮かぶのはお館さまの面影。

映画館からの帰り道、
「おまえのやりたいことはなんだ」
というお館さまの問いを反芻して、
「堤さんのブログを書きたい!」
という答えしか浮かばなかったみよごんだったのですが、
その後、新しい勉強を始めることになり、
個人的にも、忘れられない映画になりました。

Blu-rayのコメンタリーを拝聴すると、
天下の「堤真一」でありながら、
垣間見られるその素顔には、
ごくごく普通の感覚を持ったひとりの男性がいて、
そういう人が演じるからこそ、
歴史上の英雄にもリアルな存在感が生まれるのだなぁと
感慨無量になりました。




さて、2018年!!

幕開けは伝説の舞台
「近松心中物語」

特設サイトで、
石川さゆりさんの劇中歌を聴いているだけで、
あんなシーンこんなシーン・・・と
妄想がどんどん広がってしまって、
もう止まりません(≧∇≦)

来週10日の初日には万難を排して劇場に行く予定です(^^♪


毎年、毎年、
「今まで見たことがなかった堤真一」を
見せてくれる堤さん。

今年はどんなものを見せてくれるのでしょう!!





プライベートもますます充実なさった堤さんの
ご健康とお幸せと、より一層のご活躍、
そして、
みなさまのご多幸をお祈りして、
みよごんの新年の挨拶にかえさせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m