FC2ブログ

JAL 世界5大ウイスキーの魅力 山崎蒸留所 

2015, 05. 30 (Sat) 22:02

本日到着!

JALの機内誌「SKYWARD」6月号。

~堤真一が極める 
     世界5大ウイスキーの魅力~




いよいよ、
”ジャパニーズ”ウイスキー発祥の地
山崎蒸留所をご訪問です

KIMG0766.jpg


前回は見開き2ページでしたが、
今回は見開き4ページ!!
お写真も増えました。

KIMG0768.jpg

堤さんは、
工場長さんと、チーフブレンダーさんに案内されて、
「セットではない」本物の山崎蒸留所の製造工程をご覧になりました。

工場長さんのお話に熱心に耳をかたむけ、
時折質問を挟まれたそうです。

「甘い」「すごい」「きっつう」
思わず声を上げられる様子は、
堤さんの声が聞こえてくるようです。

チーフブレンダーさんからは、
実践を伴ったレクチャーを受けたそうです。

目で、耳で、鼻で、喉で違いを味わい、
ひとつひとつの原酒に真剣に向き合う堤さんの表情は、
真剣そのものだったとか!

そのご様子を是非拝見したい

記事は、堤さんが
鳥井信治郎さんが目指した”ジャパニーズウイスキー”を
どのように感じたかで閉じられています。

堤さんはジャパニーズオークといわれる
ミズナラの樽の香りをとても心地よく感じられたそうです。
そしてご自分が日本人であることを再認識されたとか。
日本の風土に合わせて、膨大な時間をかけて作られるウイスキー作りこそ、
”自然と生きる”ということだと思われたそうです。

堤さんは予てから
自然と暮らす人々に興味があるとおっしゃっていましたね。
単に「マッサン」で鴨居さんを演じたからではなく、
ご自身は、そういう観点から蒸留所を訪ねていらっしゃるんでしょう。
堤さんの言葉で、現地を訪れた感想をお聴きするのが楽しみです。

みよごんもミズナラの樽の香りを嗅いでみたい!!

次回は9月号で、
バーボンの故郷、アメリカ・ケンタッキー州を訪ねるそうです。

今回は次回の予告がはっきりしていてうれしいですね。
サントリーさんに直接問い合わせたことが役に立ったのかなぁ?
まっ、そんなことないか・・・

次は、ANAの「翼の王国」が気になります

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント