FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

民衆の敵 

今年もあと残すところ数時間。
みなさま、お忙しくお過ごしのことと存じます。
諸事情があってみよごんは、
年末年始もひとりでお留守番です。
帰省している夫から、
「いろいろとストレスが溜まるだろうから、
 好きな堤真一の事とか考えて、 
 リラックスしなさい」
とLINEが来ました。
「はい、いつも考えています」
とも返せないので、
ありがとう!というスタンプを送りました(^^ゞ


さて、
ジョナサン・マンビィさん×堤真一さんの
「民衆の敵」
とうとう幕を下ろしました。

堤さん演じるトマスは、
見た目が爽やかで好感度満点、
とても賢そうに見えます。
でも、
いくら真実のためとはいえ、
言っていることやっている事が結構エグくって、
というのか、
言い方も下手で、
やり方ももっと他があるだろう!と
思わず突っ込みを入れたくなるような
アホな一面を持った、
いえ、アホなんじゃないか?と思える人物。
20181231-2.jpg


スティーブ・マックイーンさんが演じたトマスは、
見るからに変人っぽいから、
色々な解釈や表現があるんですね。
20181231-1.jpg
もう誰だかわからないくらい作り込んでいますもんね。
でもこれが当時の風俗なのかな?


さて
もうみなさまご存知かと思いますが、
ステキなお知らせをツイッターで見つけたので、
こちらにも貼っておきますね。





トマスの娘を演じた大西礼芳さん、
お声が通ってセリフも聴きやすく、
とてもステキな女優さんでしたね。


そして





どこのカメラが入ったのかと思ったら、
衛星劇場さんだったんですね。
みよごん、以前は
ケーブルテレビで衛星劇場などを見ていたんですが、
WOWOWに加入した際に
ケーブルは解約してしまいました( ;∀;)
どうしようか考え中です。




ではみなさま、
どうぞ、良いお年をお迎えください(^^)/
スポンサーサイト



忍べ!右左エ門 ~堤真一図鑑~

「忍べ!右左エ門」

20181219-1.jpg

今日は4Kで放送があったようですね。
みよごんは見られなくて残念です…

なので、先日の放送を
「堤真一図鑑」としてまとめてみました。


まず、瓦版に描かれた似顔絵から。
20181219-1 (2)
目大キク顔立精悍ニテ 美男ナリ
そう!このドラマはそういう堤さんを愛でる番組でした。

「忍べ!右左エ門」

いやぁ、カッコ良かった!



苦しみに耐え、
葛藤し、
やつれた姿で、
長い髪を振り乱し、
長い手足を巧みに操り、
力強く、
そして
美しく刀を振るう「堤真一」を
ただただ、ひたすらに
愛でる番組だったと思います。



「民衆の敵」は面白いお芝居で、
夫にはとっても好評だったし、
あの、
真実のためなら、
実の兄や義理の父親を辱め、
地獄に突き落とすことさえ、
なんの葛藤もなく、
まったく躊躇せずにできるという、
本当に理解しがたいトマスの、
とてつもないエネルギーを、
嫌悪感を抱かせずに、
ときに、
不思議な明るさを持って、
見事に演じ切れるのは、
やっぱりさすが堤さんだなぁと
観ていたけれど、
ファンが見たい「堤真一」とは
ちょっと違っていたかな。


その点、今日のドラマは、
まさに、
ファンが見たい「堤真一」



で、
今日のキャストを見ると、
ウッチャンは「LIFE!!」だけじゃなく紅白の司会もするし、
中川君は大河出演者、
伊藤健太郎くんは「足ガール」の若君様だし、
永野芽衣ちゃんは言わずと知れた朝ドラ女優。
古田さんは今度、沢口靖子さんとNHKの時代劇に出るでしょ。
もちろん、
堤さんも「もふもふ」や紀行番組があるけど、
これだけ華麗な殺陣を披露しておいて、
それだけで済むわけがないと思うんです。

絶対、なんかある!!!!!



みよごん、期待を込めて、
そう信じています。

「決算!忠臣蔵」

2019年冬公開予定
中村義洋監督の
「決算!忠臣蔵」
堤真一さんが主演なさいます
討ち入りがあった12月14日に発表なんですね(*^-^*)

堤さんは大石内蔵助。
タグを組むナイナイの岡村隆史さんは、
ワーキングプアな勘定方・矢頭長助。
原作は、
江戸時代研究の第一人者である
東京大学教授・山本博文さんの
「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)。

今作の大石内蔵助は
女好きでボンボン育ち。
限られた財源の中で討ち入りを計画するために
『それ、なんぼ?』が口癖になってしまうとか。

堤さんは
新しい大石内蔵助像を演じるのですね
楽しみ~(^^♪ おもしろそ~(*^-^*)


詳しくは映画COMさんの記事をどうぞ。
公式サイトもオープンです。
12月15日追記


それにしても、
4月に「良い子はみんなご褒美がもらえる」
6月に「泣くな赤鬼」
7月に「2人の主人に仕えた男(仮)」2人
そして多分12月ごろに「決算!忠臣蔵」

今から来年が楽しみすぎる~~っ(≧∇≦)





良い子はみんなご褒美がもらえる

<東京公演>2019年4月20日(土)~5月7日(水)TBS赤坂ACTシアター
​<大阪公演>2019年5月11日(土)~5月12日(日)フェスティバルホール
「良い子はみんなご褒美がもらえる」

堤真一さんがご出演です。
A.B.C-Zの橋本良亮さんとダブル主演だとか。20181214-1.jpg
お写真はTwitterからお借りしました。


平成最後の大型連休にバッチリ当ててきましたね。
この日程なら、7月のお芝居にも間に合うというわけですね。
それにしても堤さん、ハードスケジュール( ゚Д゚)



あの「アルカディア・ARCADIA」の
トム・ストッパードさんが
1970年代に書き下ろした作品。

原題の
「Every Good Boy Deserves Favour」は、
五線譜を覚えるための英語の語呂合わせ、
とありますが、
あぁ、なるほど、
ト音記号の楽譜の5線は下から
ミ➡E(ドイツ語、英語、イタリア語など)
ソ➡G
シ➡B
レ➡D
ファ➡F
の音符が乗るところですからね。

「アルカディア・ARCADIA」は
科学ネタでしたが、今回は音楽ネタです。

音楽のアンドレ・プレヴィンさんは
「マイ・フェア・レディ」などで4回もアカデミー賞とってる
作曲家でピアニストで指揮者。
面白そう~(^^♪

で、舞台は
独裁国家の精神病院の一室。

堤さんは
誹謗罪で投獄された
政治犯のアレクサンドル・イワノフ。
ロシア系のお名前ですね。
体制に対して不都合な事を言っちゃったりするのは、
「民衆の敵」のトマスさんにも通づるところがあって、
なんか面白いですね。

橋本さんは
同姓同名の心を病んだ患者さんだそうです。

そして、
オーケストラ35人を従えた舞台だそうで、
橋本さんは歌ったり踊ったりするのかな?
堤さんは???


演出は
英国ロイヤルバレエを中心に世界的に活躍する
ウィル・タケットさん。

これ、絶対誰かが踊りますよね。
「るつぼ」や「民衆の敵」みたいに
アンサンブルの方々が入るのかな?


生オーケストラの音楽と、
ダンスと、
演劇。


2013年に池辺信一郎さんの企画で
サントリーホールで、
たった1回限りの公演があったそうです。



今回の上演時間は
休憩なしの1時間15分!!!
瞬きなんてしている場合じゃありませんよ!!

どんな舞台になるのか、
想像がつきません (≧∇≦)


ともかく、楽しみ!!!




詳しくはSPICE 堤真一とA.B.C-Zの橋本良亮が、35人のオーケストラを従えて“自由”を主張する 舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』
PARCO STAGEの公演サイトをどうぞ。

民衆の敵 日本経済新聞・劇評

ジョナサン・マンビィさん×堤真一さん
「民衆の敵」


日本経済新聞の夕刊にも
劇評が掲載されています。

20181208-1.jpg

こちらは演出について多く書かれています。
みよごんが「るつぼ」ぽいなぁって感じたところです。
マンビィさんの特徴なんですね。

堤さんについては、こちらも高評価 (*^-^*)
亜蘭さん演じる奥さまは、
トマスよりずっと分別がある人なんですが、、
ある時から、
夫を支える妻に徹するんです。

トマスも変わり、
妻も変わって行く。

この物語の本題ではないんだろうけれど、
夫婦って、家族って、愛情って何だろう、
と考えるみよごんでした。


民衆の敵 朝日新聞・劇評

ジョナサン・マンビィさん×堤真一さん
「民衆の敵」

昨日の朝日新聞の夕刊に劇評が載りました。

20181207-1.jpg

堤真一が硬軟織り交ぜ、疾走して主演する・・・
がっつり主演している感じが良いですね(*^-^*)

そしてやっぱり、
船長さんを演じる木場さんが良いんです。

で、
お芝居の端々で、
な~んか胸糞悪いなぁと感じていたんですが、
これがアイロニーというものなのでしょうか。

イプセンの笑いは
ブラックなんですね。

みよごん、ユーモアが分からないのか、
笑えなかったです(苦笑)あっ、これも笑いなのかな?



凄み

12月19日(水)夜10時から11時10分に
NHK総合で放送される、
「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」


これから毎日
メインキャストが「手裏剣チャレンジ」
をなさるそうです。

動画はLINE、Twitter、番組サイトなどで見ることができます。
今日は主役の内村さんがたっぷり笑わせてくれました (*^-^*)
明日は中川さん、堤さんはいつぐらいかなぁ~?

と思いながらキャストのお顔を拝見していると、
20181207-2.jpg

堤さんのお顔が…
恐ろしいほどの凄み!!!

どんなタイミングでこのお顔になったのか!

殺陣の堤!

12月19日(水)夜10時から11時10分に
NHK総合で放送される、
「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」

20181102-15.jpg


昨日、試写会と会見が行われたそうですね。

内村光良さん、ムロツヨシさん、中川大志さん、
伊藤健太郎さん、塚地武雅さん、
シソンヌ(長谷川忍さん、じろうさん)、
田中直樹さんがご出席です。
堤さんは公演中なのでご欠席。

70分のドラマを撮るのに、
1か月以上かけたそうです。
さすがNHKさん!!

偶々見ていた「足ガール」でファンになった
「若君さま」こと伊藤健太郎くんと
堤さんの
迫力の殺陣シーンがあるということで、
とっても楽しみ(*^-^*)
本番までお二人の手合わせはなかったというから、
それは緊張感のある、
鬼気迫るシーンになったのではないかと期待しています。

堤さんは
雨で撮影が流れた日に
アクションチームのみなさんを連れて
お稽古をなさったとか。
やっぱり、キチっとお仕事なさるんですね(*^-^*)
ムロさんも絶賛です。

詳しくは
伊藤健太郎、長髪の“美しき最強忍者”に 堤真一とのアクションシーンは「できないと思いました」<LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門>
ムロツヨシ:堤真一のかっこよさ「まざまざと」 自分は古田新太から2時間説教
内村光良も絶賛!堤真一と“ド迫力”殺陣シーンに挑んだ伊藤健太郎『正直できないと思いました』
をどうぞ。

「2人の主人に仕えた男(仮題)」

SISのサイトから
堤真一さんの新しい舞台のお知らせです

18世紀、イタリア喜劇の代表作、
「2人の主人に仕えた男(仮題)」
Il servitore dI due padroni
2019年7月 新国立劇場中劇場

原作:カルロ・ゴルドーニ
上演台本・演出:福田雄一
出演:ムロツヨシさん 堤真一さん
    吉田羊さん 賀来賢人さん 若月佑美さん

一般発売開始は2019年5月中旬頃の予定のだそうです。


カルロ・ゴルドーニといえば
三谷幸喜さんが演出した
大竹しのぶさん主演の
「抜け目のない未亡人」もそうでしたね。
すごく面白かった(≧∇≦)
「2人の主人に仕えた男」は
邦題では「アルレッキーノ」とされることも多く、
あちらこちらで上演されているようですね。
ミラノ・ピッコロ座では看板演目で、
「アルレッキーノ・二人の主人を一度にもつと」
として上演されているようです。

今作は、
ムロさんが主役ですね。
二重にお給料をせしめようと、
二人の主人につくのだけれど、
それをばれないようにするドタバタ喜劇、というところでしょうか。
ウィキなんかでみてみると、
二人の主人が堤さんと吉田さんで、
それは実はただならぬ仲で・・・
賀来さんと若月さんは若い恋人?
イタリア語なんでグーグル翻訳で読んでも
さっぱり見当がつかないんですが、
福田さんがどんな脚本でどんな演出をしてくるのか、
楽しみです。

民衆の敵 予習・復習

堤真一さん×ジョナサン・マンビィさん
「民衆の敵」

20180915-2.jpg

はや、3日目ですね。


初日に公開された舞台写真が
ディップス・プラネットさんなどで公開されています。

そうなんです!
トマスさん、
御髪も短めで、とってもカッコ良いです。
堤さんがコメントの中でトマスの異常な情熱のことを
「青い」と仰っていますが、
そういうキャラクターの表現も含めてか、
若々しい雰囲気です。


そして、
12月7日発売「悲劇喜劇」1月号には
今回の「民衆の敵」の戯曲が掲載されるそうです。





ラストのトマスの義父の図ったことが分かりにくかったので、
戯曲を読んで復習しようと思います (*^-^*)

キリン一番搾り 買い出し篇

堤真一さんがCMキャラクターを務める
キリン一番搾り


「買い出し篇」が公開です。



あぁ、もう一年が終わるんですね…

「日本夏篇」では女性が働いていて、
男性が食べていたのが評判が悪かったせいか、
冬は堤さんが働いています。
一番搾りを箱買いして、
美味しそうな牛肉と
毛ガニを2杯お買い物。
お鍋は、
もちろん女性も一緒に囲みます。

堤さんのお歌も味があっていいですよね。
「2杯行っちゃう?」のお顔もかわいいし、
缶やグラスを持つときの小指も好きです。
マイクを持つときも同じ小指になりますよね(*^-^*)