FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

リスクの神様 23 第5話

堤真一さんが
危機管理のスペシャリスト
西行寺 智 (さいぎょうじ さとし)を演じる

「リスクの神様」


みよごんが待ちに待った第5話です

まず、

こんな素敵な堤さんをたくさん見せてくださって、
どうもありがとうございますm(__)m


と、制作のフジテレビさんと共同テレビさんに
一言お礼を申し上げてからブログを書き始めたいと思います。


西行寺は今回、
遙か彼方の外国の地で誘拐されたサンライズ社員を
危機管理室メンバーの高い能力と、
自らの豊富な知識と経験を生かして、
誘拐犯の手から救いました。

いよいよ神様っぽくなってきましたね。

秘密のベールに包まれていた
西行寺の姿もだんだん見えてきました。





アメリカ時代の西行寺が登場です。


20150812-1.jpg
スタイリッシュな事務所ですね!
ヤンチャな結城くんが似合います。

20150812-2.jpg
前髪の下ろし加減がステキ

20150812-3.jpg
不敵な笑みの横顔に、もうノックアウト・・・

20150812-4.jpg
誘拐事件を担当していた西行寺に、
運命の日がやって来る。
身代金を用意したところに一本の電話が。

20150812-5.jpg
西行寺が単独で、誘拐犯との交渉に向かう。

20150812-6.jpg
人質の救出を焦るばかりに、犯人を追いつめ、

20150812-7.jpg
死に追いやってしまう・・・

20150812-8.jpg
その結果、人質を救うことができずに
最悪の結果を招いてしまった事実を受け入れなければならなかった3人。



この苦い経験が、
西行寺の用心深く慎重な行動の原点なんですね。


そして、現在。
犯人との交渉を担当していたかおりが
人質の救出を焦るばかりに、
犯人を刺激してしまうという失敗を犯していた。

20150812-9.jpg
落ち込むかおりを後ろから見つめる西行寺。

20150812-10.jpg
反省するより暇があるなら、今できることを、と声をかける。
「犯人だって、追い詰められているさ」


そこへ、犯人から3度目の電話がかかってくる。
もう失敗が許されないかおりに、
犯人は社長を出せと語気を荒げる。
困惑するかおりの背後には
20150812-11.jpg
西行寺。
20150812-12.jpg

あぁ!神様登場!
20150812-13.jpg
「This is director SAKADE」

この前のアメリカのシーンで西行寺さんの英語は聴いていたものの、
このシーン、緊張しました(^^ゞ

期待以上に西行寺さんの英語がさまになっていて良かった…
かおりちゃんの英語も第1話よりさらに流暢に聴こえたので、
これからの西行寺さんにも期待しています。



身代金と駐在所の撤退という受け入れがたい条件ながら、
何とか人質救出への望みがつながった。

ここで、5か国語を操るかおりの本領発揮。
犯人の発音からフランス語圏の人物と予測し、
犯人探しに大きな進展が。

20150812-15.jpg
「少しは役に立ったな…」
あくまでSな西行寺さんですね。
優しい表情の結城さんと財部さんが可愛いです。



一方、坂手社長の不在中、
社運をかけた判断をしなくてはならくなった白川専務。
20150812-16.jpg

苦悩の末、西行寺とかおりの言葉に耳を傾け、
人命尊重の方針を決断する。

20150812-17.jpg
西行寺の目には信頼の輝きが…

その後、ギリギリのタイミングで犯人確保。
そして、人質は無事救出。

一転、
駐在所撤退会見から誘拐事件解決会見になったものの、
坂手社長が帰国し、
白川専務はとんびに油揚げをさらわれる結果に。


20150812-18.jpg
しかし、
この一件で白川専務も西行寺をへの信頼を感じていた。
「彼は正しいことをしている」

「私もいずれ大きい仕事をしなければならない」

   
今回、西行寺さんとの会見の中でも西行寺さんの父親、
関口孝雄さんのお話が出ていましたよね・・・
猜疑心を抱いていた二人の間にも信頼の芽が芽生えたようですし、
これからのストーリー展開が楽しみです。



今回は内容も盛りだくさん!
ストーリーも最高!
そして堤さんが超絶カッコ良かった!
全てが見どころでした


最後に
20150812-19.jpg
不審な郵便物を怖がる西行寺さん。

かわいいです




関連記事
スポンサーサイト



みよごん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

6 Comments

みよごん says..."Re: こんにちはー"
コメント、ありがとうございます。

本当にカッコよくって、面白かったですね(*^_^*)

そうか!
堤さんは、デヴィットルヴォーさんにお芝居を教えてもらったんですよね。
英語はもともと身近だったのですね!
この役がきっかけで、英語を話す役とか、
お仕事の幅が広がるのではないかと、勝手に思っています。

ドラマの全半(5話まで)はかおりが滑ったり転んだりで、
後半は西行寺が滑ったり転んだりするって、雑誌で読んだので、
これからますます期待できるんじゃないでしょうか。
キャッチ―でわかりやすいドラマではない分、
ジワジワと加速度がついてくるような・・・

最高にカッコイイ西行寺(堤さん)が映像に残るって、
それだけでもシ・ア・ワ・セです❤
あと5回だなんて、さみしいですね(泣)
2015.08.16 22:34 | URL | #- [edit]
みよごん says..."KEI さま"
コメントありがとうございます。

5話は面白かったですね。

> 最初に、アメリカ編を見せてくれると良かったのに
> 現在の誘拐事件で西行寺さんに何か言い掛けて止めた種子島さん
> 過去に失敗した西行寺さんを気遣っているのですよね。
> 結城さんとのやりとりも、初めて面白く感じました。
KEIさまのお眼鏡にもかなって良かったです(*^_^*)

> と言いながら、アメリカ編での最大の見どころは、
> 西行寺のシャツにベスト姿で浮かべる不敵な微笑み!!!
> 痺れまくりで、何度もリビしてしまいました。
> それをキャプしてくださって、ありがとうございます!
いえいえ(^^ゞ
いよいよ西行寺さんのキャラが立ってきましたね。

> 対して、現在の危機対策室のやりとりは、やはり、私には退屈。
> 種子島&結城が西行寺の心を開かせて、
> 西行寺と父親とのストーリーを早急に展開させて欲しいです。
なるほど・・・
KEIさもと同じことをおっしゃる評論家の方もいらっしゃいました。

> ラストの種子島さんと西行寺さんのバーでのやりとりに、
> 思わず、とんび、での堤さんと古田さんを思い出して見直してしまいました。
> こういう、やりとりが見たかった。
> 人間ドラマあっての社会派ドラマだと思うのです。
私もバーのお2人、大好きです❤

これからに期待したいですね(^_-)-☆
2015.08.16 22:11 | URL | #g3xRiuA6 [edit]
みよごん says..."kumi 721 さま"
コメントありがとうございます。

> 今回は、英語のセリフがたくさんありましたね。
本当に、思った以上の量で驚きました。

> 大変だったと思いますが、堤さんも戸田さんも、流暢に
> 話されてたと思います、発音が難しいですよね・・・
随分練習されたんでしょうね。
「やまとなでしこ」の時は「話せない感」満載でしたが(笑)
でも、そもそもお兄さまが英語圏の方だし、
実は話せるのかも??

これからどんどん面白くなりそうですね❤
楽しみです(^_-)-☆


> 「日本のいちばん長い日」見ました。
> 今回は見に来られた方々も年齢層が高かったですね。
やっぱりですね。

> 堤さん、凄く抑えた演技で今までにない、普通の人でしたね。
> パンフレットも買いましたが、自分が一番、年下の現場が
> 新鮮だったようですね。
堤さん、お若く見えました!
年齢的な意味ばかりではなく、若造感が出ていましたね。

> 映画を見て、やはり戦争はもう絶対起こしてはいけないと
> 強く思いました。
そうですね。
これだけは胸に刻みたいです。
2015.08.16 21:48 | URL | #g3xRiuA6 [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.16 10:24 | | # [edit]
KEI says..."No title"
みよごんさん、こんにちは。

このドラマへのコメントは、久しぶりです。
正直、あまり乗れていませんでした。
堤さん演じる西行寺さんは、文句なくカッコいい。
だけど、対策室のメンバーとのやりとりが、指示と報告ばかり。
キャラクター間の掛け合いの妙がなく、
唯一、ぶつかり合う設定のかおり役の戸田さんのミスキャスト感が
最初から拭えず…(英語も西行寺さんの方が語学の達人より上手)
古田さんは舞台で多忙の中での出演なのに、勿体無い。
西行寺さんも、あまり感情を見せてくれないし…
唯一、感情を見せてくれる父親との場面も小出しで
引き延ばすばかりだし…

それが、今回、やっと、希望の兆しを感じることができました。
最初に、アメリカ編を見せてくれると良かったのに
現在の誘拐事件で西行寺さんに何か言い掛けて止めた種子島さん
過去に失敗した西行寺さんを気遣っているのですよね。
結城さんとのやりとりも、初めて面白く感じました。

と言いながら、アメリカ編での最大の見どころは、
西行寺のシャツにベスト姿で浮かべる不敵な微笑み!!!
痺れまくりで、何度もリビしてしまいました。
それをキャプしてくださって、ありがとうございます!

対して、現在の危機対策室のやりとりは、やはり、私には退屈。
種子島&結城が西行寺の心を開かせて、
西行寺と父親とのストーリーを早急に展開させて欲しいです。

ラストの種子島さんと西行寺さんのバーでのやりとりに、
思わず、とんび、での堤さんと古田さんを思い出して見直してしまいました。
こういう、やりとりが見たかった。
人間ドラマあっての社会派ドラマだと思うのです。
2015.08.15 10:05 | URL | #pBoZlR9Y [edit]
kumi 721 says..."No title"
こんばんは。

今回は、英語のセリフがたくさんありましたね。
大変だったと思いますが、堤さんも戸田さんも、流暢に
話されてたと思います、発音が難しいですよね・・・
アメリカ時代の人質救出失敗が、今の西行寺さんの性格を
形作ってたんでしょうね。
最後、種子島さんとの会話で、また日本に戻ってきた理由も
謎だし、お父様との関係も謎が多くて、これから少しずつ
解明されていくのが楽しみです。

「日本のいちばん長い日」見ました。
今回は見に来られた方々も年齢層が高かったですね。
堤さん、凄く抑えた演技で今までにない、普通の人でしたね。
パンフレットも買いましたが、自分が一番、年下の現場が
新鮮だったようですね。
映画を見て、やはり戦争はもう絶対起こしてはいけないと
強く思いました。
2015.08.13 21:00 | URL | #8voV/3kY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://miyogon345.blog.fc2.com/tb.php/388-c6b7d347