FC2ブログ
2015_01
09
(Fri)22:23

神様はバリにいる その6 SANKEI EXPRESS

いよいよ来週に公開が迫った
堤真一さん主演
「神様はバリにいる」


こちらは正真正銘
カッコいい堤さんです。
150109-2.jpg

「若いころから
 どんなに監督に怒られても物怖じしないこの女は
 たいしたもんや」

クラハイのこと?
と大阪弁で語る堤真一さん(左)と尾野真千子さん
=2014年11月10日、東京都港区(蔵賢斗撮影)

このお写真「日本映画magazine」と同じお衣裳ですね。
先日の「パタゴニア」での堤さんの言葉が思い出される記事です。

堤さんはまず、
「この映画の狙いは金持ちになる方法の紹介ではない」
と釘を刺したうえで、
「比較しないということが唯一無二の大切な心構えなんですよ」
とおっしゃいます。
また、
古田新太さんの言葉に救われた経験も語っていらしゃいます。


みよごんは堤さんの言葉が、
いつもご自分の経験から生まれてくることに心を動かされます。
堤さんのお芝居を見ていると、
知らないうちに堤さんが役そのものの人物に見えてくるのは、
本当に堤さんご自身がそう感じて演じていらっしゃるからなのかなぁ?
と思うのです。


そして
これからについて
「仕事であれ、仕事以外のことであれ、
 僕は何かに興味を覚えたら、怖がらず、避けずに、
 じっくりと正面から向き合ってみようと思うんです。
 ちょっと深入りしてみようかな」

とおっしゃっています。

このあいだは
「自分発信の仕事」への興味を語っていらっしゃいましたが、
堤さんが深入りしたいことって、
何なんでしょう?
もうご自身の中では決まっている事なのか、
それとも、ご自身も模索中のことなのか・・・

今年も堤さんから目が離せません


こちらがSANKEI EXPRESSの記事です。

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック