FC2ブログ
2016_02
06
(Sat)00:22

女殺油地獄 パンフレット

今日も「壺」を覗きに来てくださって、
ありがとうございます (*^_^*)
いつも堤さんへの愛に満ちたコメントと、
励ましの拍手をありがとうございます m(__)m

みよごんの住んでいる地域では、
今週末、また雪がちらつくような寒さになるようですが、
みなさまがお住まいのあたりはいかがでしょうか?


3月には「堤真一×地球創世の大地」
4月には「ARCADIA」
暖かくなると、お楽しみがたくさん!

でも、
2月には、何もないですね・・・


で、徒然に
いろいろお買い物をしてしまいました。



まず、
    20160201-2.jpg

「女殺油地獄」(1992年)のパンフレット。




堤さん、この作品が映画2作目だったんですね。

堤さんを形容する言葉が新鮮です。

「ニュータイプの個性派として注目と期待が集まる」
「確かな演技力とスマートで爽やかなルックスを兼ね備えた若手俳優」
「難しい役・与兵衛に大型新人・堤真一」
「与兵衛役に堤真一さんを抜擢」
「堤真一さんの堂々とした演技にスタッフ一同感心」

体調の芳しくない樋口さんと共に、
油まみれで石畳の上を転げまわる絶賛の演技。
その後も、クランクアップまで、
堤さんの厳寒の京都での撮影は続いたそうです。




20160206-1.png


たくさんの素敵なお写真を眺めていると、
映像が脳裏に浮かんできました。

お吉と契った後、
夜明け前の豊島屋の前で、
お吉との別れを惜しむ与兵衛の、
なんと官能的だったこと。


冬の長い夜も、
短く感じてしまうひとときでした。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック