FC2ブログ
2017_05
30
(Tue)14:08

堤真一・大自然紀行まつり

6月3日(土)21時~22時29分、NHK BSプレミアム
「堤真一 × 火と氷の島アイスランド ~絶景街道1300キロをゆく~」
の放送を前に、

明日31日より、NHKBSプレミアムで、
堤真一・大自然紀行まつり が開催されますね。


5月31日(水)午後3:00~3:59  NHK BSプレミアム
「堤真一 × 風と虹の大地~南米パタゴニア 〜人類最大の旅をたどる〜」
短縮版 番組ページはこちら

6月1日(木)午後5:00~6:29  NHK BSプレミアム
「堤真一 × 神秘の熊スピリットベア ~カナダ 聖なる森をゆく~」 
番組ページはこちら

6月2日(金)午後0:00~0:59  NHK BSプレミアム
「堤真一 × 地球創世の大地 ~オーストラリア大陸3000キロ~」
短縮版 番組ページはこちら



みなさまのお気に入りの紀行シリーズは、どちらでしょう?

みよごんも甲乙つけがたいのですが、
第1弾のスピリットベアは優しさに満ちた内容でした。
スピリットベアになかなか会えない時に、
「他人の家に上がりこんで、あれもこれも見せろって言っているみたいで」
と、少しがっかりしていたみよごんの心を戒めるようなお言葉。
そして、
スピリットベアに会えた感動を、ご自分のお子さんとの対面になぞらえていらして、
ご結婚間もない時期ということもあり、
「人間・堤真一」を身近に感じた番組でした。
「役者は違う価値観の人を理解する仕事」とおっしゃっていたのも、
とても印象的でした。
これは役者さんじゃなくても人間として必要なことだとつくづく思いました。


パタゴニアは、堤さんが雪が舞う最果ての地に赴いた時、
どんよりと曇った寒々とした海岸の向こうにある島を臨みながら、
150104-9.jpg
「理想郷はありました」だったかな?
そんな感じの言葉に続けて、
船で島へ向かう人々や
浜辺で遊ぶ子供たちの姿を見て、
楽しげな歓声が聞こえた、とおっしゃったんですが、
その言葉を聞いた途端、みよごんの脳裏でも、
寒々とした風景が、
人々の笑顔にあふれた幸せな光景に変わっていました。
とっても衝撃的な体験でした。
エンドロールの堤さんが撮影したモノクロのお写真も素敵でしたよね。
今回は短縮版ですから見られないと思うのですが、
オープニングのブエノスアイレスも
パタゴニアとの対比が良かった。
150104-1.jpg
「都会はどこも同じ」とおっしゃる堤さんの言葉に深く納得しました。


そして、昨年のオーストラリア。
印象的だったのは
5300キロ、日本の4倍の長さにわたる
巨大なディンゴ(犬)よけのフェンス。
「自分の心の中にもでっかいフェンスがある」とおっしゃる堤さん。
20160314-32.jpg
そして、
あらゆるものが無限大で広がっていて、
あらゆるものに限りなくつながっているという、
「No fence」なアボリジニの人々の生きざま。

芋虫をはじめとするオーストラリアグルメも楽しかったですね。
今回は短縮版だから、グルメ部分が少し省かれてしまうのが残念です。




今までの番組を振り返りながら、
アイスランドの旅への期待を膨らますのも良いですよね。


アイスランドの番組紹介ページはこちらです。



放送まであと4日 (^^♪



関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック