FC2ブログ

土竜の唄 12 

こんな記事見つけました

堤真一 50歳へ いまだもがく日々 映画「土竜の唄」出演
(産経新聞)

こんなの読んじゃうと、また惚れちゃいます

「あまり変わっていない自分に愕然(がくぜん)。
こんなに成長がないのかと」

歩んだ道のりを「もがき続けた日々」と表現
「人、役者としてこれからだなと」

謙虚で、向上心が強くって、いつまでも少年みたい

堤さんはご自身を語るとき、
決してご自分を大きく見せようとはしないですよね。
それどころか、弱いところ、悩んでいる姿を垣間見せてくれる…
そんなところに人として共感してしまいます。

ご家族のことを
「守るのではなく、共に生きる者。
身近にできると変わりますよ。仕事にハリも出る」

とおっしゃる。
みよごんは、男の人にとって『家族は守るもの』なのかなぁ
と単純に思っていたけれど
『共に生きる者』っていいですね。

ご結婚なさってすぐ
「今ひとたびの修羅」のプロモーションで
テレビのインタビューに答えていらした時も
奥様に望むこととして
「好きなように生きてほしい」
とおっしゃっていましたっけ。

相手を尊重する姿勢に、また惚れちゃいます

とにもかくにも、
「仕事にハリも出る」のはファンとして大歓迎
都会の生活に疲れたら、
自然に触れて元気になってね、堤さん

あっ、でも、
このあいだの「スタジオパーク」で
「南米に行きたい」っておっしゃっていたけれど、
あれは考え直してください。
治安が不安です

記事のお写真も良いですね
こういう表情のお写真を見ると、
「カメラマンの方も堤さんに好感を持っていらっしゃるんだなぁ」
と感じちゃいます。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment