FC2ブログ
2018_04
09
(Mon)11:16

女殺油地獄 WOWOW

「五社英雄が描く修羅と官能」と銘打たれた
本日4月9日から12日までのWOWOWシネマの特集で
堤真一さんがご出演なさった
「女殺油地獄」が放送されます。

abura25.jpg

放送は、最終日の12日(木)午後11時からです。

みよごん、
堤さんが大好きになったは「GOOD LUCK!!」の香田さん、
ド嵌りしたのが「SP」の尾形さん。
この映画で若さを演じる堤さんが新鮮で、
とても興味深く拝見しました。

ここ数年はBSフジなどでの放送もありましたが、
それ以前は放送でお目にかかる機会もなく、
DVD化もされていないので、
VHSの中古を購入し、
実家のビデオデッキでコッソリ観ておりました。

五社英雄監督と云うと
強烈なキャラばかりの、
極彩色のめくりめく官能の世界、
という印象を持っておりました。

でも、「女殺油地獄」は全然違うんですよね。

落ち着いた色彩の、しっとりとした情感が漂う映画です。
もちろん、
嫁入りシーンとか、目を奪われるような美しいシーンや
官能的なシーンもありますが、
女優さんが肌をあらわにすることもなく、
美しいなぁって思います。


家庭のVHS鑑賞では画質がどうにも悪くって、物足りず、
名画座に出かけてスクリーンでも拝見しました。

「陽炎」との二本立てで、
五社監督とゆかりのある方のトークショー付きでした。
残念ながら、堤さんのお話は出ませんでしたが、
すでに体調を崩されていた五社監督が、
遺作として作った「陽炎」の後に、
更にまた
どうしてもこの脚本で映画を撮りたい、という
監督の熱意に周囲が動かされて制作されたのが
この「女殺油地獄」だったとか。
トークショーでは、
「監督のエネルギーがそのまま映画に反映されているようだ」
というお話があって、たしかに、
「陽炎」にはギラギラしたエネルギーがありました。
それに比べると「女殺油地獄」は淡白…
う~~ん、でもそこがとっても良い感じなんですよね。

主演の樋口可南子さん、藤谷美和子さんが
とってもお美しい!!
しかし、それにもまして、
堤さんがキレイ

特に、待合に出かけるために
船で川を下る(上る?)シーンがあるんですが、
そこがとっても美しい!
「駆け込み女と駆け出し男」でも似たシーンがありますよね。
比較鑑賞すると、もっと楽しいです。

見どころ満載のこの映画、
まだご覧になっていない方がいらしたら、
お勧めです (*^-^*)




みよごんもこのカテゴリでいくつかブログを書いておりますので、
良かったら覗いてみてくださいm(__)m
お写真もいくつか載せてあります(*^-^*)

「みよごん的感想」
「パンフレット」新人・堤真一評が興味深いです。
「名画座に行ってみた」

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック