FC2ブログ
2015_06
19
(Fri)14:15

リスクの神様 8 

堤真一さんが
危機管理のスペシャリスト
西行寺 智 (さいぎょうじ さとし)を演じる

「リスクの神様」


夏のドラマの一斉スタートを前に
エンジンがかかって来ました!

「女性自身」「TV station」「週刊ザテレビジョン」「TVLIFE」
各誌にグラビアとインタビューが掲載されています

4誌にも掲載されていてとっても嬉しいですが、
このペースがドラマ終了まで続くとしたら、
お財布には優しくないですよね


ということで、吟味した結果、
「女性自身」と「TVLIFE」を購入しました。


ではまず「TVLIFE」

KIMG0808.jpg

このcoolな写真が気に入りました。



他誌は笑顔の堤さんと戸田さんでしたが、
これは西行寺とかおり
良いです

KIMG0799.jpg

こちらも大好き!カッコいい!
先週発売のTV雑誌にもあったポスターのお写真。
キメキメのポーズにキメキメの眼差し
やっぱり俳優さんはこうでなくっちゃ

西行寺は
セリフが多く、感情の揺らぎがなく、謎を秘めた男。

冴えわたる知性を美声で饒舌に語り、
冷静と信頼という完璧な鎧の下には、
密やかな翳りが息を潜めている。
あぁ、早くお会いしたい・・・



そしてこちらは「女性自身」


堤さんがご自身について語っていらっしゃいます。

KIMG0792.jpg

素敵なタイトルですよね。
真摯で、謙虚で、
それでいてエネルギーを感じます。

記事前半は、今までの役者人生を振り返る内容になっています。

気になったのが、
『20代のころ、生意気にもめちゃめちゃ仕事を選んでいた』
というお話。
度々お話になっていることですが、
「ドラマは脚本を読んで面白いと思えるものだけ」
を引き受けていらっしゃったそうです。

じゃあ今は?


記事の後半は、読者へのメッセージになっています。

「人生の中で、苦しい時に出会った人や作品によって
 新たに見えてくるものがあったり・・・」
「人間そんなに変われないし、嫌ならやめてもいいよ」
「自分が崩壊したらバカバカしい」


あっ!これって、
いくつかのご出演映画のテーマにもあったこと・・・


抜群の能力と人間性を兼ね備えたリーダーも演じる一方、
ダメで弱い男も演じられる堤さん。
人気と実力で注目を浴びる俳優として、
メッセージ性にも作品選びの観点がおありなんですね、きっと。

もうちょっと踏み込んで解釈させていただくと、
場合によっては、作品や演技が評価されることより、
作品の持つメッセージ性を大切に考えていらっしゃる。
そんなふうに感じました。


そんな堤さんが
16年ぶりの民放連続ドラマ主演作品に選んだ
「リスクの神様」

面白くないはずがないです!
毎週危機に面し続ける西行寺は、
何を守り、何を語り、どう行動するのか?

そして、
その西行寺という男を通して、
堤さんが伝えたいことは何なのか?


早く知りたい


番組サイトで第1話の予告編が見られるようになりました。


関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

kumi 721 さま

雑誌、全てお求めになられましたか!
そうですね、映画雑誌に比べればまだお手軽ですよね。
これからもっと露出が多くなりそうで、
楽しみです❤

「海街」良い映画でしたね。
>最後、泣きそうになりました。
私は最初から涙々でした(汗)

2015/06/19 (Fri) 23:37 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

No title

こんばんは。

TV雑誌、全部買いました~
久々の連続ドラマのそれも主役なので、
記念に買っておきたいかなと・・・
映画雑誌は、高いので選んでしまいますが、
TV雑誌はまだ安いので何とか買えそうです。
でもこのペースでずっと載られたら辛いですよね(^^;)
「女性自身」良かったですよね!
共演の方々も凄いので凄く期待してますが。

「海街diary」見て来ました。
ネタばれになってしまいますが、
大事件があるわけでもなく、淡々と季節が行きますよね。
椎名先生、結構出番が多かったですね。
でもちょっと、ずるいかなと、幸との関係も
奥さんの事があって、進展せず、中途半端なので。
見捨てられない気持ちは分かりますが、幸が都合のいい相手に
なってるような・・・ 最後その事が分かってたので
良かったですが、最後の幸の選択は、これで良かったと
思います。 姉妹がいないので、姉妹の仲の良さが
羨ましかったです
最後、泣きそうになりました。
凄くいい映画でした。

2015/06/19 (Fri) 20:50 | kumi 721 #8voV/3kY | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック