FC2ブログ
2015_01
12
(Mon)21:59

マッサン 第85話 かけがいのない2人

堤真一さんが鴨居欣次郎さんを演じる
「マッサン」


最初の出会いから、はや10年。
マッサンは、
やはり鴨居の大将だけが、
ウイスキー造りの夢を共有できる相手だと再認識して
大阪に帰ってきました。

150112-1.jpg

ウイスキーを売る大変さがわかったと、
鴨居の大将に頭を下げます。
大将に請われるまま、マッサンは北海道について語る。

そして、
「大将、北海道にもう1つ工場作ってつかあさい」

150112-2.jpg
「なにぃ?!」

それでも夢を語り続けるマッサンに、
150112-3.jpg
「それはどでかい夢やなぁ。考えただけでもワクワクするわ」


150112-4.jpg
「どでかい北海道に、どでかい蒸留所建てて
 世界に負けへんメイドインジャパンのウイスキーを作る」

と大将も一度は乗るものの、

150112-5.jpg
「あほ、そんな無理や。時機が悪すぎる」
マッサンを現実に引き戻し、
「そもそも北海道の話をしに来たんか?」
と誘導。


150112-9.jpg
「わしを工場に戻してつかあさい」

大将が待っていた一言を引き出す。


マッサンが頭を下げている間、
大将はしたり顔。

150112-6.jpg
150112-7.jpg
150112-8.jpg
堤さんの微妙に、しかし雄弁に変化する表情が、スゴイ


そして、ここでもう一度釘をさす。
150112-10.jpg
「そやけどおまえ、
 客に媚びてまでウイスキー造りたないゆうたやろ」


150112-11.jpg
「焦げ臭い、煙くさい言われん、
 スモーキーフレーバーを押さえたウイスキーが作れるんか」
「おまえが目指しとる理想のウイスキーとは全く違う」


150112-12.jpg
「わしはここでしかウイスキーは作れません」
「飲みやすいウイスキーを作ってみせます」


依然、大将は厳しい表情のまま。

150112-13.jpg
「ほな工場長に復帰せい」

150112-14.jpg
そっと、マッサンに分からないように微かに表情を緩ませ・・・


やっとここで、大将はマッサンへの信頼の言葉をかけて、
工場へ送り出す。

150112-15.jpg
「みなまっとるで、早う行け!」
「早う!」


大将のこの笑顔、果たしていつまで続くのか…





久しぶりにご登場の鴨居の大将ですが、

母親を亡くしたマッサンへの思い遣りからはじまり、
ニシン漁の親方の話、
工場の話、
そしてマッサンから肝心な言葉を引き出し、
釘を刺し、
念を押し、
権威を示しつつ、
信頼を示し、
価値を認め、
人の言葉を借りて褒める。

自分の掌中にマッサンを完全に収めたところで、
送り出す。

緩急自在というのか、
ほんのわずかな表情の変化や間で
瞬時に二人の空気を変える!

見ていてとても面白かった


大将は、まさに駆け引きの天才!
こんな大将と恋愛したら、
マッサンのように、すっかり振り回されてしまうのか?

奥様と恋愛していたころは
まだ大将もお若くて、純情だったのかなぁ?
などという妄想をしてしまう、
しょうがないみよごんでした。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック