FC2ブログ
2016_04
17
(Sun)21:28

ARCADIA 再び!

堤真一さんが
バイロン研究者、
バーナード・ナイチンゲールを演じる

ARCADIA アルカディア」

2回目、観てきましたよ~っ!



あとからあとから、
いろいろな事に気がついたり、
いろいろなイメージが頭に浮かんできたり、
ほんとうに、
ひと粒で何度もおいしいお芝居です



みよごん、
我慢できずに思い~~っ切りネタバレです。

ていうか、
みよごんの独善的解釈です。
悪しからず m(__)m












みよごんの壺 ARCADIA 初日観劇 2では
ラストシーンに感じた不思議な感覚について、
みよごんの挑戦 アルカディアでは、
現代パートに出てくる物言わぬカヴァリー家の末裔、
ガスについての考察を書かせていただきました。

で、
今回はやっぱり
堤真一さん演じる、
バーナード・ナイチンゲールの魅力について!


19世紀パートと現代パートがかわるがわる現れる、
というのはみなさますでにご承知だと思いますが、
19世紀パートでは,早熟な令嬢トマシナが
13歳から17歳の誕生日までの,ほぼ4年が描かれるのに対し、
現代パートでは,なんかのパーティーまでの
わずか数週間(2週間だったかなぁ)しか描かれていません。

その数週間こそが、まさに、
バーナードが現れて去るまでの時間。

そして、このお芝居は
学術的な内容が描かれているからと言って、
決してシリアスなドラマではなく、みよごん断言しますが、
セリフがやたら多い、コメディです!



バーナードは、自分の研究のためとあらば、
かつては強烈にこき下ろしたこともある、
ライバルのベストセラー作家ハンナにすら、
偽名を使い、揉み手をして近付くような節操のない男。
その偽名がばれても、たいして悪びれることもなく、
うれしい知らせには驚喜し、見境なくハンナを抱きしめる。
どこからくる自信なのか、女性には積極的で甘え上手、
チャンスがあればすぐ誘惑。
でも、女性に対して責任感の欠片もなく、
恐ろしいほど自分に正直。
研究も、人の意見には耳を貸さずに、短絡的で傲慢で、
カヴァリー家の物言わぬガスには嫌われっぱなし。
挙句、功を焦るばかりに大失敗をし、
研究者としての信用を失うほどの痛手を負うありさま。
さすがの彼も、深く奈落の底に沈んだと思いきや、
軽い言葉であっという間に立ち直り、
最後はハンナの手をぐっと力強く引いて・・・


バーナードはつむじ風。

ハンナやカヴァリー家の人々を揉みくちゃにして、
シドリーパークを吹き抜ける。
もっと力強く、もっと自由自在に、
何ものに邪魔されることなく、
傍若無人に吹き荒れて欲しい。




さて今回、
バーナードはコメディアンぶりを発揮し、
かなり緩急自在に吹き抜けていきました。
厭な奴でも、女性が惹かれてしまうのを納得させてしまうのは、
持ち前の清潔感とダンディな身のこなし。
最後にハンナの手をグッと引き寄せて、力強く握るシーンは、
わかって見ていても、ドキドキもの (>_<)
思わずハンナになって、そのトキメキとも衝撃ともいえないエネルギーを
右手に感じてしまいました。

また、女性の心をくすぐる、そのよく響くお声は、
観る者に、もっと力強く、もっと自由自在に
もっと多くを伝えてくれると信じています。

みよごん、3回目もあります。
楽しみにしています。




で、前回から気になっていた
現代パート、カヴァリー家の末裔、物言わぬガスの謎。
今回も一つ謎が解けました。

ハンナとガスがふたりきりになった時、
ガスがハンナに真っ赤なリンゴを手渡します。
怪訝な表情で戸惑いながら受け取るハンナ。

初めは、ガスの男としての愛情表現?かと思いました。
アダムとイヴの昔から、リンゴは禁断の果実だと思っていたので。
でも、それは間違いで、キリスト教でリンゴは
「知恵の実」を意味するのだそうですね。
そうそう!大きなテーブルに置かれたパソコンもアップル!
さしづめ、現代の知恵の実、といったところなのでしょうか。
で、そのリンゴ、セプティマスが食べちゃうんだけど、その意味は?


やはりガスは、カヴァリー家の歴史を象徴する物だったのですね。
ガスはハンナにリンゴを渡すことで、
研究の成功を暗示した、という表現なのでしょう。
一方、バーナードが登場すると、
決まってガスは部屋を退出していきました。
最初から、成果は得られないというサインだったのですね。
カヴァリー家でバーナードがプレゼンテーションをしている時も、
やはり最後にはガスは退出していきましたよね。



さて、最後になりましたが、日経新聞に劇評が掲載されました。
20160416-1.jpg


産経新聞 鑑賞眼にも劇評があります。


寺島しのぶさんの評価が高いですね。
納得です。

がんばれ!バーナード!!



関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

いえいえ (*^-^*)

いえいえ、ちゃんとわかります(*^^)v
お気遣いありがとうございますm(__)m

2019/04/27 (Sat) 22:25 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

コメントありがとうございます(*^-^*)

バーナードさん、懐かしいです(≧∇≦)
映像で残っていたら良かったのにと思います。

でも、
良い子はまだ観られるのですよね。
アレクサンドルさんはまだ舞台の上にいる!
ステキな観劇になりますように(*^-^*)

2019/04/27 (Sat) 22:24 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/26 (Fri) 21:45 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/26 (Fri) 21:33 | # | | 編集 | 返信

コメント、ありがとうございますm(__)m

お久しぶりです(*^-^*)
こんな記事を覚えていてくださって、
恐悦至極にございますm(__)m

ARCADIA、読まれたのですね。
実はわたくし、読んでないんです(-.-)
次から次から追うことに夢中になってしまって・・・
原文と邦訳の差ですか!
きっと、色々な言葉遊びが隠されているんでしょうね。

そして、今回の「良い子」ですが
私も1回しか行けません。
いろいろ事情があって時間が作りにくくなってしまいました(涙)
是非、正面から見たかったのですが
とっても残念です。
遠くから見たせいか、色々頭で考えたり、
想像ばかりしてしまって、
単純に目で見て楽しむ、という視点が欠けていました。
EGBDFといえば、
パンフレットの背表紙に上から順に書かれていますが、
あれは五線譜の下からE線G線B線D線F線だから、
何だか気持ちが悪くて(^^ゞ
そんなこと気にしているの、私くらいでしょうね(苦笑)


よろしければ、またお芝居の感想をお聞かせください(^^)/

2019/04/25 (Thu) 23:30 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

ガオさま

コメントありがとうございます (*^_^*)

>これは冒頭から笑えるしセリフさえ
>観客にちゃんと届けば言葉遊びの
>コメディなのかもしれませんね。
そうなんです。
難しいことを啓蒙臭くなく伝えてくれるところが
とても気に入っています。
でも、おっしゃる通りセリフが命ですね。

日経の記事、お役に立ててうれしいです。
でも、皺だらけで失礼しました(^_^;)

寺島さん、今回もステキでした。
ほんとうに「いい女」なんですよね~❤
勉強になります。
3回目のカーテンコールの時は、
下手から浦井さんと一緒に、
上手の堤さんたちを一生懸命手招きしたりして、
チャーミングでしたよ。

>うん、バーナードがんばれ!な、思いも同じです♪
がんばっていただきたいですね!!

2016/04/18 (Mon) 09:59 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

拍手コメントありがとうございました。

ようこそおいでくださいました m(__)m
そして、拍手とコメントをありがとうございます。
なるほど!そうですよね!
とても興味深いです。そこまで気が付きませんでいた。
わかりやすく解説してくださってありがとうございました。
これからもどうぞお気軽にお立ち寄りください (*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

2016/04/18 (Mon) 09:40 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

感想ありがとうです♪

こんばんは。二回目お疲れさまでした(*^_^*)
感想楽しみにしていました。
そうですよね、ラストは切ないけれど
これは冒頭から笑えるしセリフさえ
観客にちゃんと届けば言葉遊びの
コメディなのかもしれませんね。
バーナードの右手・・ドキドキですね(笑)
ガスの林檎についても面白いです。
次の感想も楽しみにしていますね(^_-)-☆
あ、日経と産経の記事もありがとうございます。
初日しか観ていませんが
寺島さんは本当に素敵でした。同じく納得です。
うん、バーナードがんばれ!な、思いも同じです♪

2016/04/18 (Mon) 02:09 | ガオ #tHX44QXM | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック