FC2ブログ
2014_10
22
(Wed)23:14

マッサン 第21話 ゴンドラの唄

堤真一さんが鴨居欣次郎さんを演じる
「マッサン」


昨日から、
どこに出かけるのか気になっていましたが、
m1022-1.jpg
鴨居商店の半纏を羽織って颯爽と降り立った先は…
太陽ワインの卸先である酒店。

店主に深々と頭を垂れて
太陽ワインの販売を懇願する大将を、
冷めた目で見ていたマッサンも、
状況が判るにつれて
m1022-3.jpg
一緒に頭を下げるようになりました。

しかし太陽ワインを再び仕入れてくれる店はなく・・・


次の一手を考えあぐねた大将が頼るのは、
m1022-4.jpg
金魚さま。 <*)) >=<
このシーンって、台詞が決まっているんでしょうか?
なんか、堤さんのアドリブっぽい気がするんですが・・・
堤さんがどのタイミングでどんな事を言うのか、
次の金魚うらないのシーンが楽しみ


ミーティングを前に物思う大将。
m1022-5.jpg
で、なぜ「ゴンドラの唄」?

今までの14分は何だったのか。
すべては大将の
迷える「ゴンドラの唄」に
持って行かれたのでした。



関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

lunaさま

さすがですね!

実証が功を奏さなかったので、大将は今度はイメージ作戦に出ます。
「広告のサントリー」の一面が紹介されるんですね。

ゴンドラの唄について調べてみたら、この唄を歌った女優の松井須磨子さんは1919年に愛人の後を追って縊死していたんですね。
このドラマは1920年。
随分スキャンダラスなイメージがある唄ではないかと思うんですが、当時は恋に生きた女性として人気があったんでしょうか?

2014/10/23 (Thu) 00:10 | みよごん #- | URL | 編集 | 返信

私は判ったぞぉ~

命みじぃ~かぁ~し♪ 恋せよ乙女~ ♪

日本初 ヌードポスター で話題騒然!
いつだったか 赤玉ポートワインのポスターが紹介された記憶があります。

大将は唄いながら イメージアップ作戦を練っているのですぅ。

・・・って、また歌ったね!

それもソロで

それも演技として (^^;) 外して・・・

2014/10/22 (Wed) 23:44 | luna #zQHIT1rU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック