FC2ブログ

姑獲鳥の夏 

堤真一主演
阿部寛、永瀬正敏、田中麗奈、原田知世、
いしだあゆみ、すまけい、宮迫博之
篠原涼子、清水美沙出演
実相寺昭雄監督
「姑獲鳥の夏」(2005)

この季節、みよごんが必ず観るのがこの映画!

何故って、
物語が7月13日から7月30日の間の出来事になっているから!

これから暑くなるのかなぁ~
なんて思いながら観るのが最高です。


原作者の京極夏彦さんが実相寺昭雄監督の大ファンであり、
夢のコンビ実現となった本作品ですが、
ともかく、
日本の夏が美しい!!
そして
堤さん(撮影当時39~40歳)の撫で肩の和服姿が、
とてつもなくうつくしい


みよごんは『京極堂』シリーズが大好きで読破しています。
映画化が決まって堤さんがキャスティングされた時は、思わずガッツポーズでした。


続きは追記をご覧ください。




古書店「京極堂」は中禅寺家の蔵にある。

夏の暑い日差しと熱気を阻む分厚く真っ白な壁
その内壁一面に整然と収納された古書。

堤真一演じる店主、京極堂こと中禅寺秋彦は
単衣の白大島に角帯姿
古書の頁を繰りながら、
彼の頭脳の中を駆け巡る情報が口を衝いで出てくる。

開け放たれた扉の向こうには縁側続きの母屋の和室

蚊やり箱から立ち上る白い煙
縁側と和室の間には簾障子
南側に広がる庭には水をたたえた手水鉢
水草が浮いた水面に夏の太陽が反射する。
簾越しに揺れる風鈴。
緑の庭から吹く風が抜けていく。
畳の上には竹の御座。
竹の光沢が見た目にも涼しげである。

縁側で涼んでいる猫を不意に抱き上げる京極堂。
喉を優しく撫でてもらって目を細める猫。
BdNGvWUCEAA93sj.jpg

みよごんは生まれて初めて猫になりたいと思った。
猫について興味のある方はこちらのブログへ7月15日追記


拝み屋として久遠寺医院に出向き
不動明王のご真言を唱えるところは
彼の美声の聞かせどころ。

「のうまくさまんだ ばさらだんかん さんだまかろしやだ 
               そわたや うんたらた かんまん」

「激しい大いなる怒りの相(すがた)を示される不動明王よ。迷いを打ち砕きたまえ。障りを除きたまえ。所願を成就せしめたまえ。カン マン。」



姑獲鳥事件の全てが終わってから
何も知らずに京都の祇園祭から帰ってくる
京極堂夫人(清水美沙)と関口夫人(篠原涼子)の単衣も良い。


昭和27年の夏
美しい日本の情緒

そして、
美しい男、中禅寺秋彦・・・

この映画はこれだけで十分価値がある。


堤真一主演で
「鉄鼠の檻」の雪の箱根、「絡新婦の理」の春爛漫を観たかったけれど、
叶わぬ夢になってしまったことが残念。


関連記事
スポンサーサイト



5 Comments

みよごん  

リンさま

ジェロ君、可愛いかったんでしょうね。

私は小学校3年生の時、校門の前で買ったヒヨコを死なせてから、温かい生き物は飼ったことがありません。
それ以降は、カブトムシと魚くらいです。
どうでも良いことでした。失礼いたしましたe-330

2014/07/16 (Wed) 00:34 | EDIT | REPLY |   

リン  

ざくろじゃないんだ!

読ませて頂きました。
猫なのに、芸名なんだ!
私はリンひとつですけど。
昔、しっぽの長い黒猫を
飼っていました。
ジェロでした。

2014/07/15 (Tue) 12:40 | REPLY |   

みよごん  

リンさま

やはり猫になりたいですよね。
リンさまの文章を読んで、ますます猫として生きるイメージが膨らみました。

ところで、リンさま、
この猫ちゃんのこともっと知りたくなりませんか?
もうご存知かもしれませんが、
良かったらこちらのブログをご覧ください。
猫ちゃんのことが書いてあります。
http://d.hatena.ne.jp/blogstk/20050802

2014/07/15 (Tue) 12:15 | EDIT | REPLY |   

リン  

追記です!

大切なお仕事もしています。
蔵の本をねずみにかじられないよう
蔵の中もウロウロします。
ねずみを採らずに、ウロウロ。
それだけですけど。

2014/07/15 (Tue) 07:37 | REPLY |   

リン  

単のご主人!

京極堂の飼い猫のリンとなって、
縁側で寝そべる。
ご主人様の腕でごろごろ喉を鳴らす。
おいしいオカカメシを頂いて…。
また、縁側でだらーと。

猫だったら幸せですね。
猫になりたーい。です!

2014/07/15 (Tue) 07:22 | REPLY |   

Leave a comment