FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

日本のいちばん長い日 戦争を終わらせるために戦った男たち

堤真一さんが
「知性の迫水」の異名をとる、
内閣書記官長 迫水久常を演じる


8月8日公開の戦後70周年記念作品、
「日本のいちばん長い日」


今週土曜日の公開を控えて、
J:COMの特番
「戦争を終わらせるために戦った男たち」
を観ました。


20150802-1.jpg
この一番左の方が迫水久常書記官長ですね。
髪型が、いつもの堤さんの分け目と反対です。
迫水さんのお隣が、鈴木貫太郎内閣総理大臣。
そのお隣が、阿南惟幾陸軍大臣。
そして一番右が、畑中健二陸軍少佐です。






迫水さんは自転車で登場です。
20150802-2.jpg
1945年4月12日に鈴木首相から書記官長に任命されるのですが、
そのころでしょうか。

5月25日 東京大空襲
20150802-3.jpg
燃え盛る街を前に、悔しさに顔をゆがませる。

読売新聞の歴史家・磯田道史さんのお話にもありましたが、
鈴木首相と迫水書記官長は「鈍」と「敏」。
東京新聞の堤さんのお話では、
首相の度量の大きさを表現するために、
敢えてドギマギしたリアクションを心がけたそうです。

20150802-4.jpg
ポツダム宣言を受けての会議では思わず立ち上がる。

20150802-5.jpg
広島への原爆投下の日。

20150802-6.jpg
本土決戦を望む大勢の陸軍将校を前にたじろぐ。

20150802-7.jpg
会議の最中、長崎への原爆投下の知らせを受ける。

20150802-8.jpg
玉音放送の内容について陸軍と海軍の熾烈な争いの中、奔走する。

朝日新聞で作家・保坂正康さんは、
「意外に迫水久常の堤真一さんも良く、
 あの中で重要な『冷静さ』を見事に演じていました」
とおっしゃっていました。
このシーンを観ると、頷けます。
でも「意外に」って、ちょっと見過ごせない表現ですよね


5月20日の完成報告会見では、
昭和天皇と他のキャストとの距離感を保つため
本木さんだけ違うホテルに宿泊し
お弁当も格を変えたというお話が出ました。
20150802-9.jpg
「こんなお弁当?」と身振りする堤さん。
真面目なお話の中、雰囲気が一瞬にして和みました。

20150802-10.jpg
堤さんは仰います。「戦争に正義はない」



戦争が終わって70年。
できれば考えたくない辛い戦争の歴史ですが、
ちゃんと知っておかないといけない事なんですね。



穏やかな毎日が永遠に続きますように・・・



特番の放送日時は映画サイトをどうぞ
J:COM、WOWOWの他にも衛星劇場、ホームドラマチャンネルでも特番があります。
関連記事
スポンサーサイト



みよごん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

みよごん says..."KEI さま"
コメントありがとうございます。

>堤さんが迫水役と言うのがピンと来なかっただけかも。
なるほど、そうかもしれませんね。
KEIさま同様、私も堤さんの迫水さんを楽しみにしています❤

写真集、購入されましたか!
やはり素敵ですよね。
>勝山との悲恋が、切ないです。
勝山とのシーンだけ繰り返し見てしまいます(照)
2015.08.03 15:51 | URL | #g3xRiuA6 [edit]
KEI says..."No title"
みよごんさん、こんにちは。
ちょっと、お久しぶりです。

本来なら、戦争映画って進んで観ることはないですが、
堤さんが出演されることと、彼の戦争への想いからも、
絶対、劇場で観なくちゃ、という思いでいます。

そうだ、記者の方の、意外、と言うのは、
私の勝手な想像ですが、
堤さんが迫水役と言うのがピンと来なかっただけかも。
畑中少佐役こそ堤さんが若かったら演じていたに違いない……
といったコメントを幾つか目にしていて、
堤さんには、やはり、静より動の印象が強いのかなと感じました
メインの中では一番地味なキャラクターではあるだろうけど、
だからこそ、今回の、冷静な、迫水役を彼がどう演じるのか、
とても興味深いところだし、
予告からも好演していることに疑いの余地はないし
楽しみにしています。

元木さんは役柄のプレッシャーも相当だと思うけれど、
役者としての待遇までも特別だなんて、
可哀想な気持ちになりました
堤さんのお喋りで和んで欲しかったな
あっ、原田監督は、それを最も回避したかったのか(笑)

東京散歩、の記事も、素敵でした
吉原御免状の写真って、
ネット上でtも堤さんと松雪さんらしい花魁との
艶っぽく悩ましい画像を幾つか見かけますが
パンフレットにあるものらしく
思いきって購入してしまいました
劇場にも行ってないのに!
誠一郎様ってカッコよすぎで、
むしろ蜉蝣峠の天晴の方が愛おしかったりするのですが(笑)
心に鬼を宿してからお誠一郎様の目の鋭さには、しびれるばかり
勝山との悲恋が、切ないです。
2015.08.03 11:33 | URL | #qidoo1Vc [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://miyogon345.blog.fc2.com/tb.php/382-283b33ac