FC2ブログ

昔の日々 

デヴィッド・ルヴォー演出
ハロルド・ピンター作
堀部佳亮×若村麻由美×麻実れい

「昔の日々」(日生劇場)を観てきました。


謎めいていて、甘美で…

どの瞬間を切り取っても、
絵になるような美しい舞台でした。




憧れの堤真一さんが師と仰ぐデヴィッド・ルヴォーさんの演出なので
とても期待していた半面、
原作のハロルド・ピンターさんは不条理演劇(なんのこっちゃ?)の大家で、        
その作品の中でも特に
「昔の日々」は難解である
と聞いていたので、実は、恐る恐る観に行ったのです。







開演ベルが鳴っても、お芝居は始まらない。

舞台のセンターにはせり出すような正方形の赤い絨毯の部屋、
その背後にはモノクロームな世界が広がる。
枯れ木、朽ちかけたグランドピアノ、中央には赤い火をたたえた暖炉。

観客はその舞台をじっと眺めて開演を待つ。



しばらくすると、
時間と空間を撹拌するようなマリンバが刻む音楽とともに、
正方形の部屋の後ろに壁が左右から現れ、
モノクロームの世界は視界から消え行く。

真っ暗な広い劇場に
正方形のに囲まれた深紅の絨毯の空間が浮かび上がる。

そして登場人物も、
夫は、ダークスーツ
妻は、青白い優雅なワンピース
妻の古い友人は、深紅のブラウス黒いタイトスカート。


会話は攻撃的で、それでいてとりとめがなく、
観ている者の想いは、
広い空間に浮かんだ深紅の舞台のように、
ふわふわと不安定に漂う。


しかし、
目に入ってくる3人の姿は、
細部にまで神経が行き届いた美しさ。

夫の顔の角度、
しどけなくソファに横たわる妻の絶妙に捻じられた体、
友人の隙のない立ち姿、

それぞれが触れ合うほど近づいたり、
遠くで視線を交わしたりするのだけれど、
そのどの瞬間も絵画のよう。



立ち上る煙草の白い煙、
銀のポットから弧を描いて注がれるコーヒー、
クリスタルのグラスに揺れる琥珀色のお酒、
入浴後の濡れた髪、

そのどれもが、
具体的な感覚を伝えてくれる。




終盤、
漂っていた物語のピースが、
少しずつあるべき場所に収まり始める。
はまりかけては崩され、
それでも一つの方向に向かっていく。

そして突然の大音響のノイズ。
壁は消え、モノクロームの世界が広がる。


半ば茫然としたまま劇場を後にする観客に
デヴィッドは物語の手掛かりを用意してくれているのだけれど、
物語のピースが整然とはまらなくても、
五感が受けた不思議な感覚に浸れたならば、
充分なのかもしれない。


堤真一は言う
「彼(デヴィッド・ルヴォー)との出会いが、いわば、役者としての僕始まりです」


いまいちど、
彼(デヴィッド・ルヴォー)が演出する彼(堤真一)を観てみたい。






関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

みよごん  

りんさま

>大丈夫じゃないでしょうか。
リンさまが太鼓判を押されるなら、私もOKだと思いますe-348

ルヴォーさん、
りえちゃんにはラブコール送っていらっしゃいましたよね。
堤さんについてはどうお考えになっているのでしょう?
気になります。

ルヴォー×堤真一が実現したら、
チケットが売れるでしょうね。
いえ、取れないかも!

今日も楽しんできてください!

2014/06/21 (Sat) 11:09 | EDIT | REPLY |   

リン  

難しい?事。

観劇後に難しい事について考えました。
大丈夫じゃないでしょうか。
バンデラス~でも、
祭先輩の命名由来でも。
最近は、時代劇?で端唄も披露される?
(いっぷくで、そんなお話が…。)
それに、真実れいさんとはもってました?
大丈夫いけそうな気がしましたけど。
プログラムに宮沢りえさんとルヴォー氏の
対談がありましたが。
また、ご一緒したいという内容。
その節は、必ず僕の演出で!みたいな。
数年後に!
じゃあ、お相手は?
あの方でしょうか?
是非、そうであってほしいです。
切望。

ルヴォー氏演出、あの方出演で!と、
アンケートには、厚かましく
書いてきました。。(汗だく)

2014/06/21 (Sat) 09:49 | REPLY |   

みよごん  

りんさま

今日と明日ですか!
うらやましいですv-238

ぜひぜひ、堪能してきてください。
ご覧になったら感想をお聞かせください。

>「あの方」でないことが残念です!
私も思ってしまいました。
でも、堀部さん、素敵でしたよ。
それからご覧になるとわかると思うのですが、
堤さんには難しい箇所が・・・

私は観劇後に堤さんバージョンを妄想して楽しんでいます。

2014/06/20 (Fri) 11:24 | EDIT | REPLY |   

リン  

大阪公演

御無沙汰しております。
今日と明日、大阪公演を観劇します。
みよごん様の感想を読ませて頂いていますが、
私はどんな感想を持てるのか?ドキドキしています。
大変失礼ですが、
男優が「あの方」でないことが残念です!
せっかく、ルヴォー先生ですのに!

2014/06/20 (Fri) 09:12 | REPLY |   

Leave a comment