FC2ブログ
2017_01
27
(Fri)01:30

本能寺ホテル 17

堤真一さんが織田信長公を演じる
映画 「本能寺ホテル」


昨夜、仕事帰りに
2回目観てきました。

何度観ても、お館さまはカッコいいです。
今までの信長像はなんだったのだろう?
もう、堤さんが演じるたお館さま以外、
織田信長に思えません。
これから織田信長公を扱った小説やドラマを見るたびに、
みよごんは、違和感を感じることになるんですね。

紅蓮の炎の中の
白装束のお館さまを見届けたあとは、
映画の画面に誰が映し出されていても、
脳裏に浮かぶのはお館さまの面影。

映画館からの帰り道、
「おまえのやりたいことはなんだ」
というお館さまの問いを反芻して、
「堤さんのブログを書きたい!」
という答えしか浮かばない自分が情けないです。


と、またまた熱に浮かされていたら、

映画のサイトに新しいインタビュー記事のお知らせがあって、
早速覗いてみました。






あぁ、もうカッコ良すぎる!
スーツもポーズも表情も!!


インタビューで、信長について、
「脚本通りに演じれば誰が演じてもそういうふうにみえますよ」
と照れ笑いして謙遜、とありましたが、
絶対、堤さんありき、の役です!

寺社仏閣がお好きなのは以前からお聞きしていましたが、
観光客が少ないちいさなお寺の庭園で
2時間くらいボーっとするって、
そんな堤さん、想像するだけでステキですよね。
「女殺油地獄」の撮影時の思い出なんかもあったり、
お若いころの堤さんの姿が目に浮かびました。

また、舞台のお仕事について、
「歳を重ねると数をこなせる体力も無くなってくるので」
ということで、今後の方向性を考えていらっしゃるとか。
次の作品が気になります (›_‹)


俳優というお仕事については、
「自分の言いたいことを言っているわけではないですし」
あぁ、そうですよね、俳優は自己表現ではないんですよね。
自分とは違う人間を理解して、監督の期待にこたえられるように演じる…
たしかに、世間の仕事一般にも通じることですね。


う~~~ん、戒めにして精進します。










関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック