FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

泣くな赤鬼 絶賛上映中

堤真一さん×柳楽優弥さん
「泣くな赤鬼」

もうみなさまご覧になりましたか?


今日、
みよごんが通っているゼミの情報誌に
こんなものが!!!

20190706-18.jpg
決定稿だそうです。

全部で80のシーンでできています。
じっくり読んで、
小渕先生の背中を見つめようと思います。


この情報誌には、
脚本を担当なさった
上平満さんのインタビューも載っていて、
ロケ現場でお会いになった堤さんの印象についても
お話しなさっています。
「すごいオーラがあって
普段は関西弁でしゃべられていて
座長さんのように周りに気を遣っていて
雰囲気のある方でした。
ノックの打ち出しもすごく上手で、驚きました」
うんうん

柳楽さんについても
「演技する前は気を消しているように見えるんですが、
本番になると、ものすごい存在感で圧倒されました」と。
ホント、柳楽さん、良かったですよね…



まだご覧になっていない方は、
直ぐ劇場へ 




スポンサーサイト



恋のヴェネチア狂騒曲 公演レポート

昨日幕を開けた
「恋のヴェネチア狂騒曲」

公演レポートが出ていますね。

福田監督が
「終始爆笑」と仰っているように、
とっても楽しい舞台でした。
みよごん笑いながら、
監督はどこで見ているのかなぁ
なんて思ったりもしていました。

堤さんのお写真は
怖いお顔のこの1枚しか出ていないのが残念です。
せめて全身の美しさが分かる1枚が欲しかったなぁ…
20190706-6.jpg
シス・カンパニー公演「恋のヴェネチア狂騒曲」より。(撮影:宮川舞子さん)


吉田羊さんの演じる
ベアトリーチェの男装の麗人ぶりが
本当に美しくて凛々しくて、
その美しさが、より一層、
堤さん演じる
フロリンドの男らしさを際立たせ、
そして、
ベアトリーチェのフロリンドに対する愛情が一途で、
それがまた、
フロリンドを魅力的に見せてくれました。



これからご覧になるみなさま、
どうぞ十分にお楽しみください。



あ、それから、
吉田羊さんのスタッフの方のツイートを見つけました。
お花はどこに行っちゃったんだろうと思っていたら、
楽屋への通路に飾ってあたんですね。



で、このお写真、
よ~~っく見ると気になるものが…
ドラマスタッフって、
ドラマやるのかな?
「赤鬼」の制作幹事だったから
そのことかな・・・?


恋のヴェネチア狂騒曲 初日!

カルロ・ゴルドーニ作、
福田雄一さん演出・上演台本
ムロツヨシさん
堤真一さん、吉田羊さん
賀来賢人さん、若月佑美さん、
池谷のぶえさん、野間口徹さん
粕谷吉洋さん、大津尋葵さん、
春海四方さん
高橋克実さん、
浅野和之さん、
「恋のヴェネチア狂騒曲」
初日の幕が上がりました



みよごんも観てきました


20190706-16.jpg


気になっていた上演時間。
才原さんの時は休憩なしで短かったけれど、
今回はたっぷり2時間32分(休憩時間込み)
20190706-7.jpg

カメラが入るので、
どちらのカメラかなぁと思っていたら、
WOWOWさんでした。
今秋放送とか!!


「死と乙女」のポスターもありました。
20190706-6 (2)


プログラムは1000円。
あのジャージを着た稽古風景のお写真もたくさん。



さてお芝居は・・・

幕が上がった瞬間から、
賀来賢人さんが飛ばします。
こちらの心の準備ができていないうちから、
もう笑わされている…

若月さんはキレイでかわいい。
バカップルぶりが微笑ましいです。

高橋さんと浅野さんは、
安定の芸達者。
絶妙な掛け合いでした。

野間口さんの舞台を観るのは初めて。
お目にかかれて嬉しいです。
衣裳も普通っぽく
佇まいもすごく普通っぽいところが
いかにも野間口さんらしくて良かった。

のぶえさんは、いつもおもしろいんだけど、
今回は特に良かったです。
ムロさんや克実さんとの掛け合いも最高!
また、女性目線の台詞が秀逸でした。

ムロさんは、ムロさん(笑)
あの不思議なキャラクターは、
ムロさんならではですね。

吉田羊さんも初めて拝見するのですが、
すごく美しくって、惚れ惚れしました。
宝塚です。


そして、堤真一さん。

いやぁ、ホント、
カッコ良かったです。





この後は、
多少ネタバレになってしまうので、
畳みます。