FC2ブログ
2019_03
23
(Sat)22:52

泣くな赤鬼 高崎映画祭

6月14日公開
堤真一さん主演
重松清さん原作
兼重淳さん監督

「泣くな赤鬼」


高崎映画祭に行ってきました!!

20190323-11.jpg
高崎駅からバスに乗って高崎文化会館へ。

高崎映画祭のオープニング作品です。
20190323-0.jpg

ロビーには
映画で使われた
小道具やユニフォームなどが
展示されていました。
20190323-1.jpg
堤さん演じる赤鬼こと小渕先生が
13年前(2007年)に甲子園を目指して頑張っていた
城南工業高校のユニフォームです。

20190323-2.jpg

20190323-3.jpg

20190323-5.jpg

20190323-4.jpg
高校野球雑誌まで作ったんですね。
ピントがボケボケですみません。

20190323-6.jpg
斎藤雪乃さんは
柳楽優弥さん演じるゴルゴの妻(川栄李奈さん)
幸せそうな家族写真が…(涙)


こちらは城南工業メンバーの集合写真です。
中央が堤さんなんですが、
ボケボケでごめんなさい。
20190323-8.jpg

こちらは小渕の現在(2018年)の勤務校・西高のメンバーです。
20190323-9.jpg
こっちはいくらかわかるでしょうか・・・
堤さんのお隣が兼重監督。
竜星涼さん、キムラ緑子さん、
柳楽優弥さん、川栄李奈さんもいらっしゃいますね。


そしていよいよ!
20190323-7.jpg
高まります (≧∇≦)




映画はもちろん素晴らしかった!

絶対泣かずに、しっかり観よう、と
心を引き締めて臨んだのですが、
知らず知らずのうちに涙が流れている。
悲しくて、辛くて、切なくて、愛おしくって・・・
そういう涙もあったけれど、
一番グッと来て堪えきれなかったのは
ラストの小渕の表情。


柳楽くんが凄く良かったのですが、
最後の最後に堤さんが全部持って行きました。

主役をガッツリ演じていらっしゃいました。


刺さる台詞、グラッとくる台詞もたくさんありました。
心のひだの一つ一つを
丁寧に描いた作品だと思いました。

きっと回を重ねて観てみると、
もっといろいろなことを感じ取れるんじゃないかな?



上映時間1時間51分
辛い題材を扱っていながら、
爽やかな余韻が残る映画でした。




上映後は兼重監督のお話もありました (*^-^*)

とっても優しくって丁寧な感じの
大変魅力的な方でした。


撮影は8月7日にクランクインしてから、
台風と猛暑、酷暑との戦いだったそうです。
多量の水と経口補水液用意されたそうな・・・
それでも100人は倒れたとか(まじか?)
でも、
わがままなキャストもいなかったので良かったそうです。

演技に関しては
堤さんも川栄さんもお任せだったそうです。
柳楽さんはあるシーンでは監督に相談なさったとか。

野球部員のみなさんは
本物の高校球児。
3か月練習なさったそうです。

質疑応答もありました。

柳楽さんと竜星さんの高校時代は
別の俳優さんが演じていらっしゃるのですが、
お互いの演技を見て同一性を持たせたそうです。
柳楽さんと竜星さんが高校時代を演じるとなると、
髪を切ったり伸ばしたりで時間がかかるとか。
なるほど・・・
そして、
野球のサインがカギを握っています。







さて、ここからは
作品の内容はさておき、
ファン目線での感想です。

フライヤーでは太く見えた堤さんも、
いつものカッコ良い堤さんでした。
あのズボンがドッカーンとしていただけ(苦笑)

現在の愛称は
「メタボン」ではなく「ブッチ」
畏怖の念を込めて呼ばれていた
「赤鬼」ではなく、
少し身近な感じになったんですね。


ユニフォーム姿の熱~~い赤鬼は
カッコよくて魅力的!
こんな先生に喝を入れてもらいたい!!
「俺はまだ本気出してないだけ」のキャンペーンで
始球式で投球した堤さんは見たことがありますが、
ノックをしているところを見るのは初めて!
それに、堤さんも高校球児だったんですよね。
その頃のお話を思い出すと、
野球部の監督を演じるというのは、
きっといろいろな思いがあるんじゃないかな?
などといろいろ考えながら拝見しました。

2007年バージョンのネクタイ姿もステキ
容疑者Xの献身では
さえない数学の高校教師で、
あれはあれでとっても良かったけれど、
今回は全然違う「イケてる国語教師」
職員室のデスクに向かっているところなんか、
うっとりしてしまいます。
もう絶対城南工業に進学したいです。
休み時間ごとに職員室へ質問に行きたいです。







もっともっと書きたいのですが、
このくらいで自粛いたしますm(__)m

ともかくラストが良いです。

映画が公開されたら、
通うつもりです (^^ゞ








映画の後、
せっかく高崎まで来たので、
高崎白衣観音をお参りしてきました。

20190323-13.jpg
春ですね。

監督がTwitterで紹介なさっていた、
キムラ緑子さんの差し入れ、
観音最中のお店に行きました。
20190323-23.jpg
高崎を舞台にした映画「家族のレシピ」にも登場したそうで、
お店の方と盛り上がり、
一つ試食させていただきました。
お茶も入れてくださって…ありがとうございます。


もちろんお土産に買いました。
20190323-27.jpg
20190323-28.jpg

白が胡麻餡、茶色はこし餡です。
自分の体の治したいところから食べると、
御利益があるとか。

みよごんは頭から食べました(笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック