FC2ブログ

「堤真一 世界ウイスキー紀行」 

去る、11月21日(土)に
「堤真一 世界ウイスキー紀行」
~スコットランド・アメリカ・日本を巡る~
が放送されました

ダンディでお茶目な堤さんが、
「ウイスキー」の周りに広がる世界を、
豊かな表現力と、わかりやすい言葉で伝えてくださいました。

   20151121-1.jpg


JALやANAの機内誌でも、堤さんのウイスキーを巡る旅は紹介されていて、
山崎蒸留所とケンタッキーのメーカーズマークはすでに掲載されていますが、
この番組を拝見すると、ケンタッキーの前に、
スコットランドのアイラ島を訪ねていらっしゃったんですね。
「リスクの神様」の撮影が始まる前、5月ごろのロケだったのでしょうか…


堤さんのウイスキーを巡る旅は山崎蒸留所から始まります。
蒸留所の説明を聞くと、昨年の「マッサン」を思い出しますね。
堤さん演じる鴨居の大将が、目を輝かせて、
ミニチュアの山崎蒸留所を眺めていたシーンが目に浮かびました。


堤さんは工場長の藤井さんに案内で工場を巡るわけですが、おやっ?
     20151121-2(2).jpg
写真の左下端に、女性の影が・・・これはもしかして?
TV画面で見るともっとはっきり見えます。

チーフブレンダー福與さんの案内でテイスティングルームへ。
数えきれない原酒の中から、色の濃い原酒を口にする堤さん。

     20151121-2.jpg
「これだけだったら、いや」と、ちょっと顔をしかめます。
「料理でいったら(隠し味としての)味醂や砂糖」 
堤さん、やはりお料理するんですね。

堤さんは、多種多様な原酒が誕生することに驚きつつ
   20151121-3(2).jpg
「人と自然が響きあう」という
サントリーのキャッチフレーズに繋がりました。


次はスコットランド・アイラ島
強風と荒野が、堤さんの魅力を際立たせます

   20151121-4.jpg

   20151121-5.jpg

   20151121-6.jpg

お召し物をよ~~っく見ると、
スエードのトレンチコードでしょうか?おしゃれ
移動中のバスでは
「ちょっとパタゴニアに似たところもある」
「最近羊がいるところばっかりに行っているな」ですって(笑)
そうですね、地の涯、みたいなところ多いですよね。
気温は摂氏5度。春でも寒いんですね。
   
黄昏を迎えるころ、ジミーさんとパブに向かいます。
   20151121-7.jpg
ジミーさんがこんなに着ているのに、堤さんはジャケット姿。
寒いはずです。
でも、寒がる堤さんもステキ ♪───O(≧∇≦)O────♪


パブでは、
地元の漁師さんとも仲良くなって、ラフロイグで乾杯!
   20151121-9 (2)
漁師さんに仕事を訊かれて、
「Actor」「Movie and Stage」と答える堤さん。
笑顔が可愛いかった。
堤さんが、
アイラ島の漁師さんにも知ってもらえるような作品に出演することがあると、うれしいなぁ・・・❤



そして、次の朝、
いよいよラフロイグの蒸留所へ。

   20151121-10.jpg
堤さんを迎えてくれたのは、
ディステラリーマネージャーの純朴なジョンさん。
「チャールズ皇太子を案内したんですね」という堤さんの笑顔にも
ちょっとはにかみ気味。

ラフロイグの特徴のスモーキーフレーバーの決め手である
ピートを掘りに行った後、ピートを窯で焚きます。
その煙の薫りをかぐ堤さん。
   20151121-11.jpg
ご自身が燻製を作った経験を踏まえて、
ピートの薫りの素晴らしさを伝えてくれました。
お料理ネタ2つ目ですね。

ラフロイグについて
    20151121-11(2).jpg
「この大地からの自然の恵みの塊、
 (ここに生きる人の)心意気、生き方、生き様 
 甘ったるい酒でのんびりしましょ、というのではなく、
 漁師から、すべての人がこれを求めている」
ジョンさんも「生きるための酒」とおっしゃっていましたね。


次の日は、ボウモアの蒸留所

   20151121-12.jpg
こちらは、優しいお父さんのようなエディさんが迎えてくれました。
堤さんの笑顔も柔らかいですね。

フロアモルティング(発芽した麦の熱を冷ます作業)を教えてもらって、
こんなに上手に麦をバラバラに撒けるようになりました。
   20151121-13.jpg
「Good Work!」って褒められました

エディさんに促され、ふたりならんでこの笑顔
   20151121-15.jpg


普段は入れない第一貯蔵庫では、10年物のボウモアを試飲。

20151121-16(2).jpg
     20151121-16.jpg
美しい琥珀色に真剣な眼差し。


ボウモアについては、
   20151121-17.jpg
「繊細に繊細に、こういう酒を造っているからなのか、
 こういう人が作っているからなのか、
 (エディさんは)ボウモアみたいな人」
と、堤さんは「人間」に対しての興味が尽きないようですね。


次は、アメリカ!

車での長距離移動の末、やっとたどり着いた
メイカーズマークの蒸留所

長旅を労ってくれるグレッグさんに
   20151121-18.jpg
「Long journey!」と身振りもつけてコミュニケーション。

グレッグさんと相性が良いのか、それとも酔いが回ったのか、
その後も、堤さんは表情豊かに原酒を楽しみます。

   20151121-19(4).jpg

   20151121-19.jpg

   20151121-19(3).jpg

   20151121-19(2).jpg

   

封蝋の体験の前にも、防護用のゴーグルがお気に入りのご様子で、
   20151121-20.jpg
タマネギを刻んで・・・

   20151121-21.jpg
フライパンで炒めます。
手際が良い!!3つ目のお料理ネタです (*^_^*)


あっ、ウイスキーを味わうときは真剣です。
  20151121-22.jpg

「バーボンってもっと大胆なものだと思っていたんですよ。
 作り方も、ドーンドーンドーンどうだこれで、
 ドーンというイメージだったんですよ。
 それが思った以上に、作り方も拘っている部分があって、
 バーボンは繊細でした。すごく繊細」



次は、ジム・ビームの蒸留所です。

  20151121-23.jpg
出迎えてくれたのは、ジム・ビームの7代目フレッド・ノーさん。
早速、堤さんを自宅でのバーベキューに招きます。

  20151121-24.jpg
堤さん、立派なお宅に思わず「Big house!」
初代から続いているお宅だそうです。


  20151121-25.jpg
禁酒時代を乗り越えた歴史を聴く堤さんは、真剣そのもの。
きっと、当時の方々のご苦労と信念に思いをはせられたのでしょう。


さて、バーベキュー!

開始を知らせる鐘を鳴らすのは、堤さん❤
   20151121-26.jpg
高らかに鐘が鳴り響いたのもつかの間・・・

綱が切れて、
   20151121-27.jpg

   20151121-28.jpg

旅の最後に、ちゃんとオチがつきました o(^▽^)o


そして、5つの蒸留所を巡る旅は終わりました。

   20151121-31.jpg

ものはひとでつくられている。人ありき。
それと、自然ですね。
どう考えても、ウイスキーは自然が豊かなところでないとできない。
この水と空気と、その気候だったり、
そのもの全部がすべて、土とか、すべての物が、
すべての自然が、そこにある自然がひとつになって生まれる飲み物。


う~~ん、ロマンです
ウイスキーの味の中に、
目に見えないたくさんの物が含まれているんですね。 
この番組と、堤さんの言葉で、みよごんにも、
遠い土地に暮らす人々の想いと、
その土地の風の匂いや水の感触が、
確かに伝わってきました。



さて、youtubeのサントリーチャンネルでは
ウイスキー・オン・ザ・ウェブ『堤真一 世界ウイスキー紀行 Vol.1 プロローグ』3分16秒 サントリー
ウイスキー・オン・ザ・ウェブ『堤真一 世界ウイスキー紀行 Vol.2 ボウモア』篇 3分46秒 サントリー
ウイスキー・オン・ザ・ウェブ『堤真一 世界ウイスキー紀行 Vol.3 ラフロイグ』篇 3分5秒 サントリー
ウイスキー・オン・ザ・ウェブ『堤真一 世界ウイスキー紀行 Vol.4 メーカーズマーク』篇 2分51秒 サントリー
ウイスキー・オン・ザ・ウェブ『堤真一 世界ウイスキー紀行 Vol.5 山崎』篇 4分46秒 サントリー
が見られます。


サントリーさんのサイトにも堤真一 ウイスキーを愉しむ旅というページができました


ところで、JALやANAの機内誌の広告記事は
「世界5大」と謳っていますよね・・・
ということはですよ、今回は5か所の蒸留所を巡ったけれど、
世界5大ウイスキーではないわけで、
まだ、カナダとアイルランドが残っている、と考えて良いんですよね!

『堤真一 世界ウイスキー紀行 Vol.5 山崎』篇でも、次回ウイスキー紀行ご期待ください、とあったので、
楽しみにしています (((o(*゚▽゚*)o))) 



恐ろしく長くなってしまいました(汗)
最後まで読んでくださって、ありがとうございますm(__)m

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

みよごん  

KEI さま

コメントありがとうございます(*^_^*)

私も堤さんしか見ていませんでしたが、
チラッと見えちゃったんですよね。

>トレンチコート姿とか絵になりすぎ!!!
アイラ島では堤さんの渋さが倍増でした❤

>無邪気に、真摯に、好奇心旺盛な堤さんにも出会えて
>至福の時でした♩
そうですね♪
できればもっと見たかった!
アイルランドとカナダの続篇に期待しています!

>稽古場レポート、楽しかったですね〜
ハイ (^o^)/

>そんな堤さんの舞台の初日まで、いよいよ一週間!
>来年まで、お預けな私でさえ、ドキドキしてきました〜
作・演出の福田さんは吐き気がするほど緊張なさっているとか・・・
堤さんも、初日の前夜は眠れないとかおっしゃっているし、
無邪気に楽しみにしてはいけないような(苦笑)
観る側の私も、ともかく観劇日まで体調管理に気を付けたいと思います(笑)

2015/11/23 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

KEI  

No title

みよごんさん、こんばんは。

ちらっと映ってるの、シスの社長さん?
ここに来るまで気づきませんでした。
だって、堤さんしか見てなかったから…
トレンチコート姿とか絵になりすぎ!!!

社長さん、私まで顔を覚えてしまいました(笑)
稽古場レポート、楽しかったですね〜
とても自然体な堤さんの笑顔が素敵で♩
と、思ってたら、最後しれっと美味しいところ持って行ったり!
面白すぎです。

更に、このウイスキー紀行では、
無邪気に、真摯に、好奇心旺盛な堤さんにも出会えて、
至福の時でした♩
お料理ネタも、何だか、 とっても…萌えました。はい。

そんな堤さんの舞台の初日まで、いよいよ一週間!
来年まで、お預けな私でさえ、ドキドキしてきました〜

2015/11/23 (Mon) 18:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment