FC2ブログ

マッサン 第63話 溢れる想い 

堤真一さんが鴨居欣次郎さんを演じる
「マッサン」


大将は一人きりの秘密基地でランプに火をともします。

121009.jpg

大将の視線の先には?
121006.jpg
幸せだった日々の忘れ形見。

今は亡き愛する妻と、
愛おしい三人の息子たち。

121007.jpg
「いつ、まちごうたんや」

時流はよめても、
息子の心がよめない大将。
息子への溢れる愛情が届いていない現実に戸惑うばかり。


一方、

長男英一郎は、エリーの妊娠を祝うパーティーで
この上ない居心地の悪さを感じていた。

マッサンとエリーの愛情に包まれ、
周囲の人々から祝福されている新しい命。

英一郎は思う。
自分の幼かった頃の事を。

すると、

121010.jpg

様々な想いは、涙となって溢れ出す。
とめどなく・・・



浅香くん、良かったです。
みよごんは泣かされました。

前回でも
英一郎が大将への嫌悪や憎悪を口にするほど、
彼の猛烈な父親への渇望を感じました。

病床の母親の傍で不安な時、
どんなに父親の支えが欲しかったか。
きっと我慢の良い賢い子どもだったのだろう、
それから現在まで、
すべて自分の中に呑み込んでいたのだろうと、
想像が膨らんでしまいました。

大将も勉強のできる兄ばかりを可愛がる父親に
複雑な思いを抱いているのに・・・
いえ、だからこそ、
息子の愛し方がわからないのかもしれませんね。

でも、
大将には背中を押してくれる母親がいた。

しかし、
英一郎の優しい母親は、すでにこの世にいない。


何よりいちばん不憫なのは、
こんなかわいい息子3人と、
愛する夫を残して逝かなくてはならなかった、
鴨居サキという女性・・・

もうどっぷりドラマの世界に溺れてしまったみよごんでした。

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

みよごん  

Re: 今は昔

そうですね・・・
武田義信とか思い出します。
私もしみじみです。

2014/12/11 (Thu) 19:18 | REPLY |   

luna  

今は昔

今朝の浅香くんは昔の堤クンの役柄。
それを受ける父役。
しみじみする朝でした。(~o~)

2014/12/11 (Thu) 13:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment