FC2ブログ
2017_02
28
(Tue)14:00

スーパ―サラリーマン左江内氏 23

堤真一さんが
さえない中年スーパーマンを演じる

「スーパ―サラリーマン左江内氏」


もう「第7話」・・・

当たり前のことを当たり前に言う
左江内さんがカッコ良すぎて、
みよごん泣けました。
それから、
このドラマにおけるスーパーマンって、
何の象徴なんだろうと考えたりしました。


今回のテーマは
「力を持つと人は変わる」

鈴木浩介さん演じるコンビニ強盗も
ピストルさえなければただの小心者。
池杉くんも高荻くんも、
スーパースーツがなければ、ただの若者。
浮浪者に乱暴していた若者たちも、
夜道で女性に付きまとっていた三人組も、
一人だったらあんなことはしないかも。

言い方を替えれば、
力を持たす人間は、慎重に選ばなければならない、
っていうことかなぁ?

佐藤二朗さんの号外が
アメリカ大統領選と東京都知事選だったのも、
権力を持つ人を選ぶことの大切さを暗示しているのか?



さて、今回は
池杉(賀来賢人)回。
火事現場で
PVよろしく踊るウィケスギくんには笑いました。
左江内さんとのツーショットも多かったですよね (*^-^*)

おなじみの営業3課御用達の飲み屋さん。
20170228-11.jpg
左江内さんの丸まった背中に、
日々の苦労がしのばれます。

ウィケスギくんに
左江ちゃんと呼ばれてるんですね(^^;


いつもは穏やかな左江内さんも
スーパーマンについては熱く語ります。
20170228-12.jpg
思わずジャンプ!
20170228-14.jpg

会社では○○○談義
20170228-15.jpg
してるときもあったけど、8割○○○じゃなかった、
って…(苦笑)
20170228-16.jpg
簑島課長も交えての○○○談義もおかしかった。

スーパーマンの宿命を説く左江内さん。
20170228-17.jpg
極上の笑顔💛




でもやっぱり、
諦めずに戦う左江内さんが
めっちゃくちゃカッコ良かった!!!







強盗に襲われている銀行に響き渡る
低く太い声。
「そうはさせん!」


20170228-20.jpg
スーパースーツをはるかに上回る
カッコわる~いスキーウエアで
すくっと立つ左江内さんが画面に現れた瞬間、
家族一緒に吹きました。

でも、左江内さんはかっこなんか関係ない。
20170228-21.jpg
スーパースーツより
ちょっとだけ弱いスーパースーツを着ていると信じて、
20170228-22.jpg
「スーパーマンだ」
「馬鹿者ー!!」
「スーパーマンはこんなことはしない!!!」
「助けを求める人々を助けるのがスーパーマンだ」

20170228-23.jpg
「盗みはダメだ!!」
強盗の若者を力強く諭します。

しかし、強盗に殴られ
少しだけ弱いだけのはずなのにといぶかりながら
あっ!左江内さんメガネ飛んじゃった!
カッコ良くなっちゃうけど、いいのかなぁ?

20170228-24.jpg
反撃に出たものの
20170228-25.jpg
反対にぶっ飛ばされ
壁に撃ちつけられ…
もう、立ち上がれない?と思いきや、

おじいちゃんに殴りかかろうとする腕に飛びつき、
20170228-26.jpg
「やめろぉ、
 この力は悪い奴を倒すためにしか
 使っちゃいかんのだ」

と諭しますが、この後再びボコボコに…(涙)
今度こそもうダメか?


しかし、
強盗が大金をまんまとせしめ、
立ち去ろうとした時、
20170228-27.jpg
やっとの思いで足首を掴む左江内さん。
20170228-28.jpg
「その金は、お前のお金じゃないぞ」
「みんなが頑張って働いて貯めたお金だ」


20170228-29.jpg
「そのお金をもらうために、
 サラリーマンがどんだけ頑張ってんのか
 知ってんのか!」
「返しなさい!」
「お父さんたちが必死に働いて貯めたお金
 返しなさい!!」

ちょいちょい、左江内さんの本音が出ますね。
父兄という言葉を使わず保護者と言わなければならないこのご時世に、
お父さん限定なのはいかがなものかと思いながらも、
左江内さんの心の叫びということでOKです。
20170228-30.jpg
必死にすがる左江内さんを
強盗は蹴り飛ばします。
左江内さん、もはやこれまで?
ビジネスシューズにビジネスソックスなんですね。

ついに、忘却光線が出て、
完全犯罪完了かと思われたその時!
20170228-31.jpg
変身バッジ発見!
20170228-32.jpg
変身!
20170228-33.jpg
強盗をコテンパンにやっつけて
銀行にお金を返します。
20170228-19.jpg
鼻と口角から血が出ていても、
良い笑顔

このあと「メガネ、メガネ」のネタがあって
あぁ、これをやらせたくてメガネを飛ばしちゃったのかな?

20170228-34.jpg
若者のトランクスを肩に担いで、
鼻血を垂らしたままのスーパーマンが
満足げな表情。
何度観ても、シュールな画。(*_*)

ぶっ飛ばされ、
ボコボコに殴られ
高々と蹴り上げられながらも、
そのたび地獄の底から這い上がり、
当たり前のことを
少しもぶれずにしっかり言う
左江内さんがとってもカッコ良かった…(涙)
強盗に対してもお父さんぽかったですよね。(*^-^*)









後日、
謎の老人からただのスキーウエアだと聞かされて、
20170228-35.jpg
途端に具合が悪くなる左江内さん。
あぁ、ほんとうに痛くて怖かったんですよね・・・
男の強さも弱さも幼さも見せてくれる堤さん、
さすがです


スーパースーツという強大な力を手に入れても、
人間性が変わらない左江内さんには、
むしろ、多少の自信(力)が必要だった、ということ (*^-^*)
謎の老人、人を見る目がありますね。






さて、最後に

20170228-18.jpg

左江内さん、これも良い笑顔ですね💛

前回の予告編にこのシーンが流れたとき、
洗剤かけられちゃうのかと心配しましたが、
福田監督もそれはテレビ的に・・・と思ったそうですね。
でも、氷のバケツリレーはどうなんでしょう?
一瞬、ムッとしたのですが、
円子ママが扇風機でT.M.Rを始めたとき、
思わず笑っちゃいました(苦笑)

笑えるボーダーラインって
どこにあるんだろう?

このドラマを見ていて、つくづく、
笑いって難しいと思いました。




関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

To ライアードナさま

冒頭の掛け合いは絶妙でしたね。
ビールを飲んで空飛んじゃって大丈夫なのか、
ちょっと心配でしたが(^^;

ウィケスギくんの弾けっぷりも凄かったですね。
お風呂のシーンは・・・ですが、
次回の良い妻バージョンが気になります。

>終盤の左江内氏、カッコ悪いスキーウェアで、殴られても殴られても立ち向かい…
>本当の正義の味方…ジーンときちゃいました
私もジーンときました(涙)
今回はスーパーマン姿が少なかったのに、
今までで一番正義の味方でしたね。

そして、謎のジジィ。
仰るとおり、毎回出てくる度に
含蓄のある言葉を残していきますよね。
原作では1話にしか登場していなかったと思うんですが、
ドラマでは進行役として良い味出していると思います。
謎のジジィのスーパーマン現役時代の活躍も観てみたいですね(*^-^*)

2017/03/02 (Thu) 23:02 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

こんにちは(^^)

今回は冒頭から笑いっぱなしでした♪
コンビニ強盗撃退シーンの7分?
個人的に完成度高いなと、何度観ても楽しいし、キャストの間合い掛け合いは凄いと感心してしまいます。
女性客のド迫力の悲鳴、吸う悲鳴w愛原実花さん流石!浩介さんも、ムロさんのネクタイw左江内氏の勿体無い発言!

そしてウィケ杉くんw
弾けてましたw

さすがにお風呂のシーンは…
でもTMRやりたかったのね、ママw

二朗さんの号外は、みよごん様の仰るように、なるほど〜!
タイムリー!

終盤の左江内氏、カッコ悪いスキーウェアで、殴られても殴られても立ち向かい…
本当の正義の味方…ジーンときちゃいました

原作未読ですが、藤子不二雄ワールドを感じましたね♪
笑いのボーダーラインは人それぞれで、好み分かれそうですが(苦笑)
謎のジジイ…このご老人が初回に左江内氏を選んだ時に、責任を負うごとに男は強くなる、と呟いてたの思い出しました。

2017/03/02 (Thu) 16:27 | ライアードナ #- | URL | 編集 | 返信

To luna さま

ホントですね!
変貌ぶりにはビックリです!
あの、ウサギ係がイヤだった、
という情けないおじさんはどこに行ったのでしょうか(苦笑)

> 成るべきして、選ばれしスーパーマン。
まさに!

> 徐々に徐々に、我らが思う堤真一になってまいりました?!
立場が人を作るのか、責任が男を成長させるのか、
これからに期待です(*^-^*)

2017/03/02 (Thu) 09:17 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

変貌

初め「責任ある事はしたくない」と主張していたのに、若者二人への発言。変貌ぶり。

もう責任の塊。魂の塊。
成るべきして、選ばれしスーパーマン。
徐々に徐々に、我らが思う堤真一になってまいりました?!

2017/03/01 (Wed) 12:55 | luna #zQHIT1rU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック