FC2ブログ
2017_04
18
(Tue)11:00

沈黙

春を通り過ぎて初夏のような陽気ですね。

さて、
「左江内氏」が終わって早や1か月。

「もふもふモフモフ」も終わってしまって、
「小池刑事の鬼の取調室」も1話の最初にご出演されただけで、
話としてはドラマが立体的に見えてきて面白かったけれど、
堤真一ファンとしては物足りないもの。

週刊誌にはドラマの打ち上げの記事が載っていましたが、
テレビ局の偉い方たちが、
「左江内氏」の続編や映画化を検討している、とか、
小泉今日子さんがあいさつで、
「パート2もあれば」
とおっしゃったらしいことはちょっと気になりました。
唐沢寿明さんと窪田正孝さんの「ラストコップ」も
続編が制作されこれから映画が公開されるそうですし、
可能性としては0ではないのかなぁ?

堤さんに関して書かれていることは、
真偽のほどはわかりませんが、
ドラマや映画のDVDの特典映像にも、
女性キャストやスタッフの方々と、
親しげにスキンシップ?をしているところが収録されているし、
柴咲コウさんが「グッドラック」で
「黙っていれば紳士だけれど…」とコメントなさっていたから、
まあ、そうなのかもな、と思うわけです(苦笑)


昨年は
「ARCADIA」の初日には
「るつぼ」の情報があり、
舞台の間には
「本能寺ホテル」もありました。
そして「るつぼ」上演中に
「左江内氏」の発表。
そうそう、幻の大河事件もありましたね(^^;

今から思えば、
常に「堤真一」が補充されていたような気がします。


それに引き換え現在は、

12月公開の「鎌倉ものがたり」まで情報なし(涙)
それも、まだ配役すらわからない…

お正月に開催された、
空前絶後の「堤真一まつり」が
この沈黙の期間の辛さを
より一層増長させているのか・・・

そして、
金城一紀さん原案脚本の「CRISIS」
まさに、あの、「SP」の世界観。
日本を憂う尾形係長の影が見え隠れするようで、
でも、尾形係長が出てくることはないんだろうなと思うと、
これがまた余計に辛い(号泣)
みよごん耐えきれず、週末から「SP」ドラマ篇から見直しています。
何度観ても良い!!新し発見もある!!
1話の井上の同僚がムロツヨシさんって今回初めて気がつきました。
みよごん的には井上を見守る尾形係長の眼が
魅力的で堪えられません(›_‹)




いえ、捉え方を変えれば、
この沈黙の時期こそが、
次の歓びを存分に味わうための食前酒。


どんなメインディッシュが用意されているのでしょう?



食材は極上

料理長が長い時間をかけてプランを練り、
仕込みは終わったのかもしれません。
調理が始まったころかもしれないし、
最後の盛り付けをしているところかもしれない。
もしかしたら、
ギャルソンが皿を手の載せて、
厨房を出るところかもしれない。
メインディッシュの前に、
前菜やスープなどまだまだお料理があるかもしれない。


ゲストは時間など気にせず、
目の前にお皿が運ばれるまで、
お行儀良く待つことにいたしましょう。



お腹はペコペコなんですけどね (汗)








関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック