FC2ブログ
2014_12
25
(Thu)20:34

マッサン 第76話 むずかしい酒

堤真一さんが鴨居欣次郎さんを演じる
「マッサン」


マッサンはようやく
納得のいくウイスキーのブレンドに成功しました。

大将はひとくち口にすると
「ええやないか!」
「そやけど、少しスモーキー臭が強ようないか?」


122500.jpg
「むずかしい酒やのぉ、奥が深うて、細やかで」
「けど、そこがおもろい」

「これで行こう!早速商品化に向けて動いてくれ」
マッサンがウイスキーのブレンドに腐心している間、
大将はビールとウイスキーの宣伝を考えていたのですが、
その間のお衣裳が何着も見られた嬉しかったですね。

昨日のおさらいのシーンで1着、
会議で3着、
マッサン渾身のウイスキーの試飲シーンで1着、
計5着です。

では順番にご覧ください。

122501.jpg

122502.jpg

122503.jpg

122504.jpg

122505.jpg

気が付くと、
ウイングカラーとボウ・タイをお召しになる事は
なくなってしまったようですね。
お似合いだったので少し残念です。
ピンホールカラーやラウンドカラーのカッターシャツに
細いタイを結んでいらっしゃいます。

また、ベストはジャケットとお揃いだったり、
別の物を合わせたりしているようです。

私が見たところ、
1番と2番のスーツは一緒ですが、
ベストは2番はスーツとお揃い。

2番と5番はタイが同じ。

1番と5番はベストが同じ。
(写真ではわかりませんが・・・)

3番と5番はよ~~っく似ている縞ですが
もしかしたら違う縞?
カッターシャツは同じくピンカラーですね。

因みに、
みよごんは3番の大将(堤さん)が
シャープで好きです



さて、鴨居商店ではまだ
広告コピーが決定していないようですが、
1929年に発売されたウイスキーのコピーはこちら。

122506.jpg

「醒めよ人!舶来盲信の時代は去れり」
「酔わずや人、吾に国産至高の美酒」
(サントリー「ジャパニーズウイスキーを作った男 鳥井信治郎」より)

昨日の大将の熱い言葉が思い出されます。


最後になりましたが、
「神様はバリにいる」の初日舞台あいさつが決まったようですね。
東京は1月17日に1度。
大阪は1月17日と18日の2度!!

詳しくはローチケをどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック