FC2ブログ
2018_02
19
(Mon)00:30

近松心中物語 千穐楽

堤真一さん×宮沢りえさん
池田成志さん×小池栄子さん
いのうえひでのりさん演出

近松心中物語
20180218-1.jpg

昨日、遂に千穐楽を迎えました。



みよごん、初日、中日、千穐楽と拝見しました。
奇しくも、
SS席(ほぼ中央) S席(サイド) 1階A席(ほぼ中央)と
席種が全部違ったのですが、
な、なんと!!
A席が一番舞台が美しく見えました。

舞台の奥の奥までずっと見渡せて、
す~~っと吸い込まれてしまうような感覚がしました。


オープニングの照明に照らされる
クルクル回る数えきれないほどの赤いかざぐるまの
なんと妖しく美しかったこと!

舞台上を行き交うたくさんの役者さんたちも、
立体的に躍動感あふれて見えました。
舞台を降りて客席を抜けていく役者さんたちの迫力も
充分感じることができました。

池田成志さん演じる与兵衛さんが、
客席後方へ駆け抜けた後、
舞台の奥から現れる、
堤真一さん演じる忠兵衛さんの立ち姿の美しさと言ったら…

小さな頭にすらりと伸びた長い手足。
前回も書きましたが、
文楽人形のようでした。
廓の喧騒にそぐわない、
素朴で純粋で孤独な雰囲気を身にまとう様子に
思わずうっとり。

宮沢さん演じる梅川に誘われるまま
廓の二階に上がって行く忠兵衛。
階段を撫でてゆく、
梅川のお引きずりの裾と忠兵衛の羽織が
なんとも言えず、しどけなく美しい。

そして、
最後のクライマックス…

すこし上から見下ろす心中シーンの美しさと迫力は、
また格別でした。


強い光に照らされたふたりの姿は、
命の輝きと喜びに満ち溢れていました。



忠兵衛の、梅川の、与兵衛の、お亀ちゃんの
心に残る科白の数々も忘れられませんね。







四人が街の喧騒に消えてゆき、幕が下りても
鳴り止まない万雷の拍手。
いったいどのくらいの時間が過ぎたのか…
流れ続ける石川さゆりさんの歌声。
音楽が盛り上がるたび鮮やかに蘇る観劇の興奮。

そこで、

舞台下手から
宮沢りえさん、堤真一さん、池田成志さん、小野武彦さんの姿が!

宮沢さんは衣裳のまま、
堤さん池田さん小野さんは、
すでに、浴衣にかつらをとっていらっしゃいました。
観客の拍手に根負けして出てきてくださったのでしょうか?

みなさんが舞台中央に着くころには、
観客の全員が立ち上がっていました。

優しい笑顔で
観客全員のスタンディングオべーションに、
手を振って応えてくれました。

さようなら、忠兵衛さん、梅川さん、与兵衛さん、お亀ちゃん。

春にWOWOWで再会できる日を楽しみにしています。




ロビーもステキな空間です。
20180218-3.jpg
また来たい・・・

20180218-2.jpg
今日はブッフェでサンドイッチをいただきました(*^-^*)


関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

椎名さま

カテコ、気になりますよね(*^-^*)

初日もその次も、
4人が街の喧騒に消えてしまうと、
直ぐアナウンスが入って、
退出を促されてしまったのですが、
さすがに楽だけはそのアナウンスがなかったので、
頑張って拍手しました。
でも、本当にいつまで経っても
誰も出ていらっしゃる様子がなく、
これ、絶対出てこないのか?と不安になりました(苦笑)

とはいえ、
浴衣に鬘も取ったお姿を拝見した時は、
「もうそんな格好になっていたの?早やっ!!」
と思いました。
帰る気満々というか、
楽しい打ち上げがあるのか、
一刻も早く衣裳を脱ぎたいのか?

>お客さんの拍手の熱量や、無事終えた充実感で堤さん素敵な笑顔だったんでしょうね~
ハイ(^^)/ 素敵な笑顔でした(*^-^*)

今度はどんな映像になっているのか楽しみですe-343

2018/02/19 (Mon) 23:28 | みよごん #g3xRiuA6 | URL | 編集 | 返信

千秋楽も観に行かれたんですね
千秋楽といえば一番知りたかったカテコの様子
教えてくれてありがとうございます

お客さんの拍手の熱量や、無事終えた充実感で堤さん素敵な笑顔だったんでしょうね~
素の笑顔羨ましい~

2018/02/19 (Mon) 19:26 | 椎名 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック