FC2ブログ

みよごんの壺 堤真一さんについて、おもむくままに語ります。

るつぼ 15

堤真一さんが
運命に翻弄される農夫
ジョン・プロクターを演じる

「るつぼ」


「シアターガイド」が発売になりました。
20161001-1.jpg


堤さんと松雪さんの対談、
溝端さんと黒木さんの対談、
ジョナサン・マンビィさんの演出プランについてのお話、
が掲載されています。


堤さんと松雪さんの対談は、
とても興味深い内容でした。

堤さんは映画の「クルーシブル」を観た時
プロクターに違和感を感じたとか、
無宗教だから懺悔の感覚がないとか、
みよごんも感じていたことをおっしゃっているので、
そうそう!と相槌を打ちながら読みました。


で、

一番おもしろかったのは、
立ち稽古の前に、この物語が始まる7か月前の
プロクター、エリザベス、アビゲイルの生活の様子を
即興のワークショップで演じたというお話。

読んでいるだけで、
こちらの心もヒリヒリ、イライラするし、
また、それを演じている堤さんが目に浮かんでしまって、
ニヤニヤ、ドキドキが止まりませんでした (^^;


このワークショップで関係性を感じ取ったお三方が、
それぞれどんな人物を見せてくださるのか、とっても楽しみです。
そして、登場人物の中で一番変化を見せるのは、
溝端さんのヘイル神父。こちらも注目ですね。


さて、
ジョナサン・マンビィさんの演出プランを読むと、
時代設定も舞台も原作のままで、
衣装も当時に合わせているそうです。
そこで気になるのが堤さんのお鬚。
「シアターガイド」の取材はきっとお稽古の半ばごろだと思うのですが、
堤さんにお鬚はありません。
プロクターを演じる俳優さんはお鬚ばかりでしたよね。
どうなるのかなぁ?


マンビィさんのお話になっていることを読んでいると、
物語の内容がものすごく身近に感じられて、
ますます期待が高まりました。



初日まで1週間を切りました!
ふと「るつぼ」のオンラインチケットを覗いてみたら、
初日のS席が出ていましたよ。
それも1階の前半分!
他の日も多少チケットが出ているかもしれませんね。

立ち見席発売のご案内を見ると、
上演時間はまだ未定なものの、
休憩込みの3時間半の予定だそうです。


あぁ、初日まで待ちきれない (›_‹)




関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://miyogon345.blog.fc2.com/tb.php/589-fd018d1e